その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道 Vol.211

2007/01/06


<賢者の道〜Vol.211 -Amazing Grace- 2007-1-6>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【今週のテーマ】「神の祝福と安息を得る」
■【聖書】 創世記1:26〜2:3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++----------------------------------------------------------++
 神は人が増えるようにと祝福して、産めよ、増えよ、地に満ちよ、
 それを従わせよと言いました(創世記1:28)。
++----------------------------------------------------------++


これは重大な内容を持っています。それは神が初めてご自身の祝福
を完全に注ぎ出す対象を人に見出したからです。


しばしば私たちは、神よ、我らを祝したまえ、と祈りますが、
神の祝福を受けるには、その資格に応じる必要があります。
それは神のかたちと主権です。神の祝福は常に神のかたちと
神の主権に続くからです。


それは祭司職と王職を意味します。メルキゼデクは、サレムの王で
ありいと高き神の祭司であって、アブラハムを祝福しました
(創14:17〜19)。


教会も祭司職と王職を持たなければなりません。私たちが祭司職を
行使して神と接触し、神の栄光の姿を映す限り、王職を持ちます。


そして神の祝福を持つのです。神は人を祝福して、実を結び、
増加し、地に満ちることを願われました。1人が10人になり、
10人が100人になり100人が1000人になる、全地は神の麗しい顔で
満たされます。


〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜


ここで福音の宣教について触れておきます。真の福音の宣教は、
外側の働きだけでなく、内なる命があふれ出て実を結ぶものです。


マタイ、マルコ、ルカの各福音書でイエスは行って、福音を宣べ
伝え、すべての民を弟子とせよ、と言われましたが、ヨハネ福音書
では、私たちは実を結ばなければならない、と言われました
(ヨハネ15:16)。


宣べ伝えることとと実を結ぶこととは別のことです。真の福音の
宣教は、人に教理を語り、思考を占拠し、観念を変えさせること
ではなく、人に命を与えることなのです。


実を結ぶことは、内なる命の豊かなあふれ出です。命の樹液で満ち
た木の枝には、命のあふれ出があり、それが実を生み出します。


これは神の祝福から来ます。ですから私たちは単に福音を宣べ伝え
る努力だけでなく、神の祝福を待たなければなりません。


私たちが結ぶ実は、私たちが何であるかの表現です。もし私たちが
知識の木であるなら、命の実を結ぶことは期待してはならないの
です。命の木だけが、命の実を結ぶからです。


++----------------------------------------------------------++
 創世記1:31では神が造ったすべてのものを見られたところ、
 「それは極めて良かった」と言っています。
++----------------------------------------------------------++


それはアダムが神のかたちの中にあり、神の主権が与えられたから
です。誰もつぶやかず、誰も飢えない真の安息がありました。


安息は、満足が必要です。神が安息するには、ご自身の栄光が
現され、神の敵は対処されなければなりません。


それは神が働きを終えたというだけでなく、神の働きの中に神の
かたちを帯び、神の敵に対処する人がいたということです。


これは、神の命が流れている限り安息があるということです。
神の命と断ち切られるなら内側は混乱します。


人と言い争いをすれば胃が痛くなります。それは命と安息がない
証拠です。しかし主の命を解き放つなら、安息を味わうのです。


積極的に祈り、主を讃美し安息を持ちましょう。働きを忘れ、
食べて、休んで、神と共に満足しましょう。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  発行者:ジェームス親泊
  協  力:おとずれ社 
  web版: http://homepage2.nifty.com/j-osamu/info.html
  まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
  melma!(マガジンID:76793) http://www.melma.com/
  melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
  ご意見ご感想: j-osamu@nifty.com
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。