その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道 Vol.220

2007/03/10


<賢者の道〜Vol.220 -Amazing Grace- 2007-3-10>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【今週のテーマ】「いのちの大地が現れるまで」
■【聖書】 創世記8章 1〜12節
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


++----------------------------------------------------------++
40日の洪水の後、150日間を経て、創世記8章4節は、ノアの箱舟が
第7の月の17日にアララト山の上にとどまったと記録されています。
++----------------------------------------------------------++


実はエジプトの過越の時、ニサン(「アビブ」(「春」の意)とも
呼ばれる。出エ13:4)の第7の月が正月に変更になりました
(出エジプト12:2)。


ユダヤ人は民間暦をティシュレー(西暦の九月頃)から、宗教暦を
ニサン(西暦の三月頃)から始めます。


神はイスラエル人に過越を持つように告げ、その月を第一の月正月と
するように命じました。

これは過越が、神の目に、いのちの開始と考えられたからです。


++----------------------------------------------------------++
主イエスは過越の日、14日に十字架につけられ(出エ12:6、ヨハネ
18:28)、3日後の17日に復活されました。
++----------------------------------------------------------++


それは箱舟がアララト山にとどまった日でした。このことからペトロは
キリストの復活と箱舟を結びつけ「この水で前もって表された洗礼は、
今やイエス・キリストの復活によってあなたがたを救うのです」
(ペトロ3:21)言いました。


箱舟が山の上にとどまったということは、死の水から出たキリストの
復活を表徴します。


復活の後、何を見るのでしょうか。それは新しい生活です。
ノアとその家族八名は新しい生活が始まりました。


八と言う数は、復活を意味します。一週間は七日であって、新しい週
の始まりは八日目です。キリストは週の初めの日、即ち八日目に復活
されました(ヨハネ20:1)。


++----------------------------------------------------------++
この新しい生活では、ノアの家族は復活の中にありました。
何を行っても復活の中にあったのです。
++----------------------------------------------------------++


箱舟はキリストとそのからだなる教会の予型です。つまり洪水後の
彼ら八名の新しい生活は、教会生活であったのです。


主の復活後の洗礼を受けた人たちの生活が、教会生活であるように
です。まさにこの八名の生活こそ、キリストに在る生活の姿でした。


箱舟が洪水に直面したとき、八名は洪水に触れませんでした。
洪水に抵抗したのは箱舟でした。


………………………………………………………………………………
これは私たちがどのように主にあって十字架につけられるかという
問いの答えます。
………………………………………………………………………………


箱舟が山の上にとどまったとき、八名も復活させられて、箱舟の中で
山の上にとどまりました。私たちもキリストと共に復活させられたと
あります(エフェソ二6)。


ですから私たちは教会の中で復活した人々です。
古い共同体や社会に生きるのでなく、新しい共同体、社会に生きるの
です。


洪水前、彼らは汚れたもの、不敬虔な事柄に触れました。しかし今や
彼らは救われ、聖別され、復活させられて、新しい生活へと導き入れ
られました。それは教会生活です。


++----------------------------------------------------------++
新しい生活に入る前、ノアは幾つかのテストをしました。まず彼は
カラスと鳩を放しました(八7〜12)。
++----------------------------------------------------------++


カラスは肉的な人を表わします。レビ記11:15ではからすは汚れた
鳥であると言います。死んだもの、死体をついばむからでしょう。
死の汚れを神は喜びません。


旧約聖書では、死体に触れるのを汚れると考えています。一方、
いのちのある穀粒を食べる鳥は清い鳥です。


ノアはまずカラスを放ちました。カラスは箱舟を出るや、水の上に
浮いている死体を見て、それを食べ始めたことでしょう。


パウロと共にいたデマスは「この世を愛し」パウロを見捨てました
(テモテ4:10)。この世を愛するとは、神の嫌う、裁かれたいのち
なきものを食べることです。


次に、ノアは鳩を放しました。鳩はとどまるところを見いださな
かったので、戻ってきました(8:9)。


………………………………………………………………………………
七日後、再び放すと、オリブの若葉をくわえて戻ってきました。
オリブの若葉は、いのちのしるしです。
………………………………………………………………………………


何かことをする場合、一、二度「鳩」を放してオリブの若葉があるか
どうか調べてみるべきです。それがあればうまくいきます。


いのちがあるかどうかです。ノアが三度目に鳩を放しますと戻って
きませんでした。なぜならいのちの大地が上昇して現れたからです。


++----------------------------------------------------------++
私たちはそれまで待たなければなりません。あせってはならない
のです。
++----------------------------------------------------------++


水が引き、オリブの若葉を見出し、死の水が完全に引くまで待つのです。
そのとき教会生活は開始するからです。


伝道も同じです。死が満ちているところで御用をしても教会は形成
できません。


私たちはテストして教会生活をするに最適かどうか霊的判断が求め
られます。


あせらず主イエスの御業を信じ、汚れた死の世界に触れることが
ないように注意しましょう。


聖潔な生涯を持つことがあなたの家族が救われる条件です。
ノアの家族が救えわれたようにです。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

皆さん お元気ですか。イタリアを旅しました。ローマではアッチラ
街道を歩き、ペテロとイエス様の出会いを思いました。主よどこに
行かれるのですか、との呼びかけです。 


ボルジア家と法王との関係をも思い出しました。
ことにフレンチェでは、マキャベリのことを考えました。彼の思想
を思い出しながら牧会を吟味する思想的省察がわたしを勇気づけま
した。

メディチ家の興亡、ルネサンスと宗教改革との関連など楽しい考察
のたびでした。お祈り感謝します。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  発行者:ジェームス親泊
  協  力:おとずれ社 
  web版: http://homepage2.nifty.com/j-osamu/info.html
  まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
  melma!(マガジンID:76793) http://www.melma.com/
  melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
  ご意見ご感想: j-osamu@nifty.com
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
      God wants you to be blessed!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。