その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道 Vol.239

2007/07/21


<賢者の道〜Vol.239 -Amazing Grace- 2007-7-21>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【今週のテーマ】「ロトの落ち度と主の救い」
■【聖書】 創世記19:12〜16 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


++----------------------------------------------------------++
アブラハムの甥ロトは、不道徳な者たちの言動に悩まされていた
正しい人でした(ペトロ2:7)。
++----------------------------------------------------------++


彼は、祖父と伯父によって神の道を歩みました。祖父テラは彼を
ウルからハランに連れ出し、伯父アブラハムはハランからカナン
に連れて行きました。


孫や甥を神の道に連れて行くのは家族伝道で素晴らしいことです。
しかしロトにとって受動的であって、それは積極的、能動的もの
ではなく、弱く、敗北しやすいものでした。


彼は神の現われを待ったことはなく、求めてもいません。神が彼の
現れなかったのは、神の落ち度でなく、ロトの落ち度であったの
です。


率先して神の道を取るのでないと、脱落していきます。多くの教会
の道を取る人も同じです。連れて来られた人たちの多くは脱落して
いきます。能動的に率先して主に従うという強い意志がないと漂流
してしまいます。


++----------------------------------------------------------++
ロトは、神に影響されているより、他の人に影響されていました。
++----------------------------------------------------------++


他の人と行動し、他の人と共に漂流する生活でした。完全に他の人
の影響下にあり神の影響下にはありませんでした。


しかも彼が他の人の霊的な影響下にあった時、その下で自分を
守っていたのですが、霊的影響と物質の財物との間の選択に直面
するや、財物を選択し、そちらに流れ、最後にはソドムへと
向かったのです(創世記13章)。


アブラハムが決断した聖なる分離です。彼はロトに言います「争い
はやめよう。従ってここで別れよう」という決断です。兄弟たちを
取り扱うことはとても難しい事柄です。


後にロトがケドラオメル王に捕えられたと聞いてアブラハムは
先立って戦い救出し、ソドムが破壊されると知るや、ロトのために
とりなしをしたのですが、ロトは感情が傷つけられたゆえ、アブラ
ハムのところには戻りませんでした。


もし戻ったなら彼の生涯は惨めなものとして終わらなかったで
しょう。教会生活で同じです。人は愛されてもしかられたくありま
せん。人を叱ることは敵意を作ります。


++----------------------------------------------------------++
たとえ愛の中からでも率直な言葉を語ると、その率直さが人を怒ら
せます。
++----------------------------------------------------------++


アブラハムはロトを捕われから救ってあげても、ロトはそれに対し
て感謝していません。


ロトのようにいつまで傷つけられた感情を持ち続け、へりくだろう
としない者であるべきではありません。それが続くと災いに突入
するからです。


元に戻り、神の御前に立つことです。彼は愛する者を失うことに
なりました。


いったん霊的な影響の源から離れると、自動的に罪深い中へと漂流
します。ですから霊的な源を捨てないようにしなければなりません。


それは保護であるからです。それを放棄するなら、保護を失い、
ロトのようにソドムへと至るからです。


ロトはソドムで平穏な生活ができず、警告と懲らしめから捕われま
したが、主の勝利者によって救われますが、主の道に戻ることは
しませんでした(14:16)。


++----------------------------------------------------------++
 ロトは戻っていって、神に破壊されるべき罪の町に住みました
 (19:1)。
++----------------------------------------------------------++


二人の主の御使いがソドムに対して神の裁きを執行しに来た時、
ロトは門のところに座っていました。ロトは彼らを見ると、迎えて
家に招きますが、御使いたちは遠慮します。


アブラハムの時とは対照的です。しきりに勧めたので彼らは滞在
しました。その間、ソドム的情欲(ソドミーとは、邪淫で男色)に
ふけろうと男たちが町の四方から押しかけました。

そこでロトは自分の二人の娘を差し出して、ソドム人の情欲を満足
させようとさえしました(19:7〜9)。ロトも道徳感覚が麻痺して
いたと言えます。


++----------------------------------------------------------++
 御使いたちはソドム人の目つぶしを食わせます。
++----------------------------------------------------------++


そして「身内の者を連れてここから逃げなさい。この町を滅ぼす
からです」と告げます。ロトが身内の者に福音を告げたとき、
冗談だと思う者もいました(14節)。


ロト自身逃れるのをためらいました(16節)。主は「後ろを振り
返ってはいけない」と命じましたが、ロトの妻は振り返ってし
まったのです。


ロトの妻は滅びから救われましたが、塩の柱となりました(26節)。
塩は、僅かなら有用ですが、大きな塊となっては無用です。


ルカ17:32で「ロトの妻のことを思い出しなさい」と言いますが、
主は私たちが後ろを振り返らないように警告されたのです。


ロトの晩年はモアブ人とアンモン人を生み出し、彼らは神に退けら
れたのです。救いの後が問われます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7月16日に発生した新潟県中越沖地震の被災者とそのご家族に対して、
心から、神様の慰めと平安とをお祈りを申し上げます。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  発行者:ジェームス親泊
  協  力:おとずれ社 
  web版: http://homepage2.nifty.com/j-osamu/info.html
  まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
  melma!(マガジンID:76793) http://www.melma.com/
  melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
  ご意見ご感想: j-osamu@nifty.com
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
      God wants you to be blessed!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。