生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.212-04.10.09] シニアネット(第2世紀12号通巻第212号)

2004/10/09

┏━━ senior citizen net  ━━━━━━━━━━ 2004/10/09 ━━┓
  
  シニアネット「おいおい」 第2世紀12号 (通巻 第212号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――

日の暮れの富士のそびえの秋風に          中村 汀女

――――――――――――――――――――――――――――――――――
山中湖での昭和36年作。山中湖の山荘に招かれて宿泊した。新宿駅から中央
線で出かけた。後年、そのお世話になった家の隣に家を持ち、夏は山荘ですご
すようになった。富士山に、夕日が沈み赤く染まった空を仰ぐ。4句中の最初
の句。「の」の字が5つもある。他に「山荘の秋の日差しの小間を愛で」と
「の」字が3語ある。昭和37年の正月には「ふるさとに89の年を迎える母あ
り」と前書きして「初富士や母を珠ともたとふれば」がある。昭和60年秋に
は、「稜線の秋指す別れ惜しければ」。「新しき日なり裾野の秋気澄む」と富
士山を詠んでいる。

┏━━ DO  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎“中国「新富人」支配―呑みこまれる共産党国家”(清水美和著講談社)◎
私は、中国に関する座標軸が定まらずに、苦悶していた。その疑問を晴らしてく
れる本を読んだ。「新富人」と「民工」の対立構図を浮き彫りにした新しい「座
標軸」を見つけた。8月の「反日」事件までの情報が収録されている。
著者の東京新聞編集員清水美和さんは、中国に滞在して、つぶさに中国を見てき
た。写真と地図により、イメージが理解し易い。「覇権国家論」ではなく、「経
済大国」中国の実態を現地取材と現地報道で詳細な分析は説得力がある。改革・
開放の中で莫大な財を成した「新富人」による支配が始まっている。
序章“「人民中国」の終焉” から 終章“新富人が導く中国”まで、第4章“
新支配層の誕生「社会の断裂」”が、第5章“都市を包囲する農民の群れ” が
現れた。それに対して、第6章“胡錦濤「親民路線」の本質”、第7章“「人民
外交」との決別”、第8章“あらたな「反日」の台頭”、 と小気味よく読み進
められる。
序章より引用する。『共産党の指導者は一種の記号と化し、イデオロギーはもち
ろん、個人のキャラクターさえ、決定的な役割を果たせなくなった。新たに勃興
してきた一群の人々が中国社会に決定的な役割を果たそうとしていることは間違
いない。「労働者、農民の党」であったはずの共産党は、「新富人」の牛耳る党
に急速に変質している。毛沢東が「大同」(絶対平等主義)の理想を込めて説い
た「人民中国」の終焉という現実を直視し、新たに社会の指導層になろうとして
いる「新富人」、さらにその対極にある「民工」(祖先伝来の土地を離れ都市に
流入した農民)たちの思想と行動を読むことから、今後の中国を占うことを始め
たい。』
http://bookcity.jp/books/4-06-212603-6.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎「老いの思春期」は「老いの哲学」◎ 
60歳は還暦。青年の成人式の20歳にあたる。60代は青年20歳代の「老いの思
春期」、70代は壮年30歳代の「老いの壮年期」、80代は40歳代だが生きて
いる確率は低いので個人毎に違う。青年時代の「思春期」が「人生を生きる」哲
学時代なら、老年期の「老いの思春期」は「死に関する」哲学を模索する時代で
ある。
65歳以上を「高齢者」として、高齢者化率を決める社会的な常識に従うとしよ
う。65歳以上人口は約2千4百万人、75歳以上は約1千万人。65歳から
75歳までに、半数以上が死去する。この厳しい現実を直視しよう。従って、通
過点の70歳の「古希」。77歳の「喜寿」のお祝いの意味が良く理解できる。
今の65歳の人は75歳まで生き残れるのは半数である事を再認識しよう。
従って、「老いの哲学」は、新しい意味で意義が出てくる。「老いの哲学」次第
では、その後の生き方は相当に変わる。多様性のある、個性的な「死生観」であ
り、「人生観」が生まれるはずだ。余分な人生とか、ロスタイムの人生とか考え
ずに、「老いの哲学」の確立が急がれる。それは、宗教でも、医学でもない。哲
学である。
http://book.asahi.com/news/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎「千の風になって」(新井満訳 講談社)◎
作者不詳の詩を英語から日本語訳し、ベストセラーとなった。誰がいつ作った詩
だかわからないが、テロの犠牲者の追悼式で朗読された。マリリンモンローの追
悼式にも使われた。
新井満が日本訳をつけ、CDを出した。昨年8月に朝日新聞「天声人語」で紹介
された。映画が出来た。西洋文明にない、自然回帰である。仏教的な考え方のよ
うだ。大切な人を失った深い悲しみを言葉により乗り越える、12行の英語の詩
である。
書籍「千の風になって」(新井満著)
http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/thousand_winds/
絵本「千の風になって」(新井満文 絵)
http://www.rironsha.co.jp/present/index.html
映画「千の風になって」(金秀吉監督)
http://www.sennokaze.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ 台風22号接近 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NHK)    http://www3.nhk.or.jp/news/2004/10/09/k20041009000019.html
朝日)     http://weather.asahi.com/typh/index.html
読売)     http://www.yomiuri.co.jp/weather/typhoon/
毎日)     http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/
日経)  http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20041009AT1G0900L09102004.html
産経)     http://www.sankei.co.jp/news/041009/sha020.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】978人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】Home-Page  http://homepage1.nifty.com/s-tamura/  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。