生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.191-04.07.16] シニアネット(第1世紀第91号第191号)

2004/07/16

┏━━ senior citizen net ━━━━━━━━━━ 2004/07/16  ━━┓
  
  シニアネット「おいおい」  第1世紀 第91号 (第191号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――

  真向ふに東山あり鉾進む       野村泊月

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 昭和4年の作。祇園祭は京都の八坂神社の祭礼である。17日は山鉾巡行。
山鉾は、動き始めてまもなく、四条通りを東へ進むと、正面に東山が見える。
巡行の行列は四条河原町で北へ方向転換する。壮観である。河原町を進み御
池通りを西に曲がり、コンチキチンの囃子に囃され御旅所へ戻る。太陽の光
が強く、京都の夏は暑い。山鉾を引く人、見物する人、みんな汗だく。素朴
な昭和初期らしい句である。作者は1882年生まれ1961年没。

┏━━ DO  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◎夏休み◎
非常勤講師をしている大学の春学期の授業が今週で終わった。解放感にした
っている。今年は、腰痛で悩まされながらの授業だったので、解放感が大き
い。今週から、蝉も鳴き始めた。大学生の1年生の時に、味わった夏休みの
醍醐味と同じだ。夏休みを楽しく思うのは、47年ぶりである。時間の拘束
を受けなくてすむ夏休みになった。
今年の夏休みの宿題はないが、まもなく来る8月15日の終戦記念日。戦争
と平和についいて考えてみたい。半藤一利著の「昭和史」1926−1945
(1680円 平凡社)を読みはじめた。戦前の日本を勉強してみたい。戦
前の日本は平和なのにビックリしている。どうして世界大戦を始めたのだろ
うか。昭和史の大疑問を学習してみたい。
http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/frame.cgi?page=browse.cgi&code=454030
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎      本人確認の証明書◎
前号(第1世紀90号)で、選挙投票所の「本人確認方法」の記事に対して、
広島市の小山さんから広島市の方法をお知らせ頂いた。
―――――――――――――――――――――――――――――――
「今回の記事の中で、「選挙の受付のとき本人確認が出来ていない」とのこ
とですが、大阪ではどういう受付をされているのかよく理解できません。小
生のところでは、送られてきたハガキを受付で提出すると姓名と「生年月日」
を聞かれます。それで本人確認は十分だと思うのですが。ただ、毎回小学校
へ足を運ぶのはくたびれます。学校が坂の上にあるので、これから年を取っ
ていき、車の運転もままにならなくなると、投票に行くのが大変になります。
が出来るようになればコストも安く、集計も早く、便利になりますね。」
―――――――――――――――――――――――――――――――
大阪府の場合は、本人確認をしていない。病院でも、生まれ月日を聞かれる。
あまり意味がない。証券会社の取引も電話番号とか生年月日である。パスワ
ードとしての効力は薄い。金融機関の届け出印鑑は最悪である。本人確認は、
写真付きの公共のカードが最良に思う。
投票の時に窓口で、事前に送られた「投票所入場券」での確認より「住民基
本カード」の方が、費用が不要ですむ。番号のonlineでの確認のみで良い。
窓口受け付けの人員も削減できる。投票が電子投票になれば、締め切りと同
時に、当落が決まる。投票集計の楽しみは無くなるが。
年金受給者が現況届の提出も改善したい。106歳の人が生きていると騙し
た事件も、住民基本カードをもっと活用すれば、避けられた事件ではなかろ
うか。本人確認をいい加減にしている役所仕事の結果である。
金融機関の本人確認  http://www.fsa.go.jp/honninkakunin/honninkakunin.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎雑誌「通販生活」(夏号 180円)◎
「暮らしの道具と暮らしの流儀を考える」の表紙に書かれている。あまりに
も安い雑誌である。あれも買いたい、これも買いたいという訳ではない。情
報が面白い。「道具の王様はこれだ。」とか「イチ押しベスト20」とか「あ
なたは戒名を必要としますか?必要としませんか?」。硬い記事もある、「憲
法九条と私」と「スイスに学ぶ国民投票のルールとは」と「イラク戦争と劣化
ウラン弾」と「世襲議員は是か非か」とうの記事がありシニアにも楽しめる。
http://www.cataloghouse.co.jp/tsuhan/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ BE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◎平成16年7月新潟・福島豪雨」で高齢者多数死亡◎
痛ましい事件が起きた。高齢者の災害弱者の典型のような死者が出た。「新
潟・福島豪雨」による死者は、70―80歳代のお年寄りばかり計12人。
うち3人は1人暮らしで、3組は夫婦2人だけで生活しており、寝たきりの
夫を助けることができなかったケースもあった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20040715it14.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】1441人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】Home-Page  http://homepage1.nifty.com/s-tamura/ 
        Blog     http://s-tamura.cocolog-nifty.com/oioi/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。