その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道〜 Vol.1076

2017/10/21

賢者の道〜Vol.1076「悔い改めは救いの条件か-1」2017-10-21

◎人が救われるのは信仰によるのであって、行いによるのではあり
ません。救いは無代価です。何か善行を積んだから救われると言う
のではないのですが、多くの人は、救われるためには、悔い改め、
善いことを行わなければならない、と考えます。

あらゆる善をなすことは、不可能であると認識していても、人は
少なくとも何かをしなければならないと思うのです。それがまさに
悔い改めの聖書的な意味をねじ曲げて、私達の言う心理的な悔い改め
へと返ることです。

1.人の思いにある悔い改め
それらは異なります。人の思いにある悔い改めとは「改善」です。
過去の事柄よりも、現在と将来の事柄に対処することです。

今までは堕落し、失敗し、弱い人間でした。今日から自分を改善し
もっと立派な人間になります。これが人の思いにある悔い改めです。

なぜ人は悔い改めにそれほど注意を注ぐのか?それは、人の思いには
行いが満ちているからです。人は、ある程度の改善があるなら救われる
と考えがちです。あるがままで救われるとは、考えないのです。

ある程度改善されて、残りは主にゆだねようと考えるのです。それは、
賭け事のようです。この賭けが「人の思いにある悔い改め」です。
これは、聖書の中にある「悔い改め」では、ありません。

2.聖書の告げる悔い改め
第一に、「悔い改め」という、ギリシャ語の意味は、「思いの転換」
です。行いの変化ではなく、思いの変化です。行いとは何の関係も
ありません。

第二に、新約聖書では「悔い改め」はいつも、私達が「過去」に
行ったことと関係しており、過去の事柄からの転換です。

過去に栄光・誇りと思っていたことが、恥や愚行と考えるようになり
ます。変えられた評価・見方・判断です。このように「悔い改め」
は、思いの変化、過去の行いに対する見方の転換で、将来の行いに
ついては、決して用いられません。

悔い改めは、キリストの光の中で自分自身を見つめることです。
聖霊が私達の心の中を照らして、自分自身を見させます。これが
「悔い改め」です。例えば、ある人が糖尿病であるとしましょう。
長い間、元気で毎晩お酒を飲み歩いていました。しかしある時、
治療が必要である事を知らされました。

過去の飲酒の生活、生活様式が正しくなかったことを知ったのです。
これが「悔い改め」です。「悔い改め」は将来の行いの変化ではあり
ません。改善していくことではありません。

アダムにある人、肉なる人はいくら努力しても霊の人にはなりません。
神の救いは、肉の人を根本的に取り除きます。主イエスが十字架に
つけられた時、全ての人は、彼と共に十字架につけられました。
古い人は、十字架につけられたのです。この主イエスの成し遂げら
れたことを見るのが「信仰」です。

第三に、「悔い改め」は信仰と救いの中に含まれています。悔い
改めと信仰・救いとは、離れていません。悔い改めは、過去に対する
事柄ですが、将来に対して「悔い改めの実」を結ぶことは、大事な
ことです。

ペトロが「イスラエルの全家は、はっきり知らなければなりません。
あなたがたが十字架につけて殺したイエスを、神は主とし、また
メシアとなさったのです」と言われると人々はこれを聞いて「私達は
どうしたらよいのですか」と言いました。

すると「悔い改めなさい。めいめいイエス・キリストの名によって
洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば賜物として
聖霊を受けます」(使徒1:36〜38)。

これは神の言葉を信じることです。もし彼らが主イエスを十字架に
つけていなければ挽回の機会があったでしょうが、既に十字架に
つけてしまったのです。彼らはどうすべきなのでしょうか?

彼らは、これまでの見方を変えなければならなかったのです。これが
「悔い改め」です。それして洗礼されることでした。それは主を信じ
受け入れ、主を「救い」として告白することです。そうすれば、罪は
赦され、聖霊の賜物を受けると言うのです。

救いの条件は、主に対する信仰を表明することだけでした。ある人は、
罪を犯したことを感じて悲しみ、洗礼を受けます。このような人に
「悔い改め」を告げることはないでしょう。

しかし、ある人は、自分の罪を認識しないで、主を信じたのです。
そのような人は、悔い改めに連れ戻されねばなりません。自分自身を
裁かせなければなりません。人は神の言葉を信じ、悔い改めた後に、
赦され、聖霊を受けます。

「悔い改めは救いの条件か-2」に続く
------------------------------------------------------------
  協  力:おとずれ社 
  まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
  melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。