生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.195-04.08.05] シニアネット(第1世紀第95号第195号)

2004/08/05

┏━━ senior citizen net ━━━━━━━━━━ 2004/08/05 ━━┓
  
  シニアネット「おいおい」  第1世紀 第95号 (第195号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――

跳躍台人なしプール真青なり           水原秋桜子

――――――――――――――――――――――――――――――――――
昭和13年の作。「跳躍台」は飛び込み競技の時に使用する高い台。やがて始
まる飛び込み競技の前に真白な跳躍台に人の姿は見えない。「プール」の水も
静まり「真青なり」である。やがて始まる競技の前の緊張した静けさである。
競技が始まれば、騒然としてくるが、競技の前の静けさ。競技開始直前の、静
か瞬間である。青色と白の色彩が美しい。「ピストルがプールの硬き面にひび
き」(山口誓子 昭和11年の作 )とは違う「瞬間」がある。両者の「瞬間」
に対する表現が、秋桜子は色彩で、誓子は音で表現した。

┏━━ DO  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎プールの監視員◎
小3と小1の孫の「もり」で、久しぶりのプールに行った。子供を育てたとき
の様に、責任感も薄く、唯ぼんやりと、子供たちの泳ぎを見ていた。入場料が
65歳以上は半額で250円であり、安上がりのスポーツである。孫たちは、
水が流れるプールで、楽しく遊んでいた。プールに入って、孫たちと遊ばなく
て良いから助かる。
小さな孫と水遊びしている老人夫婦。子供と鬼ごっこをする幼児たち。浮き輪
で泳ぐ子供たち。色気が出て監視員の学生アルバイトと戯れ言をいう中学生。
泳ぐ人を観察しているだけで楽しい。プールサイドで、読書をするのも良いだ
ろう。
孫たちを自由にさせていたら、3時間も泳だ。小1は、すっかり疲れて、帰り
には歩く力がなくなった。ちょっと時間が長かつた様だ。孫のおもりは、自由
放任が良いと思う。自己責任を取る癖をつけるチャンスでもある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎アジアカップの反日感情は中国政府の責任◎
中国で開かれているサッカーアジアカップが、「反日」一色に染まっている。
国歌の演奏中,ブーイングを辞めない観衆は世界中のどんな国もない。中国で
反日感情が高まったのは、一九九〇年代半ば以降のことである。とりわけ戦
後五十年の節目となった九五年、江沢民政権は、「愛国団結」を訴える「抗
日戦勝キャンペーン」を大展開した。 こうした行動を中国民がとるのは、中
国政府自身の教育の結果である。重慶のゲームでは、日本人サポーターに物
を投げつけ、日本チームを乗せたバスを囲んで罵声(ばせい)を浴びせる、
といった不穏な動きまであった。このままでは、2008年のオリンピック
 の開催が危ぶまれる。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20040804ig90.htm
http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20040804if21.htm
http://www.sankei.co.jp/news/040805/sei003.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◎コンビニ中高年仕様に変更◎
コンビニがシニア仕様に変更している。弁当や総菜類の中身を中高年むき
にしたり、店舗のバリアフリー化したりしている。コンビニに慣れ親しんだ
「コンビニ世代」の高齢化は今後もますます進む。この分野での成果が業績
の明暗を分けかねないと力を入れてるようである。
http://www.asahi.com/business/update/0802/093.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】1432人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】Home-Page  http://homepage1.nifty.com/s-tamura/  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。