その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道 Vol.369

2010/01/16


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  <賢者の道〜Vol.369 - Come to Jesus - 2010-1-16>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【今週のテーマ】「祈りを求めたヒゼキヤ 」
■【聖書】 列王記下19:1〜15


------------------------------------------------------------
1. 祈りを求める信仰 
------------------------------------------------------------


アッシリア王センナケリブが、将軍ラブ・シャケを遣わし南ユダの
民に「ヒゼキヤの言うことを信じるな、彼はお前たちを惑わして
いる、諸国の神々が救い出しただろうか。お前たちの神もユダを
救えない、降伏せよ」と脅迫したのを聞いたヒゼキヤ王は、主の
神殿に入り、家臣を預言者イザヤのもとに遣わして祈りを求めま
した。


ここでヒゼキヤが困難に直面したときの信仰の姿を知ります。


ヒゼキヤがイザヤに告げたことばを見ると、彼は自分には苦難と
屈辱的状況を打開する力がないことを、子どもを産み出す力がない
母親になぞられて、


「主なる神はアッシリア王が遣わしたラブ・シャケのことばを聞いて
咎めるでしょうが、自分たちにはその勝利の日まで持ちこたえる力
がないので祈ってほしい」と訴えています。


使徒パウロも生きる望みを失うほどの死の危険にしばしば遭遇しま
したが、「祈りで援助してください」(2コリ1:11)、

「わたしがしかるべく語って、この計画を明らかにできるように
祈ってください」(コロ4:4)、

「兄弟たち、わたしたちのためにも祈ってください」(1テサ5:25)、

「わたしが道に外れた悪人どもから逃れられるようにと祈って
ください」(2テサ3:2)、

「私たちのために祈ってください」(ヘブ13:18)と重ねて頼んで
いるのを知ります。


ヒゼキヤ王も主を信じきれない自分の信仰の弱さを認めています。
神様なんか頼りになるか、と考えたのです。


しかし、それを反省し、謙遜にイザヤに「祈ってください」と求め
たのです。


私たちは苦しみに会うとき、素直にこう友人や家族に求めて
いるでしょうか。


祈りの友を持つことは信仰生活で大切なことです。


------------------------------------------------------------
2. 主に祈るヒゼキヤ 
------------------------------------------------------------


もちろんヒゼキヤ自身、祈りの人でした。二度目のラブ・シャケ
将軍からの脅迫まがいの手紙を受け取ったときも、それをもって
主の神殿に上っていき、その手紙を主の前に広げて祈ったとあり
ます(列下19:15)。


ヒゼキヤの態度はイザヤ30:15のみおことばに立とうとしている
ようです。


そこで神は「私に立ち返り、私の助けを待ち望みさえすれば、
おまえたちは救われる。心を落ち着けて信頼することが、
おまえたちの力となるのだ」とあります。


ヒゼキヤはこのみことばに立とうとしたのでした。


彼は、神の前に主を侮る手紙を広げ、神をあがめ、神の栄光の
現れを祈りました。


誰かの支援を求めたりする前にまず、神に祈り、しかも神の栄光
が現れることを願ったのです。


あなたは天地万物を創造された神を信じ、問題に直面したときに、
まず神の前に出るでしょうか。


ヒデキヤはわざわざ神の神殿にまで足を運び祈りに出かけたの
です。


------------------------------------------------------------
私たちも重大な問題に直面した時、教会に出かけて行って、
静まって祈っているでしょうか。
------------------------------------------------------------


ヒゼキヤは初めからそうではありませんでした。


初めはアッシリアの王に金や銀を贈って攻撃からの回避を願いま
した(列下18:15、16)。


またエジプトと軍事同盟を結び守ろうとしました(同18:21)。


しかし、切羽詰ったとき、主なる神のほか何ものも頼りませんで
した。


神殿に出向いたヒゼキヤはラブ・シャケが、自分の民を救うことの
できなかった諸国の神々と同じようにヒゼキヤの神も、アッシリア
の王の手から救えないと言って罵ったことを神に訴えてました。


 アッシリアのラブ・シャケ将軍がそういったのは、他の異邦の神々が
アッシリアから救えなかったからで、ヒゼキヤはその事実を素直に
認めた上で、「それらの偶像はもともと神ではなく、人間や木や
石で作ったものにすぎなかったから、滅びても当然です。


でも私たちの神は救い出してくださいます」と言い、偶像と一緒に
して神の栄光を傷つけ、そしったことの重大さを主に訴えています。


主の栄光が現れることを祈ったのでした。


------------------------------------------------------------
主なる神を頼ると聖霊の助っ人が手助けするからか、力づけられ
益々強められていきます。
------------------------------------------------------------


神は預言者イザヤを通して、アッシリアの軍隊を引き返させ
センナケリブ王の死を予告されました。


そのみことば通り、アッシリア軍は主の使いにより撃たれ、
王は実の息子たちに暗殺されてしまいました。


こうしてヒゼキヤ王とエルサレムの住民とを救い出し、ユダ
の全土に平和をもたらしたのです。


神は天地の主です。この世の政治も経済もすべて神の仕切り
の中にあります故に、私たちは霊を識別する仕分け人であり
たいものです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  発行者:ジェームス親泊
  協  力:おとずれ社 
  web版: http://homepage2.nifty.com/j-osamu/info.html
  まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
  melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
  ご意見ご感想: j-osamu@nifty.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。