生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

(NO 359-2006.01.07)シニアネット『おいおい』(第359号)

2006/01/07

━━ senior citizen net ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2006/01/07━

     シニアネット 「おいおい」             第359号
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 行動するシニアのための情報紙━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 粥柱しづかに老いを養はむ                     富安風生
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 昭和31年(72歳)の作。「粥柱」は七草粥や小正月の小豆粥に入れた餅の事。液体の粥の中に固形の餅を柱に見立てる呼称とも、餅は生命を支える力となるという俗信から出た。
 前年の12月に過労から病気になり,避寒先への旅行も取りやめた。数年ぶりの自宅での新年の七草粥を賞味した。粥の椀を両手でかかえて湯気まみれになり「老い」の生命が真底から温まる。「老いを養はむ」は老境をうまく表現した。
 如何に美しく老いるか、如何に美しく死ぬかという課題に取り組み、94歳で亡くなるまで、歳とともに深まる句境は、「人生の艶」(山本健吉評)であった。私も今朝、熱い「七草粥」をすすりました。
┏━━ D O ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◎今年も「年賀の客」が我が家へ来訪◎
 毎年12月30日に、玄関に「しめ縄」を掛ける。年が明けると、年賀の客が来て、稲穂を食べていく。いつ来るか分からぬが、3ケ日の内に来てくれる。今年は2日にきたらしい。籾殻が玄関のドアの前に落ちている。年賀に来てくれない年もあったが、今年は「律儀に」年賀に来てくれた。姿が見えないから、最初は「年の神様」の仕業と信じていた。3ケ日のうちに来る。「裏白」や「だいだい」は食べない稲穂だけ食べる。不思議と思っていたが直ぐに雀の仕業と分かった。
 俳句では、3ケ日に現れる鼠を「嫁が君」という季語がある。雀の「初雀」は元旦の朝。「年賀雀」では平凡だ。3ケ日の内に、しめ縄の稲穂を食べに来る雀の季語が無いのだろうか。現代生活の風物詩である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━ S A Y ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◎シャロン首相を欠く中東平和の混乱◎
 4日、イスラエルのシャロン首相が脳出血で倒れた。容体は重く「深刻な病状」に陥っている。生命の危機を脱して回復したとしても政治活動に全面復帰は困難という。ガザ地区からのユダヤ人居住区の撤収など強力な指導力を発揮した首相が、表舞台から退場で、和平プロセスの今後に悪影響を与えはしないか、と懸念されている。

6日・日経)シャロン首相欠く中東和平に漂う不安 http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/index20060105MS3M0500205012006.html
『イスラエルのシャロン首相が4日、脳卒中で倒れ、今後、回復したとしても政治活動に全面復帰するのは難しいとの見方が多い。シャロン氏はもともと対パレスチナ強硬路線をとり、武力による治安回復を主張していた。だが、米国はじめ国際社会に押される形でロードマップを推進する中で、パレスチナ国家の容認が不可欠との判断に変わり、ガザ地区からの撤退など中道路線に転換した。シャロン首相を欠いた中東和平には大きな不安がある。日本を含め国際社会がロードマップの推進を今、改めて強く求めていくことが必要だ。』

7日・朝日)シャロン後 和平機運をしぼませるな
http://www.asahi.com/paper/editorial.html
『政界再編で和平プランを進めようという剛腕である。政界や国民に対するシャロン氏のカリスマ性がその原動力だった。民意が期待するのはパレスチナ人との共存である。武闘から政治路線に転換しつつあるイスラム過激派の参加が実現すれば、テロを放棄し、結束して独立を目指す意志を世界に示せる。「交渉による和平」という、本来の和平プロセスをよみがえらせることにつながるはずだ。米国をはじめ国際社会も、カリスマ指導者を失ったイスラエルの和平機運がしぼまないよう、手助けしていくべきだ。』 

7日・読売) [シャロン退場]「軸を失った中東和平プロセス」
 http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20060106ig90.htm
『中東和平をめぐる動きはすべて、良くも悪くもシャロン氏主導の下で進んだ。和平プロセスは、いわば中心軸を失った格好だ。パレスチナ側の動きも、和平プロセスの行方を不透明にしている。米国が主導する中東和平案「ロードマップ」(行程表)が機能しない中、国際社会は具体策を欠き、和平問題に関しては事実上、シャロン氏任せにしていた。小泉首相とシャロン首相の会談は中止を余儀なくされた。だが日本は、中東和平に貢献しようとする姿勢を堅持し、必要な支援策を講じていくべきだろう。』

7日・産経)シャロン首相重体 中東和平の後退を許すな
http://www.sankei.co.jp/news/060107/morning/editoria.htm
『中東和平は地域だけでなく、世界の平和・安定の基礎となり、今後の中東民主化、イラク復興にも大きな影響を与えるだけに、政府はできるだけ早い時期の首相訪問の実現に向け、計画の練り直しを進めてほしい。知る人は多くないが、日本は九三年のオスロ合意以来、パレスチナに合計八億三千万ドルもの経済支援を行ってきた。米欧に次ぐ世界三位の規模だ。信頼醸成など政治的な努力も地道に続けている。オスロ合意に貢献したノルウェーのように、日本ならではの役割を果たす資格がわが国にはある。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━ S E E ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ◎「がん治療情報全国ネット」今年の秋に構築◎  
 がん治療の原点である「がん治療情報」がまだ整備されて無い。生き残れたかもしれない癌患者が死んでいっている。地域により、施設により格差がある。その格差を埋めるために、「全国ネット」の構想が、実現化しようとしている。国が乗り出す形で推進される事になった。ユビキタスの時代に、こんな「情報の遅れ」があるのですね。

4日・読売)がん治療情報全国ネット 厚生労働省構築へ 地域拠点病院に窓口
http://www.so-net.ne.jp/news/yomiuri2/social/html/20060104i201.html
『がん治療にかかわる情報を集約・提供する全国的なネットワークを、厚生労働省が今年秋に構築する。治療の地域格差を解消する試みで、全国の拠点病院に「相談支援センター」(仮称)を新設、国立がんセンター(東京・築地)が集約した情報を、患者・家族へ橋渡しする。医師間の個人的な連携は従来からあるが、国が乗り出す形のがん治療情報のネットワークは初めて。がん治療は専門性が高く、病院間で治療法や技術に差がある。学会では、標準的な治療の指針を作る動きが広がっているが、患者や家族には専門的で理解しにくいうえ、病状によって患者一人ひとりの治療法も異なり判断が難しい。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━ B E ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◎肺がん発見の血液診断に2008年実用化◎
 肺がんの早期発見・早期治療のきわめて難しい。レントゲン撮影では、見つかりにくい。CTIとかエコーとか、マーカーで総合的に発見に努力している。マーカーのみの診断は難しい。その血液による診断方法に新しい発見方法が実用化される。
6日・日経)オリンパス 肺がん発見へ血液診断 米社と研究 2008年実用化めざす
http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2006010510209h1
『オリンパスは肺がんの早期発見に道を開く高精度の遺伝子診断技術を開発した。エックス線などによる画像診断が中心で早期発見が難しい肺がんについて、肺の組織に含まれるがん特有の遺伝子を目印にし約8割のがんを判別できることを確認した。この技術を発展させ、2006年春にも血液中の遺伝子を調べて肺がんを早期発見する手法の開発に着手し、08年ごろの実用化を狙う。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信】週2回以上(不定期)        【 読者数 】933人
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
        http://www.ransta.jp/backnumber_358/
【発行人兼編集人】 田村昶三        【 創刊 】2001年7月23日
【 URL 】Home-Page  http://homepage1.nifty.com/s-tamura/  
【 Blog 】 http://s-tamura.cocolog-nifty.com/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。