生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.126-03.10.04] シニアネット(第1世紀第26号)

2003/10/04

┏━━ senior net ━━━━━━━━━━━━━━ 2003/10/04━━━┓
  
  シニアネット「おいおい」   第1世紀第26号 (第126号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━   shozo.tamura@nifty.com   ━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  
        手に何もなく秋晴れを歩くこと      富安風生
       
――――――――――――――――――――――――――――――――――
「手に何もなく」は「手に何も持たず」とは違うようだ。心の中にある雑事を
すべて忘れた状態を言っているようだ。明治18年生まれ東大法学部を卒業後、
逓信省の次官まで登り詰めた。定年前に退官して、93歳死去まで生涯俳人であ
つた。官僚時代は手ぶらで歩くことはなかった。両手が空くことはなかったで
あろう。老境に至り、両手の空く状態はなんてすばらしいことか。単に「手が
空く」以上に、心の自由を詠っているのではなかろうか。「手に何も持たずに、
秋晴れの中を歩くことは、すばらしいことだ。」と解釈する以上に、心の解放
感を感じる。定年になり、現役の時に感じなかつた感想である。

┏━━ DO  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ◎「証券投資」の真の意味を考えよう◎
きょう10月4日(トウシ)は「証券投資の日」です。日本の未来と自分の将来を
築くために証券投資をしようという日。個人の証券投資への参加が日本を元気
にすることになるのでしょうか。本日は「証券投資の日」として、株式投資の
意味を考えて見ましょう。
ミクロ(個別経済)で、証券投資は長期的には「損」(マイナス)になるものと
心得ている。マクロ経済が,長期的に好転に寄与すれば良いのではないかとも
考えられる。日本銀行調査統計局調べ2001年の日本の個人金融資産は1368兆円。
現金預金が54.5%で、保険・年金準備金が28.1%、株式・出資金は6.5%であ
る。株式に関する理解がうすいようだ。
株式は、企業が企業活動するに必要な資金を多くの人から調達するために発行
する。株式投資は,その企業を支援することになり、企業活動が活発になれば
日本の経済が元気になる。シニアは年金と貯金では老後の生活資金が確保でき
なくなってきている。資産運用の方法を変えなければならない。株式投資が資
産運用だとはいえないが、1つの選択肢であり、マクロに大きく貢献すること
は間違いない。
株式投資するためには、勉強しなければならい。日常生活に関心を持たなけれ
ばならない。身近なニュースの情報価値を見分ける。株式に投資したら、リス
ク(危険分散)を負担する。株式投資は自分への投資ですから、興味のある企
業を選ぶ。「安値で買い、高値で売る」が原則だが、「安値で売り、高値で買
う」のが大衆投資家の実態である。株式投資は「得」とする人と「損」をする
人があるから、売買が成立する。株式カンを養うことからスタートしましょう。
ホームトレーディングから始めましょうか。証券会社選びからスタート。よく
研究してから、「株主」になりましょう。
週末終値 500円以上の証券会社
2040円  松井証券       http://www.matsui.co.jp/
1896円  野村証券       http://www.nomura.com/jp
1162円  三菱証券       http://www.mitsubishi-sec.co.jp
795円  大和證券        http://www.daiwa.co.jp/bb/
658円  日興コーディアル證券  http://www.nikko.co.jp/SEC/
551円  丸三証券        http://www.03trade.com/
528円  UFJつばさ証券     http://www.ufj-tsubasa.co.jp
513円  岡三証券        http://www.okasan.co.jp/ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◎「安倍晋三幹事長期待論」の危険性◎
安倍幹事長の就任に背景がある。単に『選挙の顔』だろうか。大きな時代変化
の激流が感じられる。
まず、官房副長官が、福田官房長官を食う勢いになった。北朝鮮問題では、上
司と部下の対立が始じまった。タカ派の安倍とハト派の福田と峻別される様に
なり、亀裂が生じそうになった。安倍を党務に戻し「副幹事長」の予定だった。
国家主権に関する日本政府の立場が右傾化してる中での分岐点である。自民党
はタカ派、内閣官房はハト派の予兆である。
2つ目に、自民党総裁選挙で、若手の総裁選挙の候補者擁立を阻止した功労者と
する論功行賞という見方がある。民間のリストラが、『団塊の世代』を中心に
して、戦後生まれの次世代に飛ばす社会的な傾向がある。若すぎる世代でなく、
「ケチをつけ難い」世代の登用である。また、賞味期限の切れた小泉政権の延
命策である。
3つ目は、『政治家族の出現』である。父方は、祖父は衆議院議員、父は毎日
新聞政治部記者で岸番記者から娘婿になる。母方は祖父が岸総理で大東亜戦争
時代の商工大臣で『日米安全保障条約』の立役者、岸総理の弟佐藤栄作(ノー
ベル平和賞授賞)の政治家一家である。幼年時代には「安保反対」と岸総理を
微笑ませ、小学生の時には「父晋太郎を宜しくお願いします。」と演説をした。
同じく『石原一家』の父石原慎太郎東京都知事、長男と三男、叔父故石原裕次
郎の人気に支えている。『鳩山一郎家』はバラバラである。政治が,こうした
二、三世政治家に集中するのを喜んで良いのだろうか。
4つ目は、日本の政治には「論理」とか「政策」でなく、情緒的な「芸能人の
ような人気」が政治を動かす、民主主義が未成熟であり、アメリカ的なイベン
ト性がパワーを得る。安倍幹事長は「選挙対策」で、衆議院選挙で勝てば参議
院選挙までの任期に延びるだろう。英国のブレア首相が若くして労働党から立
候補した時、マニフェストの論理性と一貫性と透明性で大衆は受け入れた。政
治には「ビジョンと戦略」が必要である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◎雑誌「諸君!」11月号 680円 特集小泉純一郎の賞味期限◎
http://www.bunshun.co.jp/shokun/shokun.htm
(1)「変人」宰相に変節は似合わない   作家 猪瀬直樹
大差で勝利しても、抵抗勢力の暗躍は止まらない。改革を成就するよう、僕は
首相に迫り続ける。
(2)「延命装置」小泉純一郎の罪    京都大学教授 中西輝政
 小泉流「綱渡り政治」の長期化でますます遠のいていく真の改革。現状打開
に秘策あり!
(3)「弁当箱」より「毒まんじゅう」  毎日新聞政治部副部長 与良正男
かつて政治記者をも支配した経世会は崩壊した。「壊し屋」小泉に敗れた「脅
し屋」野中の遠吠え
(4)小泉再選の恩人、その人の名はグリーンスパン 
                                       慶応義塾大学教授 竹森俊平
経済界に衝撃を与えた吉野作造賞『経済論戦は甦る』著者が今こそ問う、改革
と景気の虚実。
(5)「保守本流」はどっちだ、小泉自民VS「菅・小沢」民主
                                         政治評論家 屋山太郎
まやかしの「保守本流」橋本派が醜く分裂し、"正統保守"は与野党双方で綱引
きする時がきた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ マニフェスト ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ◎「賞味期限切れ内閣の延命策解散」と「マニフェスト選挙」◎
公職選挙法の改正により、「マニフェスト」を配布できるようになる。準備不足
の自民党が「マニフェスト選挙の土俵」に上がらない。マニフェストでは、民
主党,独走している。与党では公明党が発表した。社民党が発表した。今次の
解散は「賞味期限切れ」の小泉内閣の「延命策」であるが、選挙は「マニフェ
スト選挙」である。国民は,どう審判を下すか。政局は、11月9日に向かう。政
党のサイトを見れば、マニフェストの単語すら出てない政党が多い。何故か。
自民党     http://www.jimin.jp/
民主党     http://www.dpj.or.jp/news/200309/20030918_01manifest.html
公明党     http://www.komei.or.jp/news/2003/10/03_02.htm
社民党     http://www5.sdp.or.jp/
日本共産党   http://www.jcp.or.jp/
保守新党    http://www.hoshushintoh.com/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ 年齢制限 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ◎国家公務員採用試験で、採用時の年齢制限撤廃を求める訴訟◎
NPO法人「年齢差別をなくす会」理事長・兼松信之さん(51)は、全国
で初めて、国家公務員採用試験の受験資格に年齢制限があるのは憲法違反だ
として、人事院を相手取り受験申し込み拒否の取り消しを求める訴訟を東京
地裁に起こした。兼松さんは今年7月に国家公務員3種試験に申し込んだが、
同試験の受験資格が今年4月1日時点で17歳以上21歳未満に制限されて
いたため、受験資格を得られなかった。 
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20030927i201.htm
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】1089人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【お問合せ】 shozo.tamura@nifty.com
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】     http://homepage1.nifty.com/s-tamura/  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。