その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道 Vol.244

2007/08/25


<賢者の道〜Vol.244 -Amazing Grace- 2007-8-25>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【今週のテーマ】「イサクの誕生と成長」
■【聖書】 創世記21章 1節〜8節
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


++----------------------------------------------------------++
 神がアブラハムを召された目的は子孫を生み出すことでした。
++----------------------------------------------------------++


しかしそれは年齢から見て困難でした。そこで彼はまずエリエゼルに
頼り、次にハガルによってイシマエルを生み出すことを考えたのでし
たがいづれも神に拒絶されました。


神はサラの子孫を欲するように望まれたのです。変化を求めていた
アブラハムが、ゲラルに移り住んでいた時、エジプトでなした、
以前と同じ過ちを繰り返しでした。


ゲラルの王アビメレクにも妻サラを妹と偽って召し入れたのです。
この失敗にもかかわらず彼は、アビメレク王とその家のために
とりなしの祈りをしなければなりませんでした。


そのとりなしがアビメレクの妻とそばめとがいやされて子を産んだ
だけでなく、サラもイサクを産んだのでした。



++----------------------------------------------------------++
  イサクとは、「笑う者」を意味します。
++----------------------------------------------------------++


ではイサク誕生の霊的意義は何だったのでしょうか。神がアブラハム
を召したのが、子孫を生み出すためであったように、神は私たちを
召してキリストを生み出すことを願っているのです。


ですから私たちが召されたのは、良い振る舞いをするためでなく、
キリストを生み出すことにあります。


イサクが誕生するまでアブラハムに多くの困難があったように、
私たちがキリストを生み出すにも多くの困難があります。それには
どうすべきか分かりづらいものです。


なぜキリストを生み出さねばならないのですか、と尋ねる人さえい
ます。


キリストは生み出されましたが、なおも生み出さねばならないの
です。ガラテヤ4:19はこう告げています。「わたしの子供たち、
キリストがあなたがたの内に形づくられるまで、わたしはもう
一度あなたがたを産もうと苦しんでいます」と。そのためには、
割礼を受けねばなりません(創世記17:12)。


これは今日洗礼に象徴されます。私たちの生来の命と力と自己を
終えることです。これがエル・シャダイ(全能の神)が私たちの
中に入って来て「全き者」となるキリストを生み出す道です。


アブラハムはこれを経験し、イサクを生み出しました。


キリストの御体である教会を生み出すのも生来の力によってでなく、
神の恵みによります。それを先走り、自分の力で生み出そうとした
のがアブラハムで、その試みはすべて失敗しました。


その間、神はただ待つだけでした。神に頼り、委ね切るまで、神は
イサクを生み出す時をもたらさなかったのです。


私たちもキリストを生み出すにふさわしい信仰生活に至らなければ、
神の目的を成就することはないのです。もちろん教会も形成でき
ないのです。


ですからまず自己を終え、神に任せる信仰を持つよう十字架に肉を
つけることを学びましょう。これを「十字架信仰」と言います。


++----------------------------------------------------------++
  次に、イサクの成長の霊的意義を見ましょう。
++----------------------------------------------------------++


創世記21:8に「やがて、子供は育って乳離れした。アブラハムは
イサクの乳離れの日に盛大な祝宴を開いた」とあります。


イサクが母親から乳離れし、幼子でなく、少年になり、成長する
ことは幸いなことです。それは大きな祝宴を持つにふさわしいこと
です。


イサクの誕生を持つことも成長を持つことも容易ではありません。
キリストも私たちの間で生み出され、成長する必要があるから、
やはり容易ではありません。


しかしキリストは私たちの中だけでなく、私たちの間でも形づく
られなければならないのです。


私たちは日常生活と教会生活の両方において形づくられたキリスト
を必要としています。そのとき、神の恵みを享受する祝宴を持つの
です。そのためには聖書の言葉をそのまま信じる生活が必要です。


これを「聖書信仰」「みことば信仰」と言います。教会生活がいか
なるものか、まずみことばから学ぶことです。


神の祝宴に坐るために次の二つの点に注意しましょう。肉にある者
(イシマエル)が霊にある者(イサク)を迫害(からかう)した
ように、霊的成長を阻んではなりません(創21:9、ガラ4:29)。


=霊的成長の要件、あざけり、非難をやめ、育てることです。
ハガルとイシマエルは追放しなければなりません(創21:10)。


自分の成功、努力、過去に愛した自分のイシマエルを捨てること。
=霊的誕生の要件、肉的思い、感情、意志を断念することです。
   


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  発行者:ジェームス親泊
  協  力:おとずれ社 
  web版: http://homepage2.nifty.com/j-osamu/info.html
  まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
  melma!(マガジンID:76793) http://www.melma.com/
  melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
  ご意見ご感想: j-osamu@nifty.com
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
      God wants you to be blessed!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。