その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道 Vol.289

2008/07/05


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  <賢者の道〜Vol.289 -In Christ Alone- 2008-7-5>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【今週のテーマ】「地とそれに満ちるものの祝福」 
■【聖書】申命記33:13〜17

………………………………………………………………………………
創世記は種の書で、この書のほとんどの項目は、続く聖書の書で
発展します。
………………………………………………………………………………


これは祝福においても同じです。創世記で蒔かれた祝福の種は、
旧約聖書と新約聖書において発展していきます。


聖書における祝福の最初の事例は、アブラハムに対するメルキゼデク
の祝福です(創世記14:18〜20)。


メルキゼデクはキリストの予表でした。彼は永遠の祭司として
来ました。


祭司は人々に神をもたらします。人を祝福するには、神の祭司で
なければなりません。祝福は神のあふれる流れです。


民数記6:23〜26で、祝福のパターンを見ます。


ここで神は、人を祝福するには「神があなたを祝福し、守られる
ように。神が御顔を向け、あなたを照らし、恵みを与えるように。
神が御顔をあなたに向けて、平安を賜るように」と三重の祝福を
なすことです。


これは三一、すなわち父、子、聖霊を包含し、神を人の中に分与
することを意味します。


第1の祝福は父の守る力を位置づけ、第2の祝福で子なる神の御顔と
恵みとを関係づけます。


ヘブル語のハナン「恵み深い」の意味は下位にいる人たちに対して
親切に身をかがめることで、神が天から身を低くかがめて下られた
こと、これが恵みです。


第3の祝福は、霊なる神の御顔と平安の関係です。


神の優しい御顔が向けられることです。この3重の祝福は、神の
臨在影響下に人をもたらし、神の愛、恵み、交わりの中に人を
誘い、神を享受することです。


………………………………………………………………………………
さて、ヤコブの12人の息子に関する預言は、ヨセフへの10項目を
含む祝福で終わります。
………………………………………………………………………………


それは創世記49章と申命記33章に見られます。


***********************************************************
第1の祝福は、「上は天の祝福」です(創世記49:25)。
***********************************************************


旧約では雪や雨など物質的な物を指してますが、新約の影です。
新約では霊の祝福です。エフェソ1:3「神はキリストにおいて、
天のあらゆる霊的な祝福を満たしてくださいました」とあり、
それは神の選びを啓示しています。


つまり「天の祝福」とは、自然の恵みのほかに、天の贖いと天の
赦しも含まれます。


***********************************************************
第2は「露の賜物」です(申命記33:13)。
***********************************************************


露は雨や雪よりも細やかで優しく、静かに少しずつ来るものです。
朝ごとの神の慈しみ、憐れみは露のようです。太陽が昇ると露は
消えますから、朝早く起き、朝ごとに霊の復興をはかると祝福さ
れます。


***********************************************************
第3は「下に横たわる淵の祝福」です(創世記49:25、申命記33:13)。
***********************************************************


これは地中の深い泉を指しています。しかし新約で真の泉は地中に
あるのでなく、わたしたちの内側にあります。ヨハネ福音書4:14は
「しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが
与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」
と言います。


今日のクリスチャン、今日のヨセフであるわたしたちは、上から
内側から祝福を受けるのです。


***********************************************************
第4の祝福は「太陽がはぐくむ賜物」(申命記33:14)です。
***********************************************************


これは最良の作物が日光により生み出されることです。太陽は
キリストの予表ですから、太陽の生み出す実りは、キリストの
豊かさを表徴します。


キリストにある霊の実は「愛であり、喜び、平和、寛容、親切
善意、誠実、柔和、節制です」(ガラテヤ5:22)。


またキリストは道であると言います(ヨハネ14:6)。従ってわたし
たちがある状況を処理する方法がないなら、主に信頼し、主に
よって生き、主をすべてとするなら困難から脱出する道が与え
られます。


キリストはその道だからです。


***********************************************************
第5の祝福は、「月ごとに生み出される賜物」です(申命記33:14)。
***********************************************************


これはキリストが太陽であるように、月が教会ですから教会に
よってもたらされるものです。それは赦しであり、義認、和解
贖い、永遠の命です。


これらは直接的にキリストからではなく、間接的に教会を通して
与えられます。異邦人の諸教会はユダヤにある諸教会に学びました。


「兄弟たち、あなたがたは、ユダヤの、キリスト・イエスに結ば
れている神の諸教会に倣う者になりました」(テサロニケ二14)
とある如くです。


キリストの豊かさは、直接的にキリストからでなく、間接的に
諸教会を通して来ます。


***********************************************************
第6、第7の祝福は、「永遠の山の祝福と永久の丘の祝福」(創世
記49:26)「いにしえの山々のもたらす最上の物ととこしえの丘の
賜物」(申命記33:15)です。
***********************************************************


祝福が時と空間に言及しており宇宙的な祝福であります。これは
すべての空間を暗示し、集会所や住まいさえ含んでいます。


またすべての時、朝、昼、夜の祝福です。


***********************************************************
第8の祝福は、「地とそれに満ちるものの賜物」(申命記33:16)
です。
***********************************************************


死を含むすべてのものの祝福です。


ですからすべてのことが、最悪と見える妻も夫も含めて、祝福で
あると信じる必要があります。


困り者の子どもでさえより大きな祝福であります。なにか大切な
ものがなくなったことさえ祝福です。


しかしのろいの下にいると怒りがこみ上げてきます。主を賛美でき
なくなります。


わたしたちは自分が今日のヨセフであり、すべてのことがわたし
たちにとって祝福であることを見るビジョンを必要とします。


自分にとって好ましくない噂でさえ祝福です。


それらは無料広告のようなものです。すべてのことが祝福である
かは何が起こるかによるのでなく、わたしたちが誰かによります。


わたしたちがヨセフであるならあらゆるものが祝福です。しかし
ルベンであるなら、あらゆるものはのろいです。


ヨセフは兄たちに憎まれ、裏切られ、困難な状況の中に入れられ
ました。


にもかかわらず彼に起こったことはすべて祝福に変わりました。
それはわたしたちがルベンかヨセフかによります。


ルベンであればすべてのものはのろいと損失となり、ヨセフ
であればすべては共に働いて益となり(ローマ8:28)、安息と
平安を享受します。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  発行者:ジェームス親泊
  協  力:おとずれ社 
  web版: http://homepage2.nifty.com/j-osamu/info.html
  まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
  melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
  ご意見ご感想: j-osamu@nifty.com

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◆GENTEIKADENSHOP Eストアー店◆
             http://www.genteikadenshop.com/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。