生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.188-04.07.02] シニアネット(第1世紀第88号第188号)

2004/07/02

┏━━ senior citizen net ━━━━━━━━━━ 2004/07/02━━┓
  
  シニアネット「おいおい」  第1世紀 第88号 (第188号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――

神にませばまこと美はし那智の瀧       高浜虚子

――――――――――――――――――――――――――――――――――
昭和8年4月10日南紀での作。「那智の滝は大変美はしい滝だと思った。華
厳の滝ほど勇壮ではないが、あたりの岩なり、林立している杉の大樹なども姿
がよく形がととのっていた」とこのときのことを書いている。「神にませば」
は那智の滝が御神体であるから、そのありがたさが、「まこと」で「美はし」。
「那智の瀧」は長い割には幅が狭い。その瀧が神の美はしさを表現している。
「瀧」は7月の季語。熊野三山も世界文化遺産に1日(木)決定した。那智の
瀧は落差133mで日本一。          

┏━━ DO  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◎「紀伊山地」世界遺産登録決定◎
1日(木)はビッグニュースが報道された。「紀伊山地」が世界資産に登録が
決まった。
(1)自然崇拝を起源とする霊のこもる聖地の熊野三山―和歌山県(2)空海
が開いた高野山―和歌山県(3)山岳修行の中心地の吉野・大峯―奈良。3霊
場とこれらを結ぶ熊野古道や大峯奥駈道(おくがけみち)、高野山町石道の参
詣道で構成される総延長307.6km。
自然崇拝に根差した神道と中国伝来の仏教、その両者が結びついた修験道とい
う多様な信仰形態が同じ地域に残る、比類のない霊場・巡礼の道として評価さ
れた。沿道の森林と一体となり独特の「文化的景観」を成している。対象地域
は3県29市町村に及ぶ。
こうした世界遺産を大切にしたい。また、近くなので、できるだけ現地へ赴き
たい。
http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20040701ic10.htm
http://www.asahi.com/culture/update/0701/008.html
http://www.sankei.co.jp/news/040701/sha129.htm
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20040702AT1G0101X01072004.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20040702k0000m040158000c.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎「プチ犯罪の絶滅を」に対する読者からの投稿◎
3人の方から、原稿を頂きました。小さなもんだいですが、大きな社会問題で
す。社会全体として、大きな渦にする責任を感じています。皆様のご協力をお
願いします。
――――――――――――――――――――――――――――――――
◎兵庫県の中尾さん、「日本をだめにした不作為の罪」◎
日本をここまで駄目にしたのは不作為の罪だと思います。本来、自分の役目を
果たさなければならない人が知らんぷりをして責任を果たさなかったからだと
思います。 確かに意見を言ったり注意をすれば問題に巻き込まれ、煩わしく
なりますがそういうことをしていかないといい社会は作れないと思います。 
多少面倒に巻き込まれることを覚悟で言うべきことは言い、やるべきことはや
っていきましょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◎大阪府の寺村様より「ブロークンウィンドウ理論に協力」◎
私の住んでいるS地区では、ご指摘のような光景は見かけていません。「どこ
でも同じ」という回答は、責任逃れの典型のような気がします。地域の大人が、
組織が力を合わせて、小さな迷惑犯罪行為を防止していくことが必要だと思い
ます。(当地区には、そのような協力関係があるとは思いませんが・・・)
ところで私事になりますが、この6月末で退職することにしました。日中市内
を歩く機会が増えますので、出きる限り、ブロークンウィンドウ理論に沿って、
協力していきたいと考えています。
――――――――――――――――――――――――――――――――
◎ 大阪府の西元さん「H市の場合」◎
「38年間、公立高校に勤務した身として責任の一端は己にもあると反省しつ
つの感想です。」と原稿をいただきました。添付ファイルには、当時の実態が
よくわかる書類がありました。今回は添付ファイルは添付しませんでした。

ご指摘の女子中学生の「非行」事例は、日本中の至る所でほとんどの人が目に
し、様々な対応をし、その結果それぞれが不愉快な、またむなしい思いを抱い
ている事柄ではないでしょうか。

以下は私の経験した事例と現状です。
私の家のすぐ近くにH市立の某中学校があり、10年以上前に愚息2人も卒業
しました。昭和56年、住宅開発による人口増加で開設された中学校です。
3年前の5月下旬でしたが、?私の家の前の、地元の農家の畑のフェンス沿い
に自転車が毎日放置される、?近くの公園での喫煙、?授業中のエスケープ等
々が、目に余る状態で、注意しても効き目がなく、業を煮やして学校に電話し
ました。
私の愚息2人の母校ですし、私も公立高校に勤務して?通学マナー、?喫煙、
?その他「非行」について、近隣からの匿名の苦情を受ける立場にありました
から、一方的に非難、批判することのないように注意して話しました。
教頭先生と話し、学校の努力のほども聞き、後日「生徒指導主事」の先生も説
明に見え、直接話しました。
向かいの畑の地主さんに協力願ってはいかが、とか、協力して声かけをしまし
ょう、程度の話しかできませんでしたが、3年後の今日、上記3項目について
は目につかなくなっています。
今の時期ですから、屋上プールでの水泳指導の時間も先生の気合いの入った声
が聞こえてきて学校がいい方向に変化したことが実感できます。
知人が、同校のPTAの役員をしており、先日聞きましたら、市内でも落ち着
いた学校の一つとして評価されている、それに反して、しばらく前まで評判の
よかった別の中学校が荒れている、ということでした。

ご参考までに私が学校に電話した当時の、公開授業の試みについての、学校か
ら出された礼状を別添ファイルで送りますのでご覧下さい。当時の学校の実情
と校長以下教職員が必死に対応している様子が伝わってきます。

それにしましても一つの中学校が立ち直るともうひとつが荒れ、全体としては、
眉をひそめる、憂慮すべき事態が日常化しているのが、今日の学校の実情では
ないでしょうか。特に、女子の横着さが目に余ります。

「おいおい」の中の「地域の人たちの協力により、住みよい安全なコミュニテ
イをつくるために、協働(コラボレーション)しませんか。中学の学校関係者
のみに押しつけることは避けたいと思います。まず常識ある地域の人たちの知
恵を出し合いませんか。」に大賛成ですが、それとともにこういう子どもたち
が生まれてくる原因にも目を注ぎ、根本から解決する努力が必要なように思い
ます。
端折って言いますと私は西尾幹二氏他が発せられた「国家解体阻止宣言」
(『Voice』3月号)が大きなうねりとなることを期待しています。
西尾氏たちの「九段下会議」は教育の現状について、次のように言います。
相次ぐ低年齢残虐事件、小学生女子児童売春事件に、ときの文部科学大臣は道
徳的な怒りを表明したが、われわれにいわせれば、ことここに至らしめたのは
文部科学省のこれまでの教育観であり、そこに「道徳的怒り」を表明したい。 
考えてみていただきたい。戦後のすべての教育関連の審議会は無反省に「自由
化」と「個性化」を言いつづけてきたが、世の中の旧い仕来りがなくなった現
代の社会で、子供たちになおも「自由化」と「個性化」を説くことが何をもた
らしただろうか。 
解放されて砂漠のような精神状態の社会において、よりいっそうの「自由化」
と「個性化」を説くことは自己崩壊を引き起すだけである。多少ましな子は怠
け心を育てられ、大人の社会を甘く見て、子供のくせに一人前のつもりになる
異形成長をとげる。そこまでもいかない子は、自由の中の一層の自由の誘惑に
は、暴力と非行をもって応えるだけである。(「国家解体阻止宣言」の一部)
私は、長崎県佐世保市の小学校6年生女児の同級生殺害事件に戦慄を感じます。
そして、文部省、教育委員会など教育関係機関や教育関係者が、命の大切さと
か、サインを見落とすな、とか、関係者の協力などと実効性のない通知、通達
を流し、責任逃れとしかいいようのない対応をしていることに腹立たしさを感
じています。
時、あたかも参議院議員選挙の最中ですが、年金、イラクは争点になっても現
下の教育をどうするかの切実な訴えは聞かれないように思います。
アルコール、たばこの自動販売機がこんなに溢れているのも日本だけではない
でしょうか。デンマークのコペンハーゲンでの経験ですが、23時には、コン
ビニのアルコール販売ケースは施錠されていました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎文芸春秋 第二人生 暮らしの設計図◎
2004年7月臨時増刊号 6月25日発売  定価950円
“特集 団塊の世代の「老テク講座」―生き甲斐の見つけ方“は参考になる。
第9講のインターネット パソコンは、肉体の衰えを補う道具である (荒川
じんぺい)はその通りと思った。
文芸春秋臨時増刊号の目次サイト
http://www.bunshun.co.jp/mag/extra/2ndjinsei/index.htm
老テク情報源に紹介されたサイト。
第9講 シニアサイト
http://senior.puresoul.com/
第9講 熟年夫婦の遊々旅行
http://homepage1.nifty.com/fuufuyuuyuu/
第1講 再就職に役立つサイト
http://www.hellowork.go.jp/
http://www.job-net.jp/
http://www.sjc.ne.jp/
第2講 ボランテイア
http://viva.cplaza.ne.jp/
http://nalc.jp/
第3講 趣味
http://allabout.co.jp/family/seniorlife/
http://www.senior-navi.com/main.html
http://www.slownet.ne.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】1443人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】Home-Page  http://homepage1.nifty.com/s-tamura/ 
        Blog     http://s-tamura.cocolog-nifty.com/oioi/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。