その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道 Vol.267

2008/02/02

■【今週のテーマ】「夢を解くヨセフの霊的訓練」
■【聖書】創世記 41章1〜23節

***************************************************************
主イエス・キリストが牧した人々によって憎まれ、裏切られ、迫害を
受けたように、創世記に出てくるヨセフもまた同様の経験をしました。
***************************************************************


聖書の意味で、裏切るとは、さげすみ、けなされ、辱めを受け、
無視されることを意味します。ユダは、イエスを辱め、さげすみ、
無視しました。


銀貨30枚は、出エジプト記によれば奴隷1人の値段で(出21:32)
安く、低い評価を意味します。


裏切るとは、低く評価することです。しかし、マグダラのマリヤ
は高価な香油をイエスに注ぎ高く評価しました。妻が夫を低く評価
するときは、裏切っていることなのです。


同じく、兄弟たちが無視するなら、それは裏切っている事を意味し
ます。教会生活で、皆さんは決して裏切ったことはないと言うかも
知れませんが、人はしばしば無視されたり、低く評価されたりする
意味で、裏切られています。


夫も妻を無視し、裏切るようにです。しかし私たちは内側にキリスト
を持っているなら価値を持っているのです。


高い価値、大いなる宝があるのです。ですから私たちは自分を主に
あって価値あるものだと宣言しなければならないのです。


だから教会生活でも互いに、私たちはいやしめたり、無視したり
してはならない、兄弟を銀貨30枚で売らないようにと告げたいの
です。


ヨセフは兄たちに売られました。イエスも売られました。多くの
聖徒たちも売られました。


ですからこれを特別なことと思わないで、キリストに従うものは
みなこの裏切られる経験を持つ者だと思わなければならないのです。


十字架は裏切りから始まります。ですからこれは小さな事柄では
ないのです。


***************************************************************
ヨセフがポテファルの妻に裏切られた後、投獄の期間がありました
(創39:20)。
***************************************************************


ヨセフはしばらくして、2人の犯罪人(給仕役と料理人)と一緒でした。
彼らはイエスが十字架につけられたときの二人の犯罪人のように、
その一人は救われ、職に復帰し、もう一人は滅んだように処刑されま
した(創40:21、22 ルカ23:39〜43)。


ヨセフはこのようにキリストと同じような苦しみを受け、兄弟たちに
裏切られ、売られ、ついに死の監獄に投げ込まれたのでした。


彼は17、8歳で投獄され、30歳で解放されたのですから監禁生活は
10年以上続きました。


束と輝く星の二つの良い夢を見たヨセフが、それを興奮して兄弟に
告げ、それが監禁の原因となり、官僚のトップになり権力を握る前、
監禁されました。


良きおとずれを聞いた後すぐに、すべてが栄光であるのでなく、
反対に死の苦しみの主の監禁が待っていることを知らねばなりません。


***************************************************************
教会生活をし始めた為に、監禁状態、不自由な苦しみを味わうのです。
***************************************************************


結婚や家庭が監獄、夫や妻や子どもが監獄の人がいます。長い期間
そこにとどまらねばならないことがあります。


ではこの間、どのように過ごすかを知らなければなりません。
ヨセフのように、私たちも王座に立つ前に、苦難、試練、裏切り、
投獄を経験します。


天の幻を見たからすぐに栄光なるものが私たちの生涯に起こるので
なく、試みが来るのです。


皆さんも同じことを思った人がいると思います。教会生活を始め、
カナンだと思っていたら、エジプトであった、天国だと思ったら、
地獄だった、と。


多くの人がこのように証しするのを聞きます。


***************************************************************
しかしながらヨセフは自分のビジョンがまだ成就していなかった
にもかかわらず、獄にいる二人の仲間の夢を解き明かしました
(創40:8〜19)。
***************************************************************


それは私たちに似ています。二人の投獄人は、ヨセフのように夢を
持ったものでした。ただ彼らは自分の夢を理解できませんでした。


そこでヨセフは信仰によって解き明かしをなしたのでした。
何と大胆でしょうか。


彼はまだ自分のビジョンすら成就していなかったからです。ところが
ヨセフは仲間の夢が成就し、堅固にされ、強められたのでした。


自分の夢がまだ成就してなくても、人の夢の成就に力を注ぐと、
堅固にされ、強められ、自分の夢の場合も実現するとの確信を得る
のです。


仲間の夢は、数日のうちに成就しましたが、自分の夢は成就せず、
もう一期間が過ぎました。


創世記41:1は、さらに満2年が過ぎたことを示しています。


給仕役が監獄から出る前、ヨセフは彼に言います。「あなたがその
ように幸せになられたときには、どうか私のことを思い出してくだ
さい。私のためにファラオに私の身の上を話し、この家から出られ
るように取り計らってください」と言いました(創40:14)。


ところが給仕役はすっかり忘れてしまいました(創40:23)。
ヨセフの夢は堅くされ、信仰も堅くなっていましたが、試みは続き
ました。


***************************************************************
私たちも数年で偉大なことができると思ってはならないのです。
***************************************************************


そういう場合もありますが、多くの場合、待たなければなりません。
伝道者も十分な働きをするために神学教育を受けるので待たなければ
なりません。


主イエスもヨセフも30歳まで待たなければなりませんでした。そして
完全な務めに入りました。


これは決して肉体の年齢についての数字ではなく、その原則に注意を
払わねばなりません。


皆さんの中には、他の人が見ないものを見ている人もいると思います。
すばらしいビジョンを持ってます。


しかしながら、これが他の人に尊ばれるのでなく、裏切られ、卑し
められることを覚悟していなければなりません。


ある兄弟は、主を愛し、神学校に入りましたが、基礎科以上の学びを
するのを拒否され、やめさせられました。


低く評価され、誤解し、退けました。すなわち売られたのです。
しかし失望せず、主を愛し続け、独学で牧師資格を取得しました。


不合理なことは常にあります。誤解されることは常にあります。
まず裏切られ、投獄され、耐え忍ぶのです。これが必要なのです。


やがて給仕役がヨセフに命をもたらしたのです。彼は投獄期間、
訓練を受けたのでした。天の御座に立つための訓練です。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。