生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.230-04.12.12] シニアネット(第2世紀30号通巻第230号)

2004/12/12

┏━━ senior citizen net ━━━━━━━━━━━ 2004/12/12 ━┓
  
  シニアネット「おいおい」 第2世紀30号(通巻 第230号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――

  顔見世の隣の席の京言葉        小田 尚輝

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 昭和42年の作。「顔見世」は京都南座の12月興行で、東西の名優が一座を組
む晴れがましい舞台である。「招き」や幟が立てられて賑やかなイベント。舞
妓の姿も見えて、華やいだ観客席は満員である。「隣の席の京言葉」が気にな
る。京言葉の柔らかさがある。「隣の席」の人の役者の話、芝居の解説などの
「京言葉」。いかにも顔見世の感じが良く出ている。
11月24日夕方、南座の北側のレストランで食事をしていた。窓越しに「招き」
をあげる作業を目撃した。京都の風物詩。賀茂川の冷たい風が吹き、師走が一
気の京都の街た。

┏━━ DO  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◎Blogを再開しました◎
 5月11日以来、休眠していたBlogを再開しました。5月11日から、こころぐ
「おいおい」に書き込みをやめました。パソコンを買い換えたり、腰痛で、遠
ざかっていました。どうも虫が修まりません。Blog病気が再発して、12月8日に
再スタートしました。タイトルは「おいおいー2」としました。第2版という意
味です。
 BlogはこのMackyの「おいおい」とそれぞれの良さを補完しあいたいと思いま
す。Mackyはメールで届けられますが、一方的です。BlogはHPのように見に行か
ねばなりません。その分億劫になりますが、双方向です。すぐ反応できる。
どんどんご意見をお寄せください。お待ちしています。 仲の良い兄弟になり
そうです。よろしくお願いします。
Blog「おいおい」のURL    http://s-tamura.cocolog-nifty.com/
朝日)米辞書サイト、検索1位は「ブログ」 大統領選など反映
http://www.asahi.com/business/update/1205/013.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎「北朝鮮の不誠実さ」にどう対応するか◎
今回の不誠実な行為に対し5紙の立場が鮮明に出た。「怒りをこめて抗議する
(毎日)」。「経済制裁か真実を明かすか(読売)」。「小泉首相は決断を(産
経)」。「中国と韓国とも協力した経済制裁を(日経)」。「経済制裁も1選択
しだ(朝日)。
――――――――――――――――――――――――――――――――
毎日・9日付)ニセの遺骨 何という卑劣な仕打ちだ
『日本の政府と国民を愚ろうする行為だ。北朝鮮に対し、怒りを込めて抗議す
る。』
http://www.mainichi-msn.co.jp/column/shasetsu/news/20041209k0000m070149000c.html
読売・9日付)[“遺骨”は別人]「『北』の愚行が自ら制裁を招く」
『拉致問題の全容を明らかにし、解決する意思が、北朝鮮にないのであれば、
経済制裁の発動を検討せざるをえない。北朝鮮が経済制裁を避けるには、誠実
に真実を明らかにするしかない。』
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20041208ig90.htm
産経・10日付)不誠実な北 怒り伝わらない首相発言
『小泉首相は日本のリーダーとして、冷静さとともに国民の率直な気持ちを
内外に発信せねばならない。経済制裁(圧力)は協議(対話)を断つためでな
く、協議から成果を引き出すために発動されるのである。小泉首相の決断が待
たれる。』
http://www.sankei.co.jp/news/041210/morning/editoria.htm
日経・9日付)不誠実な北朝鮮へ経済制裁を視野に
 『経済制裁はそれ自体が目的ではない。目的は拉致問題の解決である。経済
制裁は紛れもなく選択肢の一つである。北朝鮮の不誠実な態度を改めさせるに
は中韓両国を通じた働きかけも欠かせない。』
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20041208MS3M0800A08122004.html
朝日・10日付)遺骨の嘘――総書記はこの怒りを聞け
『北朝鮮に対してはまさに「対話と圧力」である。まず制裁ありきではいけな
いが、制裁もまた選択肢の一つであることを、金総書記は忘れてはいけない。』
http://www.asahi.com/paper/editorial20041209.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎新防衛大綱
新防衛大綱に対して、自衛隊の構造改革の好機だ(産経)。装備や機能でだけ
でなく、法整備を見直し、防衛庁の昇格を提案した(読売)。多機能防衛に節度
をと条件付の賛成論(毎日)。一歩前進だが、近隣諸国との軍備管理協議を視野
にと(日経)。この選択でよいのかと否定的な論調(朝日)と各社の防衛問題に
対する立場が鮮明になった。
――――――――――――――――――――――――――――――――
産経・11日付)新防衛大綱 実効性高める改革の好機
『テロなどの新たな脅威と北朝鮮や中国の軍備増強に有効に対処できる防衛力
を整えようというのは当然だ。従来の着上陸侵攻に備えた「基盤的防衛力」構
想で対処できないのは明白であり、九年ぶりの見直しも遅きに失した感は否め
ない。抑止力と効率化を両立させる自衛隊の構造改革の好機ととらえるべきで
ある。』
http://www.sankei.co.jp/news/editoria.htm
読売・11日付)「安保環境の変化に立ち向かえ」
『大綱を実効あるものにするには、装備や組織だけでなく、自衛隊を機能させ
るため、集団的自衛権の行使容認など、法整備の問題も絶えず見直す必要があ
る。』
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20041210ig90.htm
日経・11日付)戦略環境の変化で自衛隊は変われるか
『一般的に安全保障関係の文書で最も注目を要するのは脅威認識とそれへの対
応である。おおむね妥当な認識である。一歩前進であり、世界規模での米軍再
編、さらに将来は近隣諸国との軍備管理協議も視野に入れた安全保障政策が求
められるだろう。』
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20041210MS3M1000P10122004.html
毎日・11日付)新防衛大綱 多機能防衛に厳格な節度を
『さまざまな脅威に対抗するには「多機能」な防衛力を整備しなければならな
い。だが、専守防衛が基本理念であり、多機能防衛もおのずから節度あるもの
でなければならない。』
http://www.mainichi-msn.co.jp/column/shasetsu/news/20041211k0000m070155000c.html
朝日・11日付)防衛大綱――この選択でいいのか
『日本の防衛政策は、新大綱が示す方向にこのまま突き進んでいいのか。小泉
首相は
「世界の中の日米安保」と言うが、「日米安保の中」だけに世界があるわけで
はない。 』
http://www.asahi.com/paper/editorial.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】959人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】 http://homepage1.nifty.com/s-tamura/ 
【 Blog 】 http://s-tamura.cocolog-nifty.com/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。