生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.148-04.02.14] シニアネット(第1世紀第48号(第148号)

2004/02/14

┏━━senior citizen net━━━━━━━━━━━━ 2004/02/14━━━┓
  
  シニアネット「おいおい」  第1世紀 第48号 (第148号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━   shozo.tamura@nifty.com   ━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  
バレンタインデーの会話として聞けば    稲畑汀子
       
――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日はバレンタインデー。日本では1958年から流行した。自分用に買う女性
が増えている。女性の男性への恋心を打ち明ける本チョコより、義理チョコ
中心のイベント。恋人同士らしい男女の会話が聞こえてくる。会話に色や艶
があり、行儀が悪いが、バレンタインデーだから余興とみて聞き流そうか。
世の中の風潮に、違和感を覚える年齢になったと複雑な気持になる。

┏━━ DO  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎65歳定年は得か損か◎
サンデー毎日の2月22日号で総力特集「65歳定年得か、損か」「サラリー
マン運命の分かれ道」と大げさなタイトルの割には内容が乏しい。大企業15
社「再雇用制度の実態」トヨタ・日産・サントリー・東京ガス・東芝はいず
れも、60歳過ぎたら新入社員並みの低賃金で、1年ごとの嘱託契約。制度と
して雇用延長は可能だが、実態が伴わない。経営者は「定年延長」は反対で
ある。森永卓郎氏「政府の本音は?国民は死ぬまで働け?」と平山俊三氏
「たかが60歳で引退なんて」と二者意見を紹介している。
定年後の人生は、年金で生活できれば楽しいはずである。定年を延ばされる
より、55歳か60歳で一区切りをつけるのも人生の選択である。年金の支給年
齢までの「嫌な生活」より「好きな事をして生きる生活」である。正しい
「生涯現役」を推進するには、若いうちに、転換をすることが大切である。
満65歳では遅すぎる。定年後の人生は、自分が決めるのであるから、好きに
させて頂きたいというのが本音だろう。
http://www.mainichi.co.jp/life/family/syuppan/sunday/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎バレンタインデー◎
2月14日(土)はバレンタインの日。会社は休みで、義理チョコを渡さ
なくて済んだとか。会社つとめの時は、部の女性社員が気をつかってくれ
た。今は、チョコは子供と妻からのみ。おいしいチョコは「自分用」が本
命のようだ。本チョコは、幼稚園だけだそうだ。あとは余興。街はチョコ
の大売り出し。JALでは乗客にチョコを渡したそうだ。ダイエット中の
身にはつらい1日でした。
http://www.mainichi.co.jp/eye/yoroku/200402/14.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎ 季刊「自休自足」の紹介◎ 
定年後の田舎暮らしは難しい。成功例が少ない中で、敢えて昨年創刊した
ようだ。発行元は第一プログレス(東京都千代田区)。03年2月25日
創刊。A4判144ページ、980円。写真も含めたレイアウト全体が
「都会的」なのが特徴。編集部員は4人で、平均年齢28歳。
http://www.be.asahi.com/20030412/W24/0010.html
http://www.masuii.co.jp/n-jikyu.htm
http://www.yumeinaka.net/jikyu/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  絵本 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◎んぐまーま 大竹伸朗・絵谷川俊太郎・文クレヨンハウス1000円◎
先に画家が絵を描き、詩人が言葉をつけた。現代美術と現代詩が合体したよ
うな不思議な絵本。読み手の感じ方にまかされている「赤ちゃんの絵本」の
固定概念を破った本。表紙の宣伝文は「ちょっとびっくりするような絵本で
すが、何度もよんでみてください。よむほど好きになる。声をだすほど気持
いい。あかちゃんと一緒に、からだで感じてください。」シニアにも、生き
る力を与えてくれる。
http://www.mainichi.co.jp/life/bebe/book/information/2003/1218-1.html
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4861010098.html
http://book.asahi.com/review/index.php?info=d&no=5182
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】1296人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【お問合せ】 shozo.tamura@nifty.com
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】Home-Page  http://homepage1.nifty.com/s-tamura/ 
        Blog     http://s-tamura.cocolog-nifty.com/oioi/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。