生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.152-04.02.26] シニアネット(第1世紀第52号第152号)

2004/02/26

┏━━ senior citizen net ━━━━━━━━━━ 2004/02/26━━━┓
  
  シニアネット「おいおい」  第1世紀 第52号 (第152号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━   shozo.tamura@nifty.com   ━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  
   提灯にさはりて消ゆる春の雪        谷崎潤一郎
    
――――――――――――――――――――――――――――――――――
季語の「春の雪」が文豪らしい。関東大震災以後、30年以上関西に住み、大戦
中に弾圧を受けながら執筆した小説「細雪」。太平洋戦争で滅んでいく古い家
族と関西の老舗の生活を描いた。厳しい寒さではないのに、淡い雪はすぐに解
ける。明るく軽く頼りないが、「消ゆる春の雪」は美しい。「提灯にさはりて」
も、滅び行く旧家族のぬくもりを表現した。小説の舞台は昭和11年(1936)の秋
から大戦の始まる昭和16年春で終わる。「細雪」は戦争と弾圧の中で執筆され
た。「春の雪」と「細雪」は違うが、この句と小説が二重写しになる。文豪の
戦争に対する姿勢が小説「細雪」中から読み取れる。

┏━━ DO  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎アメリカ在住の ポール・佐藤さんの寄稿◎
前第151号で引用した中村草田男俳句の「勇気こそ地の塩ならや梅真白」に対
する感想文です。25日(水)に全米で公開された映画「パツション」(メル・
ギブソン監督)に関するレポートでもあります。現在、アメリカでの一番ホッ
トな話題です。

地の塩となれの聖書の引用はいいですね。日本人にはキリスト教の本来の意味
がどうも理解できないのでしょう。私は過去五十数年もクリスチャンでありな
がら、いまだに、イエスキリストの人格そのものを、自分の救い主として受け
入れられないのです。
メル・ギブソンのイエスキリストの受難という、彼自身の見解の映画が明日公
開されます。全米が喧々諤々として、共感、反感、ねたみ、嫌がらせが一杯の
メディアです。ユダヤ人は反ユダヤだと批判するし、カトリックはキリストに
たいして冒涜であるという、ギブソンが自分の財産を3千万ドルも費やして、
作るのであるから、金儲けが目的ではないと思う。それにしても、宗教が現代
人にたいする意味が何なのか不思議である。
イスラム教徒は、ユダヤ人やクリスチャンを殺すことでアラーの神様から天国
行の保証を受けると信じているのだから、自爆する人たちが絶えないのです。
もし、そんな神様が、政治家のでっちあげた発明としたら大変でしょうね。

詳細は、メル・ギブソンと映画「パッション」に関するサイトを参考にしてく
ださい。
http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFRJAPAN-137998/
http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFRJAPAN-139032/index.html
http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFRJAPAN-138917/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ 介護保険を知っておこう◎ 
介護保険は満65歳以上の人が対象です。元気なシニアは、保険を受けないこ
とが勲章です。75歳以上になると、50%以上の人がお世話になります。保険
の状況を知っておきましょう。               
●介護保険利用増加●
介護保険サービスの利用者が急増した。2003年11月末時点の要介護認定者は
374万人となり、2000年4月の制度発足時に比べて71%増えた。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20040226AT1F2501E25022004.html
●介護保険給付額も地域により格差●
介護保険サービスは財源の5割は40歳以上が負担する介護保険料で、このうち
65歳以上の保険料は各市町村が地域の事情に応じて独自に決めている。2002
年度の1人当たり給付額の全国平均は年約19万3000円。1人当たり給付額が多
いのは長期療養型病院や特別養護老人ホームなどの介護施設への入所者が多
い地域。沖縄や高知など。身体の衰えがちな75歳以上人口が多い鹿児島、徳
島など長寿県もサービス利用者が多くなり、給付額が多い。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20040226AT1F2501A25022004.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◎企業年金を知ろう◎
公的年金は縮小される。私的年金に関する知識を持ち、年金に明るくなろう。
企業年金は4つある。従来の代表的な企業年金である「厚生年金基金(基金)」
と「税制適格退職年金(適年)」は、会社側が掛け金に対して一定の利回り
を保証する仕組みで、いわば「固定利率制」。2001年の制度改正で、新しく
2つの企業年金制度が設けられた。1つは、会社が毎月決まった額の掛け金
を拠出し、それを従業員自身が運用して、形成した資産を年金として受け取
る「確定拠出年金(日本版401k)」。もう1つは、会社が利回りを保証す
るが、保証利回りに市場金利などを用いる「変動利率制」も選べる「確定給
付企業年金」である。詳しくは、読売新聞の解説記事をお読み下さい。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/ansin/an422001.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  本 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◎「御力(みりょく)」葉室頼昭著 世界文化社 1400円◎
医学博士で、春日大社の宮司の著者が、人生訓を明解に語る。日本人の原点
に戻り、祖先が伝えてきた素晴らしい生き方を伝える大切さを説く。
 著者が掲げるキーワードは題名にもなっている「御力(みりょく)」であ
る。しばしば使われる「魅力」というときの「魅」は当て字であり、日本語
のかなで書けば「み力」となる。この「み」は、「神様の」という意味を含
む「御」ではないかと著者は解説する。
目標と目的は、知識と教養は違う。大きな努力で小さな結果を求める。人の
ために生きることが、自分の進化につながる。無意味に生まれてきた人は一
人もいない。
第1章 日本と日本人
第2章 男・女の人生と美
第3章 いのちを伝える(子育て・教育)
第4章 いのちを伝える(人生)
第5章 神を敬い祖先を尊ぶ
終章 御力の時代へ
http://www.book-times.net/200401/11.htm
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4418045023.html
http://www.bk1.jp/0240/02400010.html
http://www.maruzen.co.jp/cgi-bin/mis?Cgifrom=m2-ezy-03&MBN=MJ04001999
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  銀行振り込み ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎購入商品代金等が銀行振り込み可能に◎
購入商品・サービスの代金をインターネットや現金自動預け払い機(ATM)
を通して支払う電子決済サービスを、大手銀行グループが相次いで始める。
銀行振込と違って、利用者は手数料負担なしで24時間いつでも払い込める。
http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt32/index20040224NN003Y40824022004.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】1343人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【お問合せ】 shozo.tamura@nifty.com
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】Home-Page  http://homepage1.nifty.com/s-tamura/ 
        Blog     http://s-tamura.cocolog-nifty.com/oioi/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。