生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.121-03.09.09] シニアネット(第1世紀21号)

2003/09/09

┏━━ senior net ━━━━━━━━━━━━━━ 2003/09/09━━━┓
  
  シニアネット「おいおい」   第1世紀 第21号 (第121号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━   shozo.tamura@nifty.com   ━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  
萩の風何か急かるる何ならむ    水原秋桜子
       
――――――――――――――――――――――――――――――――――
初秋の午後。少しの風に萩の小さな花がほろほろとこぼれる。地に散りしく
萩の花。「何か急かるる」が、「何ならむ」。何かわからない。空は高く澄
み切っている。よくよく考えると、何も急かされる必要はなかったんだと気
づく。秋桜子は萩の句が多い。「萩咲くやみちのくに入る関のあと」。「萩
咲くや堤に近づく水の上」。「野萩わけ犬はしり来て家ちかし」。「野萩咲
き松なほ稚し丘の上」。「萩咲きぬ簾をたれて住む人に」。

┏━━ DO ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◎自民党総裁選挙の党員票のいくえ◎
党員票300票は、基礎票141票(47都道府県一律3票)と有権者数比例159票か
らなる。人口が50万の県も1千万の東京都も3票である。党員数が人口に比例
していないから、都市部の党員数は多くなる訳でもない。本来なら都市部の
党員票数が多くなるべきだが、党員数と人口が比例してない。また、総裁選
挙の国会議員総数に比例した党員投票数でもない。党員投票数の配分方法は、
今後とも大きな問題を含んでいる。投票締切日は19日だが、本日ハガキの投
票用紙を投函した。勿論、電話依頼のあった候補にした。「反小泉」である。
橋本派の地元議員は「藤井候補の推薦人」であるが、何も連絡ない。新聞の
報道の間違いは、都道府県別の持ち票が違うことである。
自民党の総裁選挙関連サイト    http://www.jimin.jp
都道府県別票数(10東京、茨城。9北海道、神奈川、愛知、広島、愛媛。
8大阪、兵庫、静岡、富山、岐阜。7群馬、埼玉、新潟、石川、長崎、
鹿児島。以下略)
http://www.jimin.jp/jimin/jimin/sousai03/kenren/mochihyo.html 
新聞の特集サイト
http://www.asahi.com/special/seikyoku/
http://www.yomiuri.co.jp/features/sousaisen2003/
http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt51/index20030909AS3K0903909092003.html
http://www.sankei.co.jp/news/030909/0909sei116.htm
新聞社説
http://www.asahi.com/paper/editorial20030908.html
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20030908ig90.htm
http://www.mainichi.co.jp/eye/shasetsu/200309/09-1.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◎大企業の災害は現場軽視が原因ではないか◎
3日(水)に愛知県東海市の新日鉄名古屋製鉄所のガスタンク爆発事故に続き、
8日(月)に栃木県黒磯市のブリヂストン栃木工場の大火災が発生した。日本の
製造業を代表する企業の「安全管理という基本的な問題」である。過剰設備、
余剰人員、過剰品質の「3つの過剰」を削減する過程で、現場でしか判らない
基本の部分まで削減したのではないか。また、事故や故障の兆候に気づかず、
大事に至ったのではないか。現場では日常点検が大切で、現場には「ピーン」
と張り詰めた独特の緊張がある。それが緩んだ現場は危険をはらむ。それを、
予知したり、感知したりする「経験とカン」が必要である。「基本が疎かに
なっている。」と反省する経営幹部がいる。現場が判らぬ経営幹部は、経営
者失格である。リストラが行き過ぎて、基本を大切にする経営が損なわれた
とは、様にならない。両社共、TQCを熱心に推進していた企業である。安全、
品質、コストに関するノウハウが豊富な現場である筈だ。「3現主義」をお
ろそかにしているのだろうか。モノ造りで現場を忘れた悲劇が、日本の大企
業に起きている。両社とも、デミング賞を受賞した会社である。
ブリジストン関連
http://www.bridgestone.co.jp/news/c_030908.html
新日鉄関連
http://www.nsc.co.jp/
http://marketsearch.nikkei.co.jp/stock/result.cfm?scode=5401
新聞記事
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20030909it04.htm
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20030908it14.htm
http://www.asahi.com/national/update/0909/023.html
http://www.sankei.co.jp/news/030909/0909kei085.htm
http://www3.nikkei.co.jp/kensaku/kekka.cfm?id=2003090907262
http://www3.nikkei.co.jp/kensaku/kekka.cfm?id=2003090904563
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◎グラウンド・ゴルフの勧め◎
小学校の同窓会で世話役が、「グラウンド・ゴルフ」を教えてくれた。六十
歳代以降のシニアが継続して行うスポーツとして最適の様に思う。20年前に
、鳥取県泊村で考案されてから、全国区に成長した。ゴルフとゲイトボール
の良さを取り入れた様なスポーツ。ルールは極めて簡明。地域によれば週2
回を練習したり、道具の50%を老人会で負担してる地域もある。「日本グ
ラウンド・ゴルフ協会」のサイトをみれば、入門に関する知識は身につく。
大阪難波の高橋スポーツ店の9F展示コーナーには、島根県泊村の出身の店
員がいて、丁寧に指導してくれた。アシックスの「グラウンド・ゴルフの歩
みとともに」(無料)という小冊子を読めば、あらかたのことは分かる。クラ
ブは3700円から15000円で、1本でよい。ボールは1球900円から1600円。生涯
楽しめ、車椅子でも楽しめるクラブもある。
日本グランド・ゴルフ協会   http://www.groundgolf.or.jp/main.html
鳥取県泊村          http://www.e-tomari.jp/
アシックス          http://www.asics.co.jp/index.html
大阪市グランド・ゴルフ協会  http://www.osaka-sports.or.jp/member/m48.html
道具通販        http://www.fuji-sports.com/shop/ground_golf/shop.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ COMMUNITY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ◎水喧嘩と「我田引水」◎
210日(9月1日)と220日(9月10日)は稲作農家には、大切な時期である。稲の
開花期で、水を大量に稲に供給してやる時期だ。緑色で伸び切った稲の穂先に、
白い花が咲いている。台風が来て花を散らすことも有る。先日朝の散歩してい
ると、住宅街のはずれの側溝を音をたてて水が流れている。その水の流れ着く
先は、郊外の広々とした水田であった。近くの溜池から、水路を通り、水田に
水が運ばれていた。救われた気持になった。のどかな田園風景で、そこには
「水喧嘩」も「水騒動」もない。私が、子供の時代は、水をめぐる喧嘩や騒
動が絶えなかった。大人喧嘩は、生活を賭けた喧嘩であった。耕作農家が多く、
水が不足気味だった。「我田引水」の諺も生まれた。現在の目の前の田んぼは、
水が豊富に流れている。朝日に照らされて広がる水田は平和である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ 読者から ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ◎大阪市の岩本さんからの意見です◎
「自民党総裁選の行くえについて」(第121号)の記事に同感です。「政治に
一貫性がない、経済に論理性を欠く、国家主権に関して気骨がない、」更に
付け加えれば、自分の言葉に責任を持たない。この様な人物に国の舵取りを
任かせたくありません。「国家存亡の時の宰相には不適格」その通りです。
国民も早く目を覚まして欲しい。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】966人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【お問合せ】 shozo.tamura@nifty.com
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】     http://homepage1.nifty.com/s-tamura/  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。