その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道 Vol.247

2007/09/15


<賢者の道〜Vol.247 -Amazing Grace- 2007-9-15>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【今週のテーマ】「身代わりの神の小羊」
■【聖書】 創世記 22:9〜19  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


++----------------------------------------------------------++
主イエスが、自ら十字架を背負ってゴルゴダの丘への道を辿った
ように、イサクはモリヤの山の頂まで焼き尽くす献げ物の用いる
薪を背負って、同じ道を辿りました。
++----------------------------------------------------------++


イエスは、イサクが祭壇の上に横たえられたと同じ山で十字架に
つけられたのです。何と言う不思議でしょう。


ですからアブラハムが父なる神の予表であり、イサクが神の独り子
イエスの予表であることを見ます。


イサクが父の意志を取り、死に至るまで従順であったように、主
イエスも死に至るまで従順でした(フィリピ2:8)。


イサクは父に縛られることにおいても従順でした。父が祭壇の
薪の上に載せ、刃物を取り、屠ろうとしたときでさえ反抗しま
せんでした。


死に至るまで従順だったのです。


++----------------------------------------------------------++
さて、アブラハムがイサクをまさに殺そうとしたそのとき、主の
御使いが天から呼びかけました。
++----------------------------------------------------------++


「その子に手を下すな。何もしてはならない」。この御使いは神ご
自身でした。これは12節で明らかにされています。


「あなたは、自分の独り子である息子すら、わたしにささげること
を惜しまなかった」とあるからです。御使いは、「神のために」と
は言わないで、「わたしのために」と言っているからです。


イサクは雄羊に置き換えられました。13節は言います。「アブラ
ハムは目を凝らして見回した。すると、後ろの木の茂みに一匹の
雄羊が角をとられていた。アブラハムは行ってその雄羊を捕まえ、
息子の代わりに焼く尽くす献げ物としてささげた。」


ここで、イサクが殺されず、雄羊にすり替えられたのを見ます。
十字架でも殺されたのは神の小羊でした。


キリストは神の御子でしたが、十字架で殺された時、神の小羊に
すり替えられたのです。


神の御子は、洗礼者ヨハネによって、「世の罪を取り除く神の小羊」
(ヨハネ1:29)と呼ばれています。


十字架で主イエスが神の小羊に置き換えられ、神の御子でなく、
神の小羊が十字架につけられたのです。


創世記22:8でアブラハムは神が焼く尽くす献げ物のために「小羊」
を備えてくださる、と予言してます。


++----------------------------------------------------------++
さて次に、角を木の茂みに捕えられている雄羊の姿を見ます
(創世記22:13)。
++----------------------------------------------------------++


聖書では、角は戦う力を表しています。キリストは戦う力を持って
いましたが、それが木の茂みにひっかかっておられました。


茂みは、人性を表します。私たちは茂みであり、小羊なるキリスト
は私たちの中に捕えられていて逃れられずにいました。


それは私たちの身代わりとして献げられるためでした。


神の御子が十字架につけられたのでなく、神の小羊がつけられたの
です。十字架の上の主イエスは、神の小羊に置き換えられました。
誰も神の御子を十字架につけることはできなかったのです。



■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  発行者:ジェームス親泊
  協  力:おとずれ社 
  web版: http://homepage2.nifty.com/j-osamu/info.html
  まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
  melma!(マガジンID:76793) http://www.melma.com/
  melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
  ご意見ご感想: j-osamu@nifty.com
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
      God wants you to be blessed!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。