生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.183-04.06.06] シニアネット(第1世紀第83号第183号)

2004/06/06

┏━━ senior citizen net ━━━━━━━━━━ 2004/06/06 ━━┓
  
  シニアネット「おいおい」  第1世紀 第83号 (第183号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――

あじさいの色にはじまる子の日誌          稲畑 汀子  

――――――――――――――――――――――――――――――――――
「これは私の一連の子育て俳句の一つです。小学校に上がった長男が初めてつ
けた日誌をみると、青く塗られた紫陽花が大きく描かれていました。まずその
色に興味を持った子供の素直な目に私は感動したのでした。」(稲畑汀子著
「俳句12ヵ月」より)。日誌とは、何かの資料にするための日録で、航海日
誌とか宿町日誌とか。紫陽花が日々変化していくように、子供の日誌も成長し
ていく。子の成長を見守る母の心が美しい。高浜虚子の曽孫のDNAか。

┏━━ DO  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◎拉致家族の調査の難しさ◎
北朝鮮の百数十人という拉致家族の調査依頼を北朝鮮にしているが、てぬる。
日本の国家機能を上げて、大調査をしないといけない。時間がたちすぎている。
26年も27年も放置していた国家の責任を感じて、北朝鮮へ乗り込んでも調査を
しないと埒はあかない。信頼できない国の調査など、泥棒に、泥棒を探させる
ようなものだ。
最近、私が広島市の出身者ということで、「被爆者の田村さん夫妻」の消息を
聞かれた。広島市役所に問い合わせたが、被爆者名簿は戦後数年たってから届
け出のある人以外は、調査できない。広島高師に学徒動員していた息子さんの
消息を尋ねたが、卒業生以外は無理。地元の歴史家に調査方法を聞いたが、地
道な調査以外は無理とアドバイスを受けた。広島市の原爆死亡者にも、消息不
明者が多数いらっしゃることも知った。氏名は存在するが、消息不明とは。被
爆地も不明である。勿論、死亡診断書もない。引き継き調査をするが、埒はあ
かない。
北朝鮮の拉致家族は、他国である。精力的に調査しないと無理だ。「他人任せ」
で解決するほど、「極楽とんぼ」ではない。時間がたちすぎた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◎定年65歳までは雇用は不要◎
65歳までの雇用継続を企業に義務付ける改正高齢者雇用安定法が5日(土)、
年金改革法案とともに参院本会議で可決、成立した。年金の支給開始の年齢が
段階的に引き上げられるのに合わせ、雇用確保義務の年齢も2013年まで段
階的に引き上げる。対象者は原則として希望者全員だが、労使協定や就業規則
などに規定すれば選別できるなど企業側の裁量の余地も残した。定年は60歳
でよいと思う。5年間は充電期間にして、第2の人生を楽しむための準備期間
としたらよい。65歳までの雇用延長は、不要な配慮だと思う。
http://www.asahi.com/politics/update/0604/014.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎映画「ビッグ・フィッシュ」◎
父と息子の心の交流を「おとぎ話」(フィッシュ・ストーリー)で描いた。映画
のすばらしさを玉手箱に詰めたような感動作である。父の法螺ふき話と父親に反
発して、事実を追うジャーナリストになる息子。臨終の床でも法螺話をする父親
に、「本当の父さんを見せて」と願う息子に、「見えないお前が悪い」と返す父。
やがて、父親の真実を見つける息子。それは、父親の最期の時だった。人生は
「おとぎ話」なのだろうか。ファンタジックな感動作である。
http://www.big-fish.jp/contents.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  読者から ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都府の富岡さんから第180号の“再訪問の評価「緊急世論調査結果」世論
は冷静”の記事に関して、「日朝首脳会談の評価」に対する投書を頂きました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 週刊エコノミスト2004.6.8 P11〜12 には “「からかわれた」
戦後最大の敗北外交”の見出しで重村早大教授の記事が出ている。小生はこれ
に同感する。是非一読されたい。横田さんが「最低の結果」だと言うゆえんは
ここにある。譲歩しただけではないのか。拉致不明者の話は表に全然出てこな
い。
脱走兵についてあまりに無知ではないか、普通軍法で敵前逃亡は死刑だろう。 
アメリカは世界中で戦やっている。昨年オーストリアに行ったとき聞いた。
ドイツとオーストリアでは、未だに「サウンド オブ ミュージック」は放映
されていないと。彼らからすればこれは「脱走者の物語」だ。英雄に出来るは
ずがない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ 小6殺死事件 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◎「バトル・ロワイアル」とは◎
佐世保市の小6年生の少女(11)がHPで、自作の同名の小説を掲載したと
いう。高見広春さん原作の「バトル・ロワイアル」は、政府によって無人島に
集められた42人の中学生が生き残りをかけて殺し合うというストーリーであ
る。
http://www.suisen.sakura.ne.jp/~kyo/battle/
読売新聞 6月4日)自作の「バトル・ロワイアル」をHPに掲載…長崎女児
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20040604i206.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  テレビ映画 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あのオードリー・ヘップバンがNHKのBS2にもどってくる。
7日(月)午後8:00 「麗しのサブリナ」(1954年米、字幕 115分)
8日(火)午後8:00 「パリの恋人」(1957年米 字幕)
9日(水)午後8:00 「シャレード」(1963年米 字幕 114分)
10日(木)午後8:00 「パリで一緒に」(1963年 字幕)
11日{金}午後8:00 「許させざる者」(1960年 字幕) 
19日{土}午後1:30 「マイ・フェア・レデイ」(1964年米 字幕)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】1422人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】Home-Page  http://homepage1.nifty.com/s-tamura/ 
        Blog     http://s-tamura.cocolog-nifty.com/oioi/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。