生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.140-04.01.01] シニアネット(第1世紀第40号(第140号)

2004/01/01

┏━━senior citizen net━━━━━━━━━━━━ 2004/01/01━━━┓
  
  シニアネット「おいおい」  第1世紀 第40号 (第140号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━   shozo.tamura@nifty.com   ━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  
元旦や上々吉の朝黄空     小林一茶
       
――――――――――――――――――――――――――――――――――
明けましておめでとうございます。童心を気取った句や人生を横目に見た句
が有名だが、一茶には素直に身辺を詠った句もある。文政8年(1825)58歳
の最晩年、郷里長野県上水内郡信濃町柏原での作。元旦は、重苦しい雪空の
信濃の空が晴れて、「上々吉の朝黄空(あさぎぞら)」。晴れ渡った空に、
初日が昇る。すべてが改まり、精々として身が引き締まる。正月を祝う心は、
現代以上であったであろう。農業が主産業の時代には、正月は「歳神」を迎
えて、家をあげて歳神をもてなし、農作物の豊穣をお願いした。自然を畏敬
した時代でもあった。
http://members.at.infoseek.co.jp/kefi/issa/

┏━━ DO  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◎新年のご挨拶◎
新年あけましておめでとうございます。 旧年中はメルマガジン「おいおい」
のご愛読、誠にありがとうございました。 本年はなお一層の内容の充実に
努力します。どうぞ、 ご指導とご鞭撻をお願い申し上げます。
 元旦は、素晴らしい初日の出を拝みました。新しいエネルギーを頂きまし
た。近所の池の向こう岸の山から、昇る太陽に感動しました。光の束が飛ん
できたような次の瞬間、まばゆいばかいりの日輪が万物を光で包みました。
平和で,安寧な初日の出です。今日まで生かされたことを感謝し、思わず手
を合わせました。
 今年は「甲申の年」です。「甲申」(きのえさる・コウシン)は干支の
21番目です。十干の甲はよろい。草木の芽が、その殻を破って頭をすこし
出した象形文字です。新芽が大きく伸びていくエネルギーが感じられます。
旧体制が破れて、革新の動きが始まることで、旧来のしきたりや旧弊を破っ
て、革新の歩みを進めることを意味します。十二支の申は様々な力が伸びる
年で、陰陽五行説でいう金気を現している。「陰気」がきわまり、殺気を表
しています。従って、甲申はこれまで溜まっていた対立抗争の熱気が噴出す
るチャレンジの年です。本年は、一気加勢に申の強力な陰気が加わるとパニ
ックが起こります。
壬午(平成14年)は良好な年回りに当たりましたが、足許に大きな穴があき
まいた。癸未(平成15年)はますます前途の展望は開かなくなり、甲申(平
成16年)を迎えました。先の太平洋戦争も壬午(昭和17年)は連戦連勝し
た。癸未(昭和18年)様子がおかしくなり、甲申(昭和19年)は劣勢挽回で
きなく前途暗澹たる中で破局へ向かいました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ 年末年始特集◎
新聞は、正月の事件を報道している。賽銭に偽札をいれる者がいる。富士山
ではご来光に喚声をあげた。小泉首相が元旦に、靖国神社へ参拝した。
http://www.asahi.com/03-04/index.html
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20040101AT3K0100G01012004.html
http://www.sankei.co.jp/news/040101/0101sha025.htm
http://www.asahi.com/politics/update/0101/006.html
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20040101it05.htm
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20040101AT3K0100I01012004.html
http://www.sankei.co.jp/news/040101/0101sei022.htm
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20040101k0000e010016001c.html
http://www.yomiuri.co.jp/features/winterbreak04/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎高齢者が4割以上の市町村が3割超える見込み◎
2030年までの市区町村別人口推計によると、2030年には2000年
より人口が4割以上減少する自治体は16.6%になる。高齢者人口が4割
以上の自治体は30.4%に達する。全国の人口は06年の1億2774万
人をピークに減少に転じ、30年は1億1758万人まで減少する見込みだ
が、ほとんどの自治体で人口減、高齢化が進む見通しだ。
http://www.asahi.com/national/update/0101/015.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】1182人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【お問合せ】 shozo.tamura@nifty.com
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】     http://homepage1.nifty.com/s-tamura/  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 白岩康平2007/12/31

    間違えました



    先ほどはどうも。

    私が発行しているマガジンは、「ちょいとおお耳拝借」でした。

    「お耳拝借」とした積もりが、「おお耳拝借」と間違って登録してしまいました。

  • 白岩康平2007/12/31

    【こんなこともあるんですねえ】



    初めまして!



    つい二日前にメルマガを創刊した新参者です。



    正月ネタを考えている時にふと一茶の句の一説

    「上々吉の朝黄空」が頭に浮かびました。この一説は私が中学の時国語の教科書で妙に印象に残ったものです。

    確か小林一茶の句だったなあと思いながら、ネット検索をかけるもなかなか見つからず、「あさぎぞら」をキーワードに入れたら、なんと私も利用しているメルマの中にありました。

    思わず感激して、あなた様のメールマガジンの購読登録をさせていただいたしだいです。





    ちなみに私のメルマガは「ちょいとお耳拝借」というタイトルです。乱暴かついい加減なコンセプトで書いておりますが、よろしければお読みになって下さい。