生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.202-04.09.01] シニアネット(第2世紀第2号第202号)

2004/09/01

┏━━ senior citizen net ━━━━━━━━━━ 2004/09/01 ━━┓
  
  シニアネット「おいおい」  第2世紀 第2号 (第202号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――

  八月尽の赤い夕日と白い月          中村 草田男

――――――――――――――――――――――――――――――――――
アテネオリンピックの寝不足と高校野球の八月は終わった。八月は満月が2
回あった。私もビルの屋上から八月の美しい赤い夕陽を見て感動した。その
夜中に、白い満月をみた。夕陽の真っ赤な太陽の落日をみていたせいか、白
い満月に二度感動した。
夕陽の美しい瞬間は短い。毎日、違う。円形の太陽が沈む時もあり、半円形
の太陽が上の部分のみ沈むときもある。雲の色は、毎日違う。絵の具では、
描写しれない。ビルの屋上から見た自然の織りなすショーである。写真には
撮影し損なった。

┏━━ DO  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎アテネオリンピックの残したもの◎
オリンピックは終わった。アテネが「廃墟の街」で、市民もそれを誇りにして
いるとは知らなかった。今更、新しく再構築しない。廃墟のままで美しい。ま
た、時間にルーズな国民とは。南イタリアより時間を守らない。
1千万人の人口で、あれだけのイベントを完遂した。素場しい民族である。エ
ーゲ海の美しさを活かした。開会式は成功だった。自然の素朴さを認識させ、
オリンピックの原点を再確認させた。
メダル奪取競争になっていなかったか。メダルは奪い取るものではない、尊敬
と感動を与えた者に与えられるものだ。古代オリンピックは、勝者には月桂冠
のみだった。それもすぐに、神殿に供えられた。
4年という機関は、国家にとり、賞味期限である。オリンピックに国を抜いて
は考えられない。中国、米国がどう変わるだろうか。次回の2008年の北京
大会に両国はどう変わるだろうか。勿論、日本も。
読売)      http://www.yomiuri.co.jp/athe2004/index.htm
朝日)      http://www2.asahi.com/2004athens/index.html
日本経済)    http://sports.nikkei.co.jp/athens/
毎日)  http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/feature/2004olympic/
産経)   http://www.sankei.co.jp/databox/oly2004/index1.html
NHK)     http://www.nhk.or.jp/olympic/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎日本にいても「時差ぼけ」◎
人間の時計は、1日24時間よりすこし長いそうだ。時差ぼけになる。毎朝、
朝日に当たると、「時差ぼけ」が治るそうだ。オリンピックの連夜の寝不足の
解消をかねて、やってみますか。太陽にあたらないいと、昼と夜が逆さになる
人はこの「時差ぼけ」のせいだろうか。時々、朝日にあたるとしましょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎「ラジオ深夜便」が戻って来た◎
オリンピック放送が終わり、静かな日常に戻った。アンカーの懐かしい声が
再び、聞ける。
雑誌「ラジオ深夜便」の9月号は創刊50号である。アンカー卒業生だより
が興味を引く。河村陽子、松川洋右、日野直子、小高昌夫の生き方に特徴が
ある。「こころの時代」の再録は斉藤孝「健康な心と体は呼吸法から」(5
月16日、17日放送より)
http://www.nhk-sc.or.jp/radio/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】982人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】Home-Page  http://homepage1.nifty.com/s-tamura/  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。