生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

(NO 393-2006.04.12)シニアネット『おいおい』(第393号)

2006/04/12

━━ senior citizen net ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2006/04/12━━━

     シニアネット 「おいおい」             第393号
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 行動するシニアのための情報紙━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 摘草の人また立ちて歩きけり                       高野素十
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ホトトギス」の昭和3年5月号の雑詠に投句され、虚子選を得た。水原秋桜子は、「この句は或る日我々の句会の席上で出来たものであるが、私は見落として採らなかった。後で披露のとき他の人が採っているのを聞いていて成る程そういう句もあったのか、これは見落とした方が間違いだったらしいと気付いたわけである。」といっている。
 「人また立ちて」という中の「また」に高野素十は苦心したらしい。

┏━━ D O ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ◎肩書きは『無職』でいいのだろうか◎
 「60歳・無職」がシニアの一般的な「肩書」である。確定申告の職業欄にも表示する。定年1年生の呼称だろう。アメリカの本場では、「シニア・シテイズン」(シニア市民)である。世界一の長寿国日本に、適当な「肩書」がないのは淋しい。そんなに、肩をはらなくていいのでしょうか。「高齢者」とか「年寄り」とか「老人」とか「年金受給者」の伝統的な「呼称」もかび臭い。なんとなく「弱者」の響きがする。元気さが欲しい。
政治家は「元幹事長」とか「元首相」とかの,前職を「肩書」にする。民主党の代表選挙も「元副代表 小沢一郎」と「元代表 管直人」の対決であった。会社を定年になったサラリーマンは「元電機メーカー 製造本部長」とは言わない。その緩和策として、大学の教授は或る期間勤め上げれば「名誉教授」となる。新聞社も「名誉社員」の呼称を名乗る。自社の「名誉社員」が死亡すれば、「おくやみ」の欄に訃報を掲載する。
 公務員も、永年勤続者はある年齢になれば、「勲章」を証する。サラリーマンは、「隠居」とか「自由人」とかの肩書きを付けると、なんとなく「世の中をすねた者」と見られる。「肩書」にとらわれず、世の中をまともに見て、余生を趣味に埋没するのでなく、他人のために時間を使いたいものだ。
日本サッカー協会のチェアマンの川淵さんは、選手に「会話しよう。」と提唱されているそうです。積極的に、コミュニケーションをする。世代間コミュニケーションをする。「会話」をする。「お話をする。」ことが、シニアの「職業」ではないだろうか。英語で、「ストリーテラー」という作家がいる。「お話をすること」が、シニアの肩書きに出来ないだろうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━ S A Y ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◎DNA鑑定結果と北朝鮮への包囲網の強化◎
北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの夫とされる人物が、韓国人の拉致被害者である可能性が高いことが、日本政府のDNA鑑定で判明した。 拉致被害者の金(キム)英南(ヨンナム)さんは、高校1年生だった78年8月、韓国群山市の自宅から海水浴に出かけたまま行方不明になった。中学1年生だっためぐみさんが、帰宅途中に新潟市で拉致されてから1年ほど後のことである。 韓国では朝鮮戦争休戦以降、この高校生らを含む486人が北に拉致されたままだ。朝鮮戦争でも、多くの韓国人が北に連れていかれ、その家族も帰還を訴えている。

12日・毎日社説(2)DNA鑑定 日韓が協力し拉致解決を
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20060412k0000m070166000c.html
『日韓両政府はこの機会に拉致問題で緊密に連携するための窓口を設置するなど協力関係を構築すべきだ。北朝鮮の拉致被害者は日韓だけでなく、レバノン、タイ、ルーマニアなどにも広がりを見せている。北朝鮮は国際社会の厳しいまなざしの下で、DNA鑑定の結果が明らかにされた重みを自覚しなければならない。』

12日・朝日社説(1)めぐみさん 日韓の連携の時だ
http://www.asahi.com/paper/editorial.html
『今回の鑑定は、韓国の協力のもとに行われた。北朝鮮側は韓国人の拉致を認めず、韓国政府とも被害者の送還をまともに話し合ってこなかった。めぐみさんの夫が拉致被害者だった可能性が大きくなったことから、韓国内でもさらに関心が高まるだろう。 政府は、拉致問題の真相究明と解決に向けて、韓国政府との協力姿勢を強めてもらいたい。 』

12日・読売社説(1)[めぐみさんの夫]「鑑定結果が示す北朝鮮の非道」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20060411ig91.htm
『めぐみさんに関して北朝鮮側は、めぐみさんの両親や日本政府を愚弄するような対応を取り続けてきた。めぐみさんの夫の身元は、ようやく判明したが、拉致被害者の拉致された状況や監禁の状況など、不明な部分が多すぎる。この問題を北朝鮮に封印させてはならない。解明を続け、北朝鮮の実像を浮き彫りにしていくことが大事だ。』

12日・産経社説(1)拉致DNA鑑定 日韓協力し解決を迫ろう
http://www.sankei.co.jp/news/editoria.htm
『盧武鉉政権は国連総会での拉致非難決議に棄権するなど、北に対して融和的な姿勢をとり続けてきた。めぐみさんの夫が拉致被害者の韓国人と判明したのを機に、韓国も日本と連携して被害者の帰国を北に強く求める姿勢に転じるべきだ。拉致事件は、人命にかかわる北の国家犯罪である。日本政府も制裁発動の準備を怠るべきではない。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━ S E E ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◎ 百歳の数学者が論文発表◎
10日・読売)100歳数学者の論文掲載、6年かけ仏語で労作
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060410i505.htm?from=main5
『日本数学会が今月発行した「日本数学誌」に、100歳の数学者の彌永昌吉(いやなが・しょうきち)東大名誉教授の研究総説が掲載された。フランス語で6年がかりで執筆した労作で、100歳を超えた数学者の研究総説が、専門家の審査を経て、学術誌に掲載されるのは「世界的に見ても極めて珍しい」(同数学会)という。日本学士院会員でもある彌永さんは、整数論の大家。日本の数学のレベルの高さを世界に印象づけた故高木貞治氏の弟子で、自らも、数学界のノーベル賞といわれるフィールズ賞受賞者の故小平邦彦氏ら多くの数学者を育てた。』(読売新聞より)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━ B E ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ◎ホスピス待ちの癌患者の死亡者数◎
11日・読売)ホスピス空きベッド待ち、1326人死亡…読売調査
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060411it16.htm?from=top
『 末期がん患者などの心身の苦痛を和らげる治療をする「緩和ケア病棟(ホスピス)」について、読売新聞は、全国153施設を対象にした調査を行った。その結果、入院するためにベッドが空くのを待ちながら亡くなった患者は、この1年間で少なくとも1326人に上ることが分かった。調査は3月中旬、厚生労働省の施設基準を満たし、「日本ホスピス緩和ケア協会」に加盟している153施設を対象に実施。計103施設から回答があった(回答率67%)。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信】週2回以上(不定期)         【 読者数 】794人
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
        http://www.melma.com/backnumber_151498/
【発行人兼編集人】 田村昶三         【 創刊 】2001年7月23日
【 Blog 】 http://s-tamura.cocolog-nifty.com/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。