その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道〜 Vol.1060

2017/08/26

賢者の道〜Vol.1060「徴税人ザアカイの救い」2017-8-26
聖書:ルカ福音書19章1〜10節

◎キリスト教は十字架を印とします。なぜ十字架を重んじるのか?

なぜ祈りの後にイエス・キリストの名によって、と付けるのか?
神は要るけれど十字架やキリストは要らないのではないか?
磔刑に意味を持たせることは間違いではないか?
という人がいます。

ところがこの二千年来、キリスト教はこの十字架を信じてきたの
ですが、これは民衆の心理的要求、宗教的真理があったからです。

18世紀の合理主義は、19世紀になって唯物論や進化論によって
ますます神と人間が分離されていきました。

◎使徒9章においてパウロは、キリスト教嫌いであったと言って
います。

それは彼もまた神は要るがキリストは要らぬという合理主義思想を
持っていたからです。天地万物の創造者なる神と、磔(はりつけ)
になった囚人キリストは何の関係もないと思っていたからです。

そしてこのイエス・キリストを通して人類再生の原理が働くよう
予定されていることを知らなかったのです。

しかしそれが分かった時、パウロは別人のようになって肉の十字架
を信じたのでなく、霊の十字架、神の内容を信じるようになりました。
それは、どんな罪深い者でも罪悪から離れてやり直す力を持っている、
キリストによって、もう一度甦る道があることを実感したからです。

十字架の内容は、贖罪と新しい命の付与による再生にあったから
です。そしてパウロは、人の為に捨て身になって働きました。
自分の為に苦労する人はありますが、他人の為に苦労する人、損を
覚悟で身銭を切る人はそんなにいるわけではありません。

パウロは、地海沿岸の町から町へ、十字架の福音、他愛精神を説い
て廻りました。倒れた人を立ち上がらせ、弱った者を引き起こす、
これが真の宗教だと考えたのです。

彼は献金問題や女性問題(新約外典「パウロ行伝」に出てくるテクラ
との関係)、使徒の資格問題で誤解を受け、苦しめられた時、それ
らに打ち勝つ工夫を知っていました。

それはまた、何でも出来る生活融通自在の生活であり、人の看護も
すれば、炊事もする、大工仕事もすれば天幕作りもするといった
生活でした。

神が乗り移れば、嵐も、洪水も、地震もはねのける、どんな苦難が
襲ってきても、どんな病に引き倒されても屈服しない不撓不屈の
生活です。

◎パウロは主イエスから受けた愛の精神を実践したのです。

「人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである」
(ルカ福音書19:10)とイエスは徴税人のザアカイに告げましたが、
彼が人生の迷子であり、神の願うあるべき位置から失われて
いたことを示しました。

失業、障碍、病、誤解、人間関係などで望みを失った者は絶望します、
そればかりか自分を傷つけたり、他人を傷つけたりします。
このような失われた人を救いことがキリストの目的でした。

◎ある時、イエスはエリコの町に入りました(ルカ福音書19:1)。

この「エリコ」は呪われた場所でした(ヨシュア6:26〜7:1、列王記
2:19〜22)。それはこの世に似ています。美しきものもすぐに衰え、
家もやがて朽ち、飢饉、戦争、感染症、失業、重税、病気、死が
あります。

この世もまた呪われた町エリコ、私たちはそこの住人なのです。
然し「主イエスは元来エリコの人でなく、そこに入って来られた人、
天から地に、天からエリコに、天から呪われた場所に来られた方で
した。

また、1節で「町を通っておられた」とあります。

主はユダヤを通っておられ、という言葉には時間の経過があります。
主はヨーロッパ、アメリカ、アジア、東京を取られ、主の名を呼ぶ者
の心の中を今日通過なされます。内側に何か動くものを感じないで
しょうか。

そうなら主が来られていることを意味します。キリストの命の霊が
来られると喜びがやってきます。

◎さて、そのエリコの町にザアカイという名の人がいました。

このザアカイは役所の人で徴税担当者でした。しかも腐敗した役人
でした。彼は搾取とわいろに染まった徴税人のかしらで金持ちでし
た。不正をしてお金をためたのです。

国民から収税し、一部を国民のために福祉や道路づくりに拠出し、
大半を自分たちのために好き勝手に使う役人のようでした。当然、
合法的ですが豊かになります。

しかし、このような生き方は潔いとは言えません。皆さんは、潔い
仕事をしているでしょうか、家庭は潔められているでしょうか。
詳細に調査したら恐らく私たちの誰も潔いと言える人はいないで
しょう。

この呪われたエリコの町に、道徳的な人はいませんでした。
ザアカイは多くの金を稼ぎましたが社会的構造が生んだ搾取で手に
した金でした。

そればかりか彼は同胞の為に少しの金も与えようとしませんでした。
従って売国奴でした。彼はローマの力で富んだのです。他人が飢えて
死のうと自分の財布の紐はきっちり締めていたのです。

イエスが通られるとき群集が群がっていた為、背の高くないザアカイ
は見ることが出来ませんでした。彼は霊的に高くなかったのです。
ですから霊的視覚障碍者で、神の声を聞けなかったのです。

ここに主がおられるのに見えない、それはその人の霊が窒息している
からです。そこでザアカイは「走って」先回りし、いちじく桑の木に
「登った」ことでした。

これは周囲の状況と事前環境のもたらす困難を乗り越えたことです。
その場所にイエスが来ると、主は彼を呼び「ザアカイ、急いで降り
て来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい」(ルカ福音書19:5)
と言われました。

彼のすべてのことを知っておられる主は、求めるなら、内側でお会い
出来るのです。

彼は救われ、「財産の半分を貧しい人たちに施します。誰かから騙し
取ったならそれを4倍にして返します」と造り変えられました。

------------------------------------------------------------
  協  力:おとずれ社 
  まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
  melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
------------------------------------------------------------


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。