生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.110-03.07.19] シニアネット(第1世紀第10号)

2003/07/19

┏━━ senior net ━━━━━━━━━━━━━━ 2003/07/19━━━┓
  
  シニアネット「おいおい」   第1世紀第10号 (第110号) 
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━   shozo.tamura@nifty.com   ━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
  祭浴衣のたもとに入るるものもなく       原田種茅
       
――――――――――――――――――――――――――――――――――
夏祭りに浴衣を着て出かける。浴衣の袂には「入るるものもなく」オープンで、
リラックスした雰囲気である。夕涼みを兼ねて出かける縁日の露店の列。金魚
すくいして金魚をもってかえる。花火が綺麗だ。夏祭りは各地で繰り広げられ、
解放的である。
今日から3連休。21日は「海の日」。23日は『文月のふみの日』で、2周年記念
日でもある。
http://www.mlit.go.jp/event/marine/marine_.html
http://www.post.yusei.go.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2003/0723_fumi/index.html
┏━━ DO ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ◎「老後のために」が人生設計を狂わせる(?)◎
金さん、銀さんが、テレビの出演料を「老後のために貯金をしておく」と答え
た。老後のために貯金するのは日本の美風である。死の時間が決まっていない
から、人生設計を企てる事が難しい。堺屋太一さん主張する「好老社会」では、
85歳以上の高齢者は国家が面倒を見る250万人で年間12兆円。70歳まで希望者
は働ける社会を提唱している。精神科医の和田秀樹さんは相続税100%を提案
(文藝春秋8月号)。子供も労働力の時代があった、そのときは私有財産形成に
貢献したかもしれない。今や旧民法の「家」の概念はない。家業のない職業で
は『相続』の意味がない。75歳以降の相続には100%課税として、85歳以上は
国家が生活を保障するとしたら、1400兆円といわれる資産も流動化するだろう。
人生設計をたて易い政策を話し合おう。 
http://www.hidekiwada.com/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ◎『規範』に対して「行動基準」を見直そう◎
企業は「コンプライアンス(法令遵守)」体制を確立しよう努力している。企
業の行動指針を行動規範として、社員に順法精神を日常業務の中から習慣と
して身に付けさせようとしている。日本の多くの企業は、入社のときに、「社
規社則を守る」とか「会社の信用を傷つけない」の誓約書をとる。社歴の古い
会社は、社員に「企業行動指針」とか「行動規範」を文書にして、常に携帯さ
せる。すべての立場で、コンプライアンスを再考してみる必要がある。政治家
は「カネをめぐる」問題を中心に政治倫理を。社会は、特異な少年犯罪を起こ
すコミュネティの特異性を再考してみる。正邪の倫理規範がおかしくなってい
ないか。国際政治の場では「国際正義」の規範を。「豊かさ」を求めて人類は
邁進した。人間として大切なものを忘れたのではないだろうか。          
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE−1 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ◎イラクへの速攻と緩慢な北朝鮮対話路線◎
「イラクがある国から原爆の材料を買い付けた」と言う偽情報が、英国の首相
から米大統領に伝えてイラク攻撃が開始されたとすれば、「疑いがある」とい
うだけで戦争が起こったことになる。専制主義の国だから、民主主義を取り返
すために闘ったとも主張する。イラク国民が民主主義を取り戻すために民主主
義の守護神を任ずる宗国がとった戦略だろうか。プレア首相は、米国を訪問後
に日本に来る。イラクは原爆製造の疑いがあるが、「大量兵器がある」という
情報になったのだろうか。一方、北朝鮮は約束を違えて原爆を製造している。
米国のバランス感覚はアンフェアということになる。北朝鮮には中国の後ろ盾
があるから、原爆を製造できることになれば、先進国の『正義』はいい加減な
ものとなる。米国は説明がつかない。対話だけでは解決の糸口すら見つからな
い。背信行為を続ける北朝鮮に対して軽水炉の建設を停止させ、完全で検証可
能な形で核開発計画を破棄させるべきだ。平和的な解決は異存ないが、国際的
な取り決めを破る国に、対話路線がいつまでもつのか。
http://www.asahi.com/special/nuclear/
http://www.yomiuri.co.jp/features/eank/
http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt58/index20030719AS2M1900H19072003.html
http://www.mainichi.co.jp/eye/northk/200307/index16-20.html
http://www.sankei.co.jp/news/030719/0719kok077.htm
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━  SEE -2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ◎イラクの平和は遠い◎
イラクに自衛隊を派遣することになる。イラクに対する『債権』は日本が第
1位だ。フランスやドイツやロシアより多い。イラクに詳しい人の話だと。首
長が多くて、利害が対立するので、まとめることは至難のことだそうだ。首長
が権力闘争に終止符を打つことは至難である。アメリカ軍の駐留も3ケ月にな
るが、暫定政権すら組めない。イラクは『社会』が遅れている。『政治の後進
性』である。近代社会革命を経ずして現代社会は出来ない。民主主義への意識
革命が必要である。近代的な民主主義国家を確立するには時間がかかる。統治
評議会の宗派・民族別構成はイスラム教シーア派13人、イスラム教スンニン派
5人、ウルド人5人、キリスト教徒1人、トルクメン人1人で25人である。
http://www.sankei.co.jp/databox/iraq/sp_iraq.html
http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt57/index20030719AS2M1900G19072003.html
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/nybomb/afterwar/200307/index16-2
0.html
http://www2.asahi.com/special/iraqrecovery/
http://www.yomiuri.co.jp/features/gulf2/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ 百歳バンザイ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ◎106歳の才綾が死去◎
「泉北コミュニテイ」というミニコミ誌がある。月に2回、新聞を無料で届け
てくれる。地域の情報が良く分かる。最近号に106歳の田中綾子さんの事が掲
載してあった。明治30年6月11日に東京の本屋に生まれた。毎朝、新聞を読み、
自分史も書き残した。103歳まで1泊旅行に参加していた。残念ながら、6月17
日に死去された。ご冥福を祈る。
http://www.community2525.com/030717s/030717S03.PDF
http://www.community2525.com
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ 「おいおい」2周年記念懇親会 ━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
 2001年7月23日(文月のふみの日)に第1号を創刊始めてから、2年目が終
ります。ささやかな懇親会を開催します。ご都合がつく方はご参集ください。
               記
(1) 日時;7月23日(水)2時から5時まで(時間内出入り自由)
(2) 場所;大阪市北区角田町8−47   阪急グランドビル 19階 
関西文化サロン (電話06−6316−1577)
(3)会費;1千円                               
http://hotel.newhankyu.co.jp/osaka-j/kbs/index.html 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】959人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】【バックナンバーの閲覧】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【お問合せ】 shozo.tamura@nifty.com
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】     http://homepage1.nifty.com/s-tamura/    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。