生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

(NO 462 2006.09.06)シニアネット[『おいおい』(第462号)

2006/09/06

━━ senior citizen net ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2006/09/05━━━

     シニアネット 『おいおい』           第462号
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 行動するシニアのための情報紙━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 天皇の白髪にこそ夏の月                              宇多 喜代子             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 男児誕生で,天皇家もお慶びであろう。皇室のご繁栄をお祈りする。「天皇の白髪」は昭和天皇であろう。平成4年刊行の『夏月集』だから、今上天皇との説もある。しかし、冠も帽子もかぶらない「白髪」は、昭和天皇の姿である。人間天皇に「夏の月」の光りが当たり、自由で、開放的雰囲気が出ている。後姿が、昭和天皇に似てきた今上天皇のお姿と二重写しになる。男児誕生で、今上天皇もほっとされている事だろう。
 「この句をニュートラルなものにしている。意識の深さがそれを可能にした。作者はただ天皇という事実を月光の中に置き、月光に任せたのである。」(正木ゆう子『現代秀句』より)。
「昭和が平成と替わった時、新しき天皇はすでに白髪を帯びていた。天皇と同世代ともいえる作者は、そこに小国民としての戦時と、青春の戦後を重ねていたであろう。その思いをこえて、この一句は、はるか歴史の中の「天皇」をも呼び出す。」(『現代俳句大事典』より)

┏━━ Start ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◎おめでとうございます。男児誕生◎ 
 秋篠宮妃紀子さまは6日午前8時27分、帝王切開手術を受け、男のお子さまを出産された。 皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次いで第3位。男子の誕生は1965年11月の秋篠宮さま以来41年ぶりとなる。宮内庁によると、お子さまは身長448.8センチ、体重は2558グラムで、母子ともにお健やかという。 紀子さまの帝王切開手術は午前9時7分に無事終了し、病室に戻られた。皇室の構成は、天皇陛下をはじめ計23人となった。皇室で帝王切開による出産は初めてで、最高齢出産である。

6日、読売記事)紀子さま、男児ご出産
  http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060906it03.htm
  http://www.yomiuri.co.jp/feature/impr/0609article/
6日、産経記事)紀子さま、男のお子さまご出産
 http://www.sankei.co.jp/
6日、日経記事)紀子さま、男児をご出産・皇位継承第3位
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060906AT1G0600E06092006.html
6日、朝日記事)紀子さま、男児ご出産 皇室に41年ぶり、皇位継承3位
  http://www.asahi.com/national/update/0906/TKY200609060088.html
http://www.asahi.com/special/060906/index.html
6日、毎日記事)秋篠宮妃紀子さま:男児ご出産 41年ぶり皇位継承資格者
  http://www.mainichi-msn.co.jp/today/archive/news/2006/09/06/20060906k0000e040008000c.html

┏━━ Plan ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◎自治体破綻を防ぐために、「早期是正策」の導入を◎
4日、日経社説(1)自治体破綻を防ぐ早期是正策の導入を
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/index20060903MS3M0300203092006.html
『夕張市は一時借入金を原資に複数の会計間で資金操作し、長らく赤字を隠してきた。北海道では同様な赤字隠しをしてきた自治体がほかにも小樽市など8市町あった。不正行為を防ぐためには一時借入金に対する規制に加えて、公会計全般の改革が必要である。公営企業や公社なども含む連結方式で負債管理を徹底し、情報公開を義務づけてガラス張りにすればいい。問題は200兆円に上る既存の自治体債務の扱いである。新制度をすぐに導入すれば、財政状況がさほど悪くない市町村まで資金調達に支障がでる恐れもある。財政悪化に歯止めをかける早期是正措置の導入を先行させ、地方行革や広域再編の進展をにらみながら次の段階に移行することが望ましいのではないか。地方債残高の国内総生産(GDP)比をみると、日本は欧米主要国と比較してかなり高い。合併特例債など返済の一部を国が地方交付税で肩代わりする仕組みが借金漬けを助長してきた。新たな再建法制に合わせ、こうした制度も見直すべきだ。』

┏━━ D O ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ◎国は、肝炎対策を急げ◎
4日、産経社説(1)肝炎対策 争うより患者救済が大切
 http://www.sankei.co.jp/news/editoria.htm
『C型肝炎訴訟は、出産や手術時に、C型肝炎ウイルスに汚染された血液製剤のフィブリノゲンを止血剤として投与された患者らが起こした。 これとは別に最高裁が予防接種における注射器の連続使用と感染との因果関係を認め、国の敗訴が確定したB型肝炎訴訟もあった。 B型やC型の肝炎が慢性化すると、肝硬変や肝がんを患って死亡する危険性がある。早い時期に感染が判明すれば、インターフェロンや抗ウイルス剤による治療も可能だ。厚生労働省の推計によると、国内の肝炎ウイルス感染者は、B型で110万から140万人、C型で150万から190万人という。訴訟を起こしたのは、ごく一部に過ぎない。 国は血液製剤による感染の責任は認めていない。だが、感染源が何にせよ、感染者を早く見つけ出し、早期治療ができるシステム作りを急ぐのは、国民を守る国の義務ではないか。肝炎治療は、そのウイルスの発見が遅れたことから、他の感染症の研究に比べて進まなかった。今後、厚労省は都道府県に1カ所の拠点病院を置き、専門医との連携を強化するというが、実効性のある治療体制にしてほしい。』

┏━━ Check ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ◎ホリエモン裁判初公判◎
 堀江貴文被告の初公判が東京地裁で開かれた。事前折衝の結果、争点は絞り込まれている。自社株の売却益を売上高に計上した粉飾決算や、企業買収や業績で虚偽の情報を発表したことなどで、そのいずれについても弁護側は堀江被告の関与を否定したり、検察側の誤認だとして、無罪を主張している。

5日、毎日社説(2)堀江被告初公判 市場が抱える問題にもメスを
 http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20060905k0000m070135000c.html
『堀江被告は検察側と全面対決を表明している。どのような行為が違法なのか、裁判で具体的に示してもらいたい。堀江被告の刑事責任については裁判所が判断を下すが、ライブドアがなぜあのような行動をしたのか、裁判とは別に制度的欠陥を明らかにし、改善する必要がある。取引所と証券会社が客引きを競うような形で、新興企業に株式上場を促し、上場後の審査も甘いことが、ライブドア事件の背景にあった。ライブドア事件の反省から証券取引法が改正され罰則強化などが行われた。しかし、対症療法的な措置が目立つ。事件の背景にある日本の株式市場が抱える問題についても、抜本的対策が必要だ。』

5日、朝日社説(1)ライブドア裁判 主導したのか、広告塔か
http://www.asahi.com/paper/editorial.html 
『その堀江被告が、部下のやっていることを知らなかったと言い張る。投資家は広告塔の堀江被告にのせられたということなのか。何としても真相を知りたいと思う人は少なくないだろう。 「額に汗して働く人が憤慨するような事案を困難を排して摘発していきたい」。東京地検の特捜部長は就任会見で語っている。株投資の大衆化が進むだけに、市場を欺く行為に厳しく臨むのは当然のことだ。ただ、刺激的な言動を繰り返した堀江被告への感情的な反発が先走ってはならない。検察、堀江被告、いずれの主張が認められるのか。株式市場にとどまらず、会社の経営や監査のあり方を厳しく問い直すきっかけになった事件である。拙速を避けつつも、裁判所はなるべく早く結論を示してほしい。 』

5日、読売社説(1)[堀江被告裁判]「検察との全面対決で何を語るか」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20060904ig90.htm
『この公判は、堀江被告の独自の金銭哲学が裁かれる場でもあるだろう。裁判には、大型経済事件としては初めて、昨年秋に導入された「公判前整理手続き」が適用された。初公判の前に争点や証拠を整理し、集中審理によって裁判の迅速化を図る。争点が絞られ、分かりやすくなった。例えば粉飾に使われたとされる投資事業組合を、ライブドアのダミーと見るか、実体があり法的にも別組織と見るかは、犯罪になるかどうかの分かれ目だ。世間の注目を集める裁判では、公判前整理手続きを活用すべきだろう。今後、週1〜3回の集中審理が続く。計20回の証人尋問では、かつての側近たちと堀江被告の直接対決も予定されている。続く5回の被告人質問にかけて、公判は最大のヤマ場を迎える。迅速裁判のモデルケースとしても、堀江裁判の展開から目が離せない。』

5日、産経社説(1)堀江被告初公判 全面無罪の主張で通るか
http://www.sankei.co.jp/news/060905/edi000.htm
『事件はすべて、部下がやったというのでは、責任逃れもはなはだしいのではないか。同被告は、今回の裁判を自分の主張ができる「晴れ舞台」の場として裁判に臨んだという。 堀江被告が有罪となるか、裁判所が被告の主張を認めて無罪とするか、裁判の行方だけでなく、大型の経済事件として初めて公判前整理手続きが適用された点にも、注目したい。 同手続きは、刑事裁判迅速化のため、昨年11月に設けられた新制度で、3年後に始まる裁判員制度を見据えたものだ。初公判前に争点や証拠を徹底的に整理するのが特徴である。堀江被告の裁判は、11月までの3カ月間に計26回の異例の集中審理を行い、判決は来年2月ごろの予定だ。検察、弁護側とも国民にわかりやすい審理を心がけ、真相に迫ることが求められている。』

5日、日経社説(1) 堀江裁判、濃密な審理に期待 
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20060904MS3M0400804092006.html
『6月初めには、ライブドアのニッポン放送株大量取得にからんだ「村上ファンド」前代表のインサイダー取引事件が摘発され、株式市場で一般投資家を犠牲にする経済事犯に、今年前半は、注目が集まった。そういう“社会の熱”が冷めない時期に、ライブドア事件のような大きな事案で、検察が描いた構図の根本から審理の対象になる裁判が行われるのは、刑事裁判への国民の関心を高めるうえで効用が期待できる。従来の裁判の進め方だと争点の多い経済事犯は審理に長い歳月を要し、判決が出るころには、世間の記憶も関心も薄れているケースが多かったが、堀江被告の裁判は予定どおり進めば、来年2月にも判決が言い渡されるので“社会の熱”は保たれているだろう。裁判迅速化をアピールする好機にもなった。後は審理の内容を、三者の協力で濃密にしてもらいたい。』

┏━━ Action ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ◎ 飲酒運転には厳罰を◎
4日、読売社説(1)[飲酒運転]「無自覚と周囲の甘さが生む悲劇」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20060903ig91.htm
『警察庁は今月12日から18日までを飲酒運転取り締まりの強化週間とし、一斉検問などを実施するよう都道府県警察に緊急通達を出した。飲酒運転は公道を凶器が走っているようなものだ。厳しく対処しなければならない。警察は最高20年の懲役となる危険運転致死傷罪の適用を検討しているという。違反がなくならないのは周囲が甘いからでもある。警察庁の緊急通達でも、飲食店や飲酒の同席者、車の同乗者も厳正に捜査をするよう指示している。危険運転致死傷罪は2001年に刑法に新設された。警察庁も「厳罰化の抑止効果に陰りがみられる」と問題視している。長年、「飲んだら乗るな」と叫ばれてきていても、いまだにこの状態である。福岡市は、飲酒運転をしただけで懲戒免職とするなど、懲罰規定を見直す方針を明らかにしたが、福岡市だけの問題ではない。官庁も民間の事業所も内部処分を厳しくするなど、本腰を入れて飲酒運転の根絶に取り組むべきだ。』

┏━━ 俗信 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◎「俗信」によると「男児誕生」になる◎
 私の使っている『神社暦』の「俗信吉凶」によると、「母親の歳が偶数の年に宿り、翌年5月5日以前の産み月ならば男子、以後ならば女子。母親の歳が奇数の年に宿り、翌年3月3日以前の産み月ならば女子、後ならば男子。」とある。 紀子様は昭和40年9月11日生まれであるから、39歳。「男子」ということになる。
 六曜は「友引」「朝夕はよし、正午わるし。」であるから、朝早く出産が終わったのでしょうね。二十八宿は「参」で「門立、造作に良い。」。十二直は「満」で「神祭り家造り移転婚礼開店種まき等良し。」出産には「大吉」とあります。お日柄は良いようです。それに「つちのえいぬ」の日。戌の日は妊娠腹帯の吉日です。宮内庁は、良い日を選んでいます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信】週2回以上(不定期)        【 読者数 】793人
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
        http://www.melma.com/backnumber_151498/
【発行人兼編集人】 田村昶三      【 創刊 】2001年7月23日
【 Blog 】 http://s-tamura.cocolog-nifty.com/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。