生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.96-03.05.03] シニアネット(第96号)

2003/05/03

┏━━ senior net ━━━━━━━━━━━━━ 2003/05/03 ━━━┓
  
 シニアネット「おいおい」  第96号  
                  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━  shozo.tamura@nifty.com  ━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
白牡丹といふといへども紅ほのか    高浜 虚子
        
――――――――――――――――――――――――――――――――――
白牡丹(はくぼたん)を凝視すると、白い筈だが「紅(こう)ほのか」にさしている。
これぞ、まさしく白牡丹だ。上五と中七の句のまたがりにより、白牡丹が白いという既
成概念を否定して、下五の結びで完結した。『中七の「いふといえども」と、おおらか
に停滞した調子が、白牡丹の豪華清楚な美しさとよく順応している。そして初五の字余
りから中七へかけての緩余調が、結びの「紅ほのか」でほどよく引き締められている。
こういう言い方は虚子でなければできぬ。大人の風格ある句である。』(山本健吉「現
代俳句」) 大正14年(1924年)5月17日、大阪毎日1万5千号記念俳句大会での作。
同席での作「白牡丹いづくの紅のうつりたる」。
http://www.mainichi.co.jp/life/hobby/haiku/saijiki/syokubutsu/200305/02.html
┏━━ DO ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ◎選挙得票から見た地方議会議員定数◎
4月27日(日)の一番身近な市町村議会の議員の選挙があつた。有効得票数から議員定数
の関係をみてみたい。最低当選者の票数が2千票になる市は大阪府の場合今回は7市あ
る。堺市は6名の落選者があるが、他の6市は不思議と定員枠と一致する。「有効投票数
2千票に一人の議員」を市行政の「適正サービス」レベルと仮定する。当選議員数が少
ない市は「過剰サービス」となる。議員数が過剰な市町村は、議員定数を削減すること
か、合併により有効票数を増加できる広域にすることである。平成の大合併に反対して
いる市町村に「過剰サービス」のケースが多い。議員定数を減らし、財政支出を減らす
ことは大切なことである。皆様の居住している市町村議会の定員は「適正サービス」で
すか。大阪府では、22市町村の選挙のうち、寝屋川市(32名)、守口市(30名)、門真
市(28名)、池田市(24名)、富田林市(22名)、貝塚市(22名)、泉大津市(18名)
大阪狭山市(18名)、藤井寺市(18名)、高石市(17名)、四条畷市(17名)、熊取町
(18名)、忠岡町(18名)、岬町(16名)、田尻町(13名)の15市町村は「過剰サービ
ス」ということになる。議員定数の検討が必要な市町村である。最低当選者の得票数は
市会議員では805票、町会議員は225票である。あなたの住まいの市町村はどうでしょう
か。 

    最高得票  最低得票  定 数  立候補者数 2千票獲得者数
堺 市 9110  2887  52名  64名    58名   +6名
枚方市 4439  2181  36名  49名    36名    0
吹田市 4415  2034  36名  47名    36名    0
高槻市 5731  1902  36名  49名    35名   −1名
豊中市 5335  2283  36名  39名    37名   +1名 
八尾市 4641  2040  34名  42名    34名    0
岸和田市3944  2200  28名  31名    28名    0 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ◎団塊の世代がシニアの仲間になる◎
50歳代の団塊が、2007年より2009年まで、毎年60歳になる。チャンと、自立できる
世代である。団塊の世代とは昭和22年から24年生まれの人を言う。約800万人。昭和
26年生まれまで入れると1100万人になる。現在の60歳代は、社会保険負担給付検討さ
れる世代で、年功序列を盲信してきたが、ちょっと痛い目に会う世代。現在の70歳代
は、安全に無事に逃げ切りました。社会保険や雇用保険の恩恵を一番受けた世代であ
る。団塊の世代が定年退職する頃にはシニアの生活の様相変わるだろう。大学紛争を
起こした世代であり、常に大きな社会的な変化を起こしてきた。シニアへ仲間入りす
る直近未来社会を考えてみよう。シニアは今まで、ひとくくりであった。今後は世代
別の見方をしないと、いけない時代になる。日本経済新聞の夕刊に、4月1日から7回
連載された特集のサイト紹介しよう。
http://www.nikkei.co.jp/dankai/index.html/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SEE  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ◎郵政公社は「さらばお役所」が出来るか◎
官である郵政事業庁から「日本郵政公社」に変わってから、1月が過ぎた。総資産
300兆円、職員約30万人、店舗数2万4813局、ATM2万5802台。巨大組織であるが
故の赤字体質をどうやって立て直すか。お近くの郵便局は、サービスは良くなりま
したか。やたらとニコニコするが、仕事の内容は変わらない様ですね。儲からない
ことは良いことでも実行しないようになって行くようですね。「小包郵便です。」
に、出てみると宅急便の兄ちゃんです。「速達です」は、女性の配達人である。外
部委託されて、郵政事業の良い点は残して頂きたい。膨大な“KANPO”事業と「郵
便貯金」そが、郵政公社の改革の本命である。日本の経済の屋台骨を動かす大きな
課題である。
http://www.japanpost.jp/
http://www.yu-cho.japanpost.jp/
http://www.kampo.japanpost.jp/
http://www.post.japanpost.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ SARS情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓    
  ?スワニー 三好鋭郎(えつお)社長から最近の中国のSARS情報を頂い
たので、ご好意に甘えて掲載させていただきます。
   ◎これでいいのか日本の防疫 (経済大国、政治小国 )◎
 四月末 (二十八日)に着いた上海空港では、耳体温計で常温と認められ、
十日程どこにいたのかを厳しく詰問され、旅券で「日本にいたのが確認され」、やっ
と入国できた。
スワニーは、上海近郊の衛星都市で四つの工場を稼動しているが、昆山市のホテルに
着いても同じことを繰り返し聞かれ、「日本にいたことが確認」されて、やっとチェ
ックインできた。
鞄メーカーの台湾人社長と彼の上海の会社で逢う予定だったが、彼が数日前に上海に
着いた際に「急性肺炎の疑惑を受けて隔離」されてしまい、面会できなくなった。彼
との電話は通じるが、どこにいるのか教えてくれなかった。このように、発病者が居
ないという上海近郊は、外部からの人の流入を厳重に制限しており、問診と旅券の記
録が合わないと隔離されてしまう。また取引先の嘉興市の会社を訪れたが、厳戒態勢
が敷かれていて、守衛からマスクの着用を要求され、どこもかしこも消毒液で座れな
いほどであった。
訪中した翌日、厳重をきわめた上海から関空に帰ってきて、何の防御も問診もないの
に拍子抜けした。この防疫体制では近々SARSは日本に入ってくるだろう。先週
にも、香港駐在の社員が関空に帰国したが、私同様に何の点検も質問もなく入国でき
ている。韓国では日本人も隔離されているが、天災を回避するには、初動体制が生死
を決する。急性肺炎が日本に発生するまで政府は腰を上げないのだろうが、入ってか
らでは遅いのだ。誠に情けない政治体制といわなければならない。
http://www.swany.co.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ CINEMA ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ◎ 映画「シカゴ」 ◎
すごいミュージカル映画である。映画の醍醐味を満喫させてくれる。映画の楽しさが楽
しめる娯楽性にみちた作品で音響が素晴らしい。アカデミー賞最優秀作品賞ほか6部門
授賞した。3月24日(日本時間)に行なわれた第75回アカデミー賞で「作品賞」「監督
賞」「主演男優賞」といった主要部門を含め、12部門で13ノミネートを獲得した作品。
ノミネート獲得数では本年度最多。レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョー
ンズ、リチャード・ギアが出演、スキャンダルを逆手に取りながらスターになる2人の
歌姫と、2人の運命を操る弁護士が1920年代のシカゴを舞台に繰り広げる人間模様を描
いている。正義や栄光が金と宣伝で歪められる社会への皮肉が主題である。ロブ・マー
シャル監督。 1時間53分。 
http://www.chicago-jp.com/
http://www.mainichi.co.jp/life/cinema/new/2003/0418/01.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━ READ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ◎「在宅で死ぬということ」 押川真喜子 1238円 文藝春秋社◎
聖路加国際病院訪問看護科勤務15年のナースマネジャーが、在宅末期医療の現場で働
き、11の真実の記録である。新聞広告のコピーは「かけがえのない『いのち』の物語」
とある。自宅で最期を迎えた患者と家族の姿から、終末医療のあり方や死そのもの
をとらえ直す一冊。
http://www.bunshun.co.jp/search/html/3/59/65/416359650X.html
http://www.mainichi.co.jp/women/article/yomu/200304/28.html
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9976879709
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】841人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【お問合せ】 shozo.tamura@nifty.com
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】     http://homepage1.nifty.com/s-tamura/    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。