生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.187-04.06.26] シニアネット(第1世紀第87号第187号)

2004/06/26

┏━━ senior citizen net ━━━━━━━━━━ 2004/06/26━━┓
  
  シニアネット「おいおい」  第1世紀 第87号 (第187号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――

  かたつむり甲斐も信濃も雨のなか        飯田龍太

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「かたつむり」が動くともなく這っている。雨を喜んでいるようだ。眼を遠方
に向けると、「甲斐」の山や、その向こうに「信濃」の山々がみえるはずだ。
長雨に閉ざされたような世界が煙るように拡がっている。遠近法を使った、ゆ
ったりとした句である。「甲斐も信濃も雨のなか」は旧国名と戦国武将のイメ
ージが浮かぶ。「蝸牛」を「かたつむり」とかなで書いたのは、視線を転じる
ゆとりを与えるためだろう。

┏━━ DO  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎プチ犯罪の絶滅を◎
下記のような手紙を、19日(土)に、商店会の会長、中学校長、郵便局長、警
察署長に郵送しました。それぞれから電話を頂きました。警察からは近所の駐
在所から警官の訪問を受けました。皆様それぞれ、いろいろ対策するが、効果
がないと言うことでした。郵便局はガードマンを私費で雇用していたが、次々
に辞めたそうです。最後の言葉は「どこの地区でも同じ状態ですから。」でし
た。力を合わせてかかれないかと思案中です。
全国的な傾向なら、「プチ犯罪」の抑止を徹底的に行わなければならいと思い
ます。NHKの「ご近所の底力」のお助けを借りたい気分です。皆様の地域で
はどうでしょうか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
平成16年6月19日
拝啓 梅雨の候、益々ご清栄のことと大慶に存じ上げます。
6月18日(金)午後3時頃、三原台近隣センターの三原台郵便局のATMの
前に、女子中学生が、8−10名くらい、地べたに座り、煙草を吹かし、ジュ
ースを飲んでいました。郵便局へ、用事があつたのですが、出入りには、なん
とかなりました。ATMの利用はできません。郵便局の責任者らしい人に、
「注意してください。」と言いましたが、返事せず無言で、中に入り隠れてし
まいました。郵便局の出入り口付近で、「非常識な行為」がなされているのに、
正そうとしない。「割れ窓の理論」からすると、郵便郵便局はきわめて危険な
金融機関ということになります。金融機関としての自覚はないのでしょうか。
犯罪の誘発要因が潜んでいるように思います。民間金融機関では、考えられな
い事件でした。
さらに、ショッキングな事件に同日5時頃、泉ヶ丘からの帰途に遭遇しました。
3人の女子中学生が、最初は通路に。次回は、2人で団地の空き地へ「豆花火」
を投げています。地上で、爆発します。まるで、爆弾が爆発したような音がし
ます。「何をしているの。やっていることがわかるの。」と注意をしました。
馬耳東風です。団地から、中年の人が出てきて、追い始めました。中学生は、
常習らしく、逃走してしまいました。実に速い逃げ足でした。三原小学校の前
の坂道を「三原台1丁3番地方面」へ逃走しました。
悪戯にしては、許される限度を超えています。ライターを携帯していました。
放火に拡大しなければと懸念しました。腰痛で、走れないので、私は諦めまし
た。地元の中学生か、どうかは不明です。制服であったことには間違いありま
せん。
実情は中学校の学校関係者や親御さんはご存じなのでしょうか。放置してよい
ことではないと思います。2つの事件に遭遇して、白昼に市民の目のある前で、
許し難い現象だと思います。しかも、大人が見て見ぬふりをする。それを良い
ことに、したい放題のことをする。ある程度の「秩序と規律」が大切だと思い
ます。
前者は、休日に、野球をした大人が、車座になり、ビールを飲んでいる光景を
見慣れています。この「宴会」から自粛しなければなりません。また、2−3
人の女子中学生が、地べたで、煙草を吸いながら、ジュースを飲む風景はよく
見かけます。煙草の自動販売機の自粛運動も起こさないといけないのではない
でしょうか。未成年者には煙草を売らないことを徹底すべきです。
後者の事件は、「犯罪」です。しかも、今の内に「止めさせない」とエスカレ
ートしていきます。少年犯罪に、男女差がなくなっています。地域の人たちの
協力により、住みよい安全なコミュニテイをつくるために、協働(コラボレー
ション)しませんか。中学の学校関係者のみに押しつけることは避けたいと思
い意思います。まづ常識ある地域の人たちの知恵を出し合いませんか。関係者
の皆様のご賢察をお待ちします。
                              敬具
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ 新聞の「参議院選挙特集」アラカルテ◎
やっと5紙に、選挙特集が組まれた。参考にしてください。「良識の府」で
すから、選良な投票をしましょう。不在者投票や在外在住者の選挙がはじま
りました。「比例区(全国)」は、得票順に当選が決まるだけに、「党名でな
く、私の名前を」と「残酷区」の復活の兆しが見えたようだ。
読売新聞)特集 参院選2004
http://www.yomiuri.co.jp/election/
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2004/news/20040625ia23.htm
朝日新聞)特集 2004参院選
http://www2.asahi.com/2004senkyo/
http://www2.asahi.com/2004senkyo/news/TKY200406250101.html
日本経済新聞)特集 2004年参院選挙
http://www.nikkei.co.jp/senkyo/200407/
http://www.nikkei.co.jp/senkyo/200407/elecnews/20040625c1g2501y25.html
毎日新聞)選挙面
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/news/20040626k0000m010077000c.html
産経新聞)参院選2004
http://www.sankei.co.jp/databox/election2004/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎高齢者高額医療費の請求を忘れていませんか◎
1932年9月30日以前に生まれた人が、医療費を1割払い、自己負担限度額を超え
た部分について、市町村に申請すると、払い戻しを受けられる。払い戻し請求
の時効が2年。
2002年10月に制度が開始されたから本年の10月に時効が成立するが、医療費を
払ってから2年間の払戻期間を、対象者に申請を促す通知が届いてから2年に
する。 
http://www.asahi.com/business/update/0625/053.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ シニアの知恵 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎「割れ窓の理論」◎
1994年以降、凶悪犯罪を60%以上も減らしたニューヨーク市の対策として取
り組んだ、「割れ窓理論」(ブロークン・ウインドウズ)が注目されはじめ
てきました。
この割れ窓理論というのは、米国の犯罪学者ジョージ・ケリング博士が唱え
たもので、あるビルの1枚の窓が壊された状態で放置されると、監視の目が
行き届かないと見て無法者が入り込み、いずれ大きな犯罪につながっていく。
1つの無秩序を放置することにより地域社会の秩序維持機能が弱まり、犯罪
は増加するというもの。小さな芽のうちから摘む"ことが大切だと説いている。
身辺で多発する小さな犯罪に、警察と地域住民が力を合わせて取り組む。そ
れが重要犯罪も防止するという考え方。
ニューヨーク市では市警察職員約2万人の大量増員を行った上で、この「割れ
窓の理論」に基づき、街頭における軽犯罪の徹底した取締りと並行して薬物・
銃器対策、少年犯罪対策等を推進し、画期的な効果を挙げました。
http://www.iwate-np.co.jp/ronsetsu/y2004/m06/r0603.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】1441人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】Home-Page  http://homepage1.nifty.com/s-tamura/ 
        Blog     http://s-tamura.cocolog-nifty.com/oioi/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。