その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道 Vol.260

2007/12/15


<賢者の道〜Vol.260 -Amazing Love, Amazing Grace- 2007-12-15>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【今週のテーマ】 「クリスマスの贈り物」
■【聖書】 マタイ 2章1〜12節
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


----------------------------------------------------------------
 マタイによる福音書第1章の記録を見ますとユダヤ教徒でない数人の
 異教徒で占星術の学者たちがキリストを捜し求めたことが記されて
 あります。
----------------------------------------------------------------


しかもキリストの誕生を指し示す星は、聖なる地ユダヤには現れな
いで、はるか遠くに現れたのでした。


そして彼らはこのことがユダヤの王の誕生と分かると、勝手な思い
で、エルサレムに行けば会えると思ったのです。その決定は星の光
によるものではありませんでした。


彼らは正しい路線からそれてしまったのです。この時、彼らは聖書
を通して初めて誤りを正されました。そしてエルサレムでなく、
ベツレヘムであることを学びました。


生けるヴィジョンは、聖書と共に進みます。


----------------------------------------------------------------
 星は再びキリストのいる場所に案内しました。
----------------------------------------------------------------


学者たちはキリストを見つけて礼拝しました。イスラエル人の間では、
人に対して礼拝をすることは許されませんでした。


人を礼拝することは、神に対する侮辱であり、冒涜であるからです。
今日の教会でも同じような考えを持っています。ですから異教の
祭儀での礼拝、葬儀などでも同じことが問題にされます。


学者たちは幼子を礼拝しましたが、その子は神でした。


イザヤ書9:6は言います、

「ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。
ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。権威は彼の肩にある。
その名は『驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、平和の君』と
唱えられる」。


学者たちが見つけた幼子は「力ある神」と呼ばれました。そう聖書は
告げています。彼らは宝の箱を開けて、金、乳香、没薬を贈り物と
してささげたのです。


「金」は、聖書の予表では、神性を表します。これは幼子が神性を
持っていたことを示します。「乳香」は、復活の香りを表します。


私たちはイエスの復活が彼の死後に来ると考えがちですが、イエス
ご自身は死ぬ前、ラザロ死の出来事の時にマルタとマリアに「わたし
は復活であり、命である」(ヨハネ11:25)と話されました。


ですから、十字架の前でさえも、イエスは復活であったのです。


----------------------------------------------------------------
  キリストの地上での生涯そのものが復活の命であったのでした。
----------------------------------------------------------------


ですからイエスの命と生活には、復活の香りと甘さがありました。
死は彼を征服することができませんでした。そればかりかイエスに
触れることすらできなかったのでした。


「没薬」は死だけでなく、死の香りをも表します。


学者たちは、金、乳香、没薬を献げたとき、彼らはその贈り物の意味
を知らなかったのではないかと思いますが、それらのものが象徴する
のは、幼子イエスが神性を持つ三一の神そのものであり、また、彼の
生涯が乳香の香りに満ちた復活の生涯となり、いかなる困難、苦難に
対しても生けるヴィジョンを持ったものであること、


しかも死の香りに満ちたものとなることでした。
事実、イエスの生涯は、埃まみれの伝道生活であり、悪意に満ちた
嫌がらせ、迫害で満ちていました。


それは死の香り、没薬の香りに満ちたものであったのです。


----------------------------------------------------------------
 このようにイエスの誕生は、神のご計画の下に実現したのであり、
 十字架への道もまた永遠の初めより神の定められた道でした。
----------------------------------------------------------------


キリストの生涯は、復活そのものであり、同時に十字架でもあったの
です。そしてイエスは十字架上で三つの意味を持って死なれたので
した。


神の小羊として人の罪を取り除きます。贖罪のための死です。

上げられた銅の蛇として、つまりサタンを滅ぼし、人の内側のある
蛇の毒(罪)の性質を対処します。


私たちの心は、「エデンの園」の縮図でして、命と霊の法則(命の木
に対応)と罪と死との法則(善悪と知識の木に対応)があります
(ローマ8:2、創世記2:9)。


一粒の麦として、イエスの死は神聖な命を解き放ち、古き被造性を
滅ぼし、新しい被造物として命を与える霊をもたらしたのです。


ですから、キリストの十字架は、同時に復活であると言えるのです。


ですから私たちもまたキリストの命の霊を受け、復活の勝利の生涯を
生き、各人に与えられた十字架を感謝して担っていくものでありたい
のです。


◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
◇             ク リ ス マ ス の ご 案 内               ◇
◆◇─────────────────────────◇◆

  ◎ 12月23日(日):午前10:30 【クリスマス礼拝】 
  ◎ 12月24日(月):午後4:00  【キャンドルサービス】 

    ♪ヴィオラ・ダ・ガンバ〜クリスマスは優雅な弦の古楽器で♪
    ………………………………………………………………………
  
       場  所:東京信愛教会 東京都新宿区若松町8-3
       連絡先:03(3359)9539
       地下鉄大江戸線「若松河田駅」下車(徒歩3分)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  発行者:ジェームス親泊
  協  力:おとずれ社 
  web版: http://homepage2.nifty.com/j-osamu/info.html
  まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
  melma!(マガジンID:76793) http://www.melma.com/
  melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
  ご意見ご感想: j-osamu@nifty.com
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
      God wants you to be blessed!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。