生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.85-03.03.10] シニアネット(第85号)

2003/03/10

┏━━ senior net ━━━━━━━━━━━━━━ 2003/03/10━━━┓
  
 シニアネット「おいおい」  第85号  
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━   shozo.tamura@nifty.com   ━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  
修二会僧女人のわれの前通る         橋本多佳子
       
――――――――――――――――――――――――――――――――――
寒波が戻り、ちょっとやそっとでは春にしないぞというような寒さである。関西
は、お水取りが終わらないと春にならない。いよいよ「お水取り」は12日夜(13日
午前2時)。修二会は昔から女性の参篭を許されなかった。戦後女性も参篭できる
ようになった。作者は早速参篭した。「女人のわれ」には女人禁制の歴史が込め
られている。春はそこまで来た。昭和19年(1944)大阪市内の帝塚山から奈良市
内のあやめ池へ疎開した。昭和38年5月29日64歳で死去するまで、終世の地とな
る。古典的な香りと格調の高い完成度を示した句である。

┏━━ DO ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ◎国が守れずで国家主権か◎
北朝鮮が日本海へミサイルを撃ち込んできても、に拉致されても、国家主権が主張
できない。米国にお願いする以外には国を守れない。イラク攻撃も、「日本の国を
守るためには」米国の主張を支持する以外に方法がない。北朝鮮の拉致問題も、米
国へ懇願に行かなければならない。中国のミサイルは、日本へ向けられている。日
本の防衛は、日米相互条約によりアメリカに頼る。今後は、こうしたことでよいの
だろうか。「自分の国は自分で守る。」の国家主権の基本をしっかり持とう。特に、
シニアは、若い人にちゃんと言い伝えることが大切である。戦争体験者として。戦
争のむなしさを語らなければならない。日本は平和が長く続きすぎた。平和ボケは
いけない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━ お見舞いありがとう━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
第81号(1月25日)から、第82号(2月27日)まで、間があき過ぎました。
一部の皆様に、ご心配をおかけしました。お見舞いの暖かいお言葉を頂きありがと
うございます。寒い中を見舞い戴きました和泉市の藤間さん、河内長野市の稲田さ
ん病院へ見舞いに来ていただきありがとうございました。
――――――――――――――――――――――――――――――――
大阪市の安藤さん
実は、私も、2月10日から23日まで、闘病生活でした。もともと高血圧で降圧
剤の副作用かどうかわかりませんが急な眩暈と吐き気で、救急車で運ばれ即入院と
なりテレビもパソコンもない、人生を考える絶好の空白期間となりました。各種複
雑高価な測定検査データーには特にこれといった異常は認められませんでしたが、
身体全体のバランス失調のようでした。現在も[めまい]が若干残っていますので、
家庭内療養中ですがもともと沖縄にでも長期滞在でもしようと思っていたやさき
だったので病室が沖縄、と発想の転換で、いろいろ考える機会となりました。
――――――――――――――――――――――――――――――――
東京都の若林さん
一ヶ月の検査入院?の結果はいかが。新年早々、郷里の姉が心筋梗塞で急死、元同
僚が悪性リンパ種の検査入院中に逝去、大阪時代の元部下が突然筋無力症になり医
療ミスもあって2月末逝去、郷里の従兄弟が肝臓ガンで逝去、59歳。この二ヶ月
は、喪服かついで郷里、大阪、また郷里と都内を行ったり来たり。私もいろいろと
気になり、大腸、胃、食道の検査、ポリープを切除してもらいました。いうことも
あり、暇をみつけては、アルバムや、書籍など身辺整理を始めました。
――――――――――――――――――――――――――――――――
東京都の美崎さん
私も60才が間近に迫り、他人事ではなくなりました。普段健康に気をつけてい
る積りですが「この肉体は借り物で、『私』は肉体に仮住まいしている」という
表現は、精神意識と肉体は当然一体と感じている私にとって衝撃的なものです。
肝に銘じていきたいと思います。
――――――――――――――――――――――――――――――――
町田市の村田さん
生活習慣病でご入院されたとか、おくればせながらお見舞いを申しあげ
ます。なにせ、加齢という現象は逃れられないものであり、好むと好ま
ざるとにかかわらずついて参りますようで。リハビリも、たいへんでし
ょう。お気張りやして、と申し上げたいところ。そこはそれ、年なりに。
お元気で。
――――――――――――――――――――――――――――――――
豊中市の木村さん
大変だったですね。でもお元気に成られ良かったですね。しかし、退院
の翌日にシニアネットを発行されるとは驚きです。敬服申し上げます。
あまり、無理をなされぬ様に。
――――――――――――――――――――――――――――――――
豊中市の寺村さん
一ヶ月もの間の入院 想像を絶します。でも、確かに日常生活と断絶してしば
らく生活することは必要な気がします。TV・新聞・パソコン・携帯電話に囲ま
れた生活から抜けられない毎日 入院以外の方法で試してみたいと思います。
まだしばらく寒い日が続くようです。お大事に。
――――――――――――――――――――――――――――――――
豊中市の川口さん
しばらくシニア・ネットが来ないので、心配していましたが、やはり入院
だったのですね。我々の年代は、子供のころは栄養失調気味だし、その後
は無理を重ねて頑張ってきたので、ガタがくるのも当然か知れません。早
目の対策は良かったと思いますョ。
――――――――――――――――――――――――――――――――
堺市の相川さん
しばらくシニアネットが、届かないなと心配しておりました。復活おめで
とうございます。
――――――――――――――――――――――――――――――――
神戸市の公江さん
定例研究会においでにならず、心配していました。お大事になさってくだ
さい。
――――――――――――――――――――――――――――――――
神戸市の中尾さん
ご無沙汰しています。メールマガジンを読ませて頂いて初めて入院を知
りました。シニアネットが入らないので心配していましたが、やはり入
院でしたか。
――――――――――――――――――――――――――――――――
奈良市の安達さん
久し振りにシニアネット楽しく拝見いたしました。何時再開されるか首
を長くして待っておりました。これからも宜しくお願い致します。また
長い入院生活ご苦労様でした。然し之でまた元気に生活出来るのですか
ら良かったですね。
――――――――――――――――――――――――――――――――
香川県の三浦さん
健康が一番ですね。お大事に。
――――――――――――――――――――――――――――――――
泉南市の木坂さん                  
27日のシニアネットによりますと一ヶ月ほど検査入院なさって居られ
たご様子。何か兆候があったのですか?「次の一手」を考えるための充
電期間であったと思いますが・・・。まあお互い 肉体的にはそう若く
はないわけですが気持ちの持ちようと、実行力が大事ですね!時節柄 
十分 ご自愛ください。
――――――――――――――――――――――――――――――――
大阪市の岡本さん
随分ご無沙汰しています。シニアネットを見させて頂いています。文学
に無縁な小生も年のせいか多少のわびさびが解るような年齢になりまし
た。本年の11月で60歳になります。3年ぐらい前は無難に仕事を終えて
楽になることを楽しみにしていましたがなかなかうまくいかないものです。
今も頑張っています。連絡をしようと思いながら面白い話がないのでつい
ついご無沙汰して申し訳ございません。体をくれぐれも御自愛して又元気
な顔を見せて下さい。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――
大阪市の林さん
今晩は。早いもので、今年も2ヶ月過ぎようとしています。如何お過ごし
ですか?体調を崩されていませんか?シニアネットが第81号から届かない
のですが?どうしたのでしょう?今日までメールできなくて申し訳なく思
っております。連絡お待ちしております。
――――――――――――――――――――――――――――――――
大阪市の三原さん
退院早々、シニアネットですか。(笑)思っていたより相当元気そうなの
で安心しました。
――――――――――――――――――――――――――――――――
西宮市の藤井さん
京都市の芦田さん
大阪市の永田さん
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】802人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【お問合せ】 shozo.tamura@nifty.com
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】     http://homepage1.nifty.com/s-tamura/    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。