生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

シニアネット 『おいおい』 第907号 (2009.12.30)

2009/12/30

━━senior citizen net━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2009/12/30━

    シニアネット 『おいおい』           第907号
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━行動に役立つ情報紙━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 来年はよき句つくらんとぞ思ふ        正岡子規

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明治30年(1897)作。季語は「来年」。「年の暮」のことと考えられる。「来年はよき句つくらん」の気持ちをもって今年の句帳を閉じた。新しい年に対する、希望がうかがえる。その前日の30日に関しては、<漱石が来て虚子が来て大三十日(おおみそか)>(明治28年(1895)と楽しい年末である。しかし、<行く年を母すこやかに我病めり>である。<年の暮財布の底を叩きけり>と貧乏な生活が窺われる。<うかうかと鴨見て居たれば年くるる>とのんびりと吟行を旨とする生活もある。
私の心境は、<平凡にすぎたる年を惜しみけり>(森田君子『かたばみ』)。平々凡々の生活であつたが、大病もせず平和であったことを感謝したい。皆様、新しい年が、良い年でありますように祈念しています。松山生まれ。(1867−1902)。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━(社説)普天間移設━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎米軍の抑止力を配慮せよ◎
新政権発足後100日以上、迷走を重ねたうえの再出発だ。3年前に日米両政府が合意した名護市辺野古への移設も選択肢として否定はされていないが、まずは沖縄県外に移す可能性をとことん追求すべきである。 代替案探しは容易ではない。騒音や米兵による事件、事故の危険を考えれば、積極的に米軍基地を受け入れようという自治体を簡単に見いだすことができるはずもない。併せて、在日米軍の抑止力の維持を考えて貰いたい。

29日;朝日社説(1)普天間移設―本気で「県外」探ってみよ
http://www.asahi.com/paper/editorial20091229.html
『米海兵隊・普天間飛行場の新たな移設先を探る政府与党の作業チームが発足した。たとえ鳩山政権が新しい移設候補地を決めても、辺野古への移設こそが唯一実現可能な案との立場を崩していない米国側が、それを受け入れる保証はない。多難な交渉になる。 そうした困難は承知の上で、また日米政府間合意を見直すという賭けをしてでも、在日米軍基地の75%が沖縄に集中する異常さを何とか是正したいということだろう。歴史的な政権交代を機に、鳩山政権がこの難題に挑戦するのは意味のあることだ。 
ただ、大事なことがある。日本防衛や地域の安定のため、沖縄の海兵隊が担ってきた抑止力は何らかの形で補う必要がある。その認識がこれからの検討の基本的な土俵ではないか。その点で、鳩山由紀夫首相が先週末、普天間の海兵隊すべてをグアムに移すのは難しいと語ったのは、意味のある論点整理だった。作業チームのとりまとめ役である平野博文官房長官も、そうした論点を重視する考えを示している。 
沖縄の基地負担を本土がどう分かち合うかは、自民党政権時代からの重い課題であり続けてきた。最近、大阪府の橋下徹知事は、沖縄が太平洋戦争で本土防衛の盾となり、激しい地上戦の舞台になった歴史に触れ、関西空港への移設について議論は拒まない考えを示した。 過去にも、沖縄で行われていた米軍の実弾演習が、北海道や宮城県など本土の5カ所に分散移転されてきた。神奈川県や山口県、青森県なども米軍施設を受け入れている。 
普天間問題にとどまらず、県外移設という目標の持つ、日本全体にとっての重い意味合いを忘れてはならない。 
首相は、5月までに移設先を決めると明言した。夏には参院選を控え、本当に結論を出せるのか懐疑論もある。 
この問題をめぐっては、首相の発言がぶれたり、閣僚の意見が食い違ったりして、外交政策における政権の意思がはっきりしないという困惑を米政府に与えてきた。 またも迷走するとなると、政権への信頼を失って県外移設の国内調整もおぼつかない。さらなる先送りはとうてい許されまい。政権の信任がかかる。 (855字)

29日;毎日社説(1)普天間協議開始 移設の原点を踏まえて
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20091229ddm004070084000c.html
『普天間移設の出発点である周辺住民の危険の解消・沖縄県民の負担軽減と、在日米軍による抑止力の維持という二つの原点を踏まえた精力的な協議を望む。期限を設けない協議は、際限のない先延ばしとなり、危険性の温存につながる。検討委の初会合では、来年5月までに結論を得るよう「最大限努力する」ことを確認した。普天間の固定化は何としても避けなければならない。5月までは、最終期限として取り組むべきである。平野官房長官は日米合意の「沖縄県名護市辺野古」以外の移設先を探す考えを表明したが、移設先の検討にあたって避けて通ることができないのが、抑止力に関する議論である。鳩山首相や閣僚もようやくこの点について言及し始めた。
 首相は、抑止力の観点から普天間の基地機能をグアムに全面移設するのは困難との考えを表明した。岡田克也外相も同様の見解を明らかにしている。事実上、国内移設が軸になるとの見通しを示したものだ。外相はさらに、戦略上、本州より沖縄の方が有効だとも発言している。一方、「沖縄県外・国外」を主張する社民党は、グアムへの全面移設を念頭に置いている。こうした首相らと社民党の落差を埋めるには、在日米軍、在沖米軍の抑止力に関する認識を一致させることが不可欠だ。
 日米安全保障条約によって日本が米軍への基地提供義務を負い、北朝鮮の脅威や、中国の台頭などがもたらす東アジアの安全保障環境の変化に対して、米軍のプレゼンスが抑止力として有効に機能しているとの認識は、少なくとも首相や民主党の閣僚は共有しているようだ。在日米軍基地の存在による抑止力の中身や、在沖米軍の戦略上の意味、その主力である海兵隊の存在意義などについて、十分な議論を尽くしてもらいたい。日米合意の履行を求める立場を変えていない米国と、意味ある協議に入れるとも思えない。政権100日の中で垣間見えた、鳩山首相の「その場逃れ」の対応では、5月までの政府方針決定に不安がある。首相自身が協議の進展に全面的に責任を負うべきだ。(830字)

┏━━身辺雑記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 沖縄の問題は、解決済みである。米の戦略は、「グアム終結」が結論。しかし、米はケチでその移転費用を日本に出させることにしている。8千人のグアム移転は、沖縄在留のほぼ全員である。1万8千人は定員。軍隊の指揮命令は、終結して方が有利である。沖縄は、教育部隊の訓練を大きな任務としていた。海兵隊と空軍は機能が違う。空軍は、戦闘時の空港利用が主眼だ。
 11月に米から情報が漏れた。「グアム終結」が結論である。名護に新空港は不要かもしれない。地元では、既にその情報を市長が掴んでいる。それでは、何故米は固執するのか。戦略上の作戦がある。膨大な移転費用を日本から捻出する必要がある。
 国際的には、一度戦争でとった領土は返還しない。沖縄は何故返還されたか。日本が米国にお金を払ったからだ。当時、米は少しでもお金が欲しかった。取引成立した。東西冷戦下での不思議な物語である。
 社民党や小沢の動きは、「グアム終結」の仮説を立てれば明快に説明できる。当事者の岡田外相が、しびりを切らせたのは、結論を周知しているからであろう。下手な猿芝居を止めてはどうだろう。戦略上の秘密は公開できないが、決定ずみの「工程表」に忠実に従う方が国益になる。昔から、軍隊は自国の軍隊でなく、傭兵が主流であった。いまも、傭兵中心の国は多い。国を守って貰うのに、お金を払うのは当然だ。必要な費用は応分に負担すべきだ。日本の常識は世界の非常識を噛みしめたい。(600字)。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/12/31

    今年も配信有難うございました。1月7日から緊急入院して大動脈の一部を人口血管に取り替える手術を受けました。幸いオペは成功し命拾いしました。安川美樹