生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.124-03.09.21] シニアネット(第1世紀24号)

2003/09/21

┏━━ senior net ━━━━━━━━━━━━━━ 2003/09/20━━━┓
  
  シニアネット「おいおい」   第1世紀第24号 (第124号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━   shozo.tamura@nifty.com   ━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  
曼珠沙華ひそかに息をととのふる     橋本多佳子
       
――――――――――――――――――――――――――――――――――
20日(土)より彼岸入り、23日は秋の彼岸の中日。別名彼岸花の曼珠沙華は、彼
岸入りの頃より急に茎が出て花を咲かせる。秋分の日に満開になる。彼岸あけ
には、茎だけ寂しく立ち並ぶ。花は毒々しいまでに赤い。あまりにも赤い色は、
美しいといえば美しい。曼珠沙華の妖気ともいえる圧迫感があり、息を整えて
花を見るほど、「ひそかに息をととのふる」。秋分の日は国民祝祭日として
は、「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日」である。夜の長さが長くなり夜長
になり、太陽の光が衰えてくる。太陽が真西に沈む。浄土真宗では、西方に浄
土があると言う。

┏━━ DO  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◎「勝ち組」のプロ野球フアン◎
 私は、プロ野球は「優勝するチームのフアン」です。昨年は原・巨人。今年
は星野・阪神。優勝チームの勝率は6割6分6厘前後。3日に2日は勝ち組。最下
位のチームになると3日に2日は悔し涙にくれる。毎日精神的安定を保ち、気分
よくすごすためには、勝ち組になるに限る。妻から「坂東英二の真似をしてい
る」と言う。私は30年前から、この主義だ。
30年前に職場で、プロ野球の話で朝30分くらい仕事がスタートしませんでした。
上司が、勝ったチームの話以外は禁止しました。すると、気が抜けたビールの
ように、仕事中心になり、好スタートが切れるようになりました。以後、私は
年毎に「勝つチーム」を応援することにしました。生きるための知恵ですね。
おかげで、「勝ち組」の醍醐味を味わえます。     
郷里広島では、朝の出勤バスの中でカープの話で持ちきりでした。広島のカー
プフアンは「自分のこととして、チーム全体を話題にする。」 監督や選手の
悪口を言わない。阪神フアンは「ダメ虎」だと仕方がないと「諦める」。チーム
より個人単位の応援のようだ。巨人フアンは勝率が高いから「快適な日々」で
、負ける悔しさを知らない。フアンそれぞれの「県民性」がある。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◎小泉圧勝ではない。新しい奔流が見える◎
自民党総裁選挙は予想通り、小泉純一郎総裁が再選された。投票の内容を分
析してみると、「圧勝」とはいえない勝利である。次の「新しい変化を感じ
させる」結果になった。合計票数657票中399票(60.7%)確保となっている。
圧勝とは、「反小泉票」が38.3%になる。。地方票(党員・党友)をみると、
都道府県の基礎票を300票のうち141票割り当てる。
地方票数を投票総数の実数で修正すると
小泉555771票(57.29%)   亀井240792票(24.82%)
藤井104158票(10.74%)   高村69318票(7.15%)
となる。地方票を得票数修正すると、
小泉172票、亀井75票、藤井32票、高村21票
となる。
地方票修正後の合計得票数は、
小泉399票(60.7%)が366票(55.71%) 亀井139票(21.2%)が141票(21.46%)
藤井65票(9.9%)が82票(12.48%) 高村54票(8.2%)が68票(10.35%)
になる。657票は小泉366票(55.71%) 反小泉291票(44.29%)となる。 
一方、議員票の内容も小泉票が220票の予定が194票。高村票が20票の予定
が47票は若手の候補擁立できなかった票を中心に「反小泉」票を集めた。
「自民党が変わらなければ、野党政権に代える」という動きが出ている。
その危機が微妙に出ている。反対支持が、33.3%を超えたときは、新しい予
兆があると言われる。内閣組閣と政党人事で乗り切れなければ、自民党の
中から変化が起こる可能性を示している。
優勝チームの勝率が、5割5分5厘では圧勝とはいわない。6割6分6厘で完全
優勝である。「ぶっちぎり優勝」ではない。激戦を駆け抜けたといえる。
安部幹事長の党人事が、新風を生むか。自民党の中が、液状化して、大きく変
わろうとしている。「真に国民政党、改革推進政党になるための選挙だった」
と小泉総裁の挨拶である。
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2003/sosaisen/
http://www.asahi.com/special/seikyoku/index.html
http://www.yomiuri.co.jp/features/sousaisen2003/
http://www.yomiuri.co.jp/politics/
http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt51/index20030921NTE2IEC0321092003.html
http://www.sankei.co.jp/news/seiji.htm
社説とコラム
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20030920MS3M2001B20092003.html
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20030920ig90.htm
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/index20030920MS3M2001A20092003.html
http://www.mainichi.co.jp/eye/shasetsu/200309/21-1.html
http://www.asahi.com/paper/editorial.html
http://www.sankei.co.jp/news/editoria.htm
http://www.sankei.co.jp/news/column.htm
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◎岡本行夫主宰の「新現役ネット」(バーチュアル)◎
ネットの紹介文は、「これまで培ってきた経験や知識・技術を、少しでも社
会に役立てられないかと考えている方々を「新現役」と呼んでいます。新現
役ネットは、そうした人たちが集まり互いに協力し合うことで、一人では出
来なかった社会的に意義ある活動を可能としていく「仲間ネットワーク」で
す。」 理事長は岡本行夫氏である。
http://www.shingeneki.com/index.shtml
岡本行夫理事長のサイト
http://www.yukio-okamoto.com/
新現役ネットから生まれた書籍「ひとりビジネス成功集」(船橋利幸著 476円)
 “目標以上に儲けない”“借金は作らない”“家族を巻き込まない”“嫌
な人とは仕事はしない”…そんな信条をもとにローリスク・ローリターンで
定年後も悠々自適に働く中高年が増えている。
第1章 心構えの章―「ひとりビジネス」って何?
第2章 準備の章―ボランティアを商売に変える仕組みづくり
第3章 業種選びの章―「何屋さんをやるか」は自分の“棚卸し”で決める
第4章 会社づくリの章―知っておきたい会社づくりのあれこれ
第5章 いざ活動の章―「どう始めるか」よりも、「いかに続けるか」を考えよう
http://www.shingeneki.com/news/n30306book.html
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/html/9976695888.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ 石原莞爾ブーム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ◎戦略なき時代に石原完璽ブーム◎
1931年9月18日、「満蒙は帝国の生命線」の満州事変のきっかけとなる柳条湖
の鉄道爆破事件が起こした。その計画、実行を指揮し、さらには満州国を建
国させたのは、関東軍作戦主任参謀の石原莞爾中佐(42)である。石原の先見
性や戦略性を見直そうと“石原ブーム”が起きている。石原は矛盾に満ちた
人物でもあり、満州事変を起こした張本人として批判される。関東軍司令部
の中枢にあったが、中国侵攻に反対し、東条英機の戦略を批判したため、19
41年、軍の要職から外れた。戦争中、独自の「世界最終戦争論」を発表した。
戦後、極東裁判で戦犯として名乗り出たが、戦犯として裁判を受けることは
なかった。敗戦直後に書かかれた「日本の建設」には、日本の復興、ソ連の
崩壊など、いま読めばかなりに的確に将来を石原は矛盾に満ちた人物でもあ
り、満州事変を起こした張本人として批判される。見通していた。しかし、
「天才的戦略家」と多くの伝記作家たちが呼ぶ。
http://www.sankei.co.jp/news/030915/morning/15pol001.htm
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/yatsu8hd/Ishiwara/
http://homepage1.nifty.com/taku-nakajo/sub02.html
http://kent.parks.jp/02/Ishiwara/bbs.cgi
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】1032人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【お問合せ】 shozo.tamura@nifty.com
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】     http://homepage1.nifty.com/s-tamura/  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。