生活情報

シニアネット 『おいおい』

俳句。俳句はすばらしい。俳句を語りあいましょう。

全て表示する >

[No.83-03.03.01] シニアネット(第83号)

2003/03/01

┏━━ senior net ━━━━━━━━━━━━━━ 2003/03/01━━━┓
  
 シニアネット「おいおい」  第83号  
                 
┗━━━━━━━━━━━━━━━   shozo.tamura@nifty.com   ━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
若ければ修二会の僧の燈のほとり           黒田杏子
        
――――――――――――――――――――――――――――――――――
3月1日から14日まで、東大寺二月堂の修二会の行(ぎょう)が行なわれる。お
水取りはこの行の一環である。12日の深夜(13日)のお水取りで、関西では本格的な
春になる。修二会では松明が振り回される。火の松明は京田辺市から、お水取りの
水は若狭から送られてくる。火と水の祭りである。「若ければ」を文語表現で「若
いので」と見ると、修二会に参加している若い僧は燈の側へ行きたがっている。若
い僧が目立ちがっている「おかしさ」がある。「若ければ」を口語表現とすれば、
作者が若かったらあの燈の側にいる僧に接近するのに、となる。2つの読み方がで
きる。「の」が3語重なる。3月9日から大相撲大阪(春)場所が始まる。春は関西
からである。3月は「別れの季節」でもある。企業では、期末決算である。
┏━━ DO ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ◎生活習慣病戦争に生き残ろう◎
「交通戦争」と言われていた。交通事故に全国民が挑戦した。医療問題は、生活習
慣病との闘いだと思う。生活習慣病は4百4病である。長い生活習慣が病気の起因
になる。その生活習慣病は「生活の歪み」が累積した結果である。この歪みは、簡
単には治せない。日本での主な死因(2001年)厚生労働省の統計によると1位 癌 
300,586人 2位 心疾患 148,186人 3位 脳卒中 131,812人 4位 肺炎 
85,265人 5位 不慮の事故 39,454人 である。心疾患と脳卒中の合計は
279,998人。癌は、体のいろいろな部位の合計である。高血圧や血管の劣化による心
疾患と脳卒中が、いかに多いいかが分かる。糖尿病と高血圧が生活習慣病の高位に
ある。高血圧は喫煙と肥満が大敵と言われる。減塩食と運動で効果があるそうだ。
1日3回、起床後1時後、昼間2時頃、就眠前に、血圧を測るところからスタート
しよう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━  SAY ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ◎ポジティブな選択を◎
野村證券が、1月に4回新聞に全面広告をした。抜書きしてみます。●日本には未来
は(ないと思う。 あると思う)。希望をさがす作業です。初めから「ない」と思っ
たら、見つからない。「ある」と信じることから、すべては始まるのだと思います。
2003年。そろそろこの国も、前に向くことを考えていい。それには、まず一人一人
がポジティブな選択をもってみることからだ。●自分の一票ぐらいで日本の将来は
変わらないかもしれない。(だから投票をしない。だから投票をする)。みんな「変
わりたい」という気持ちはもっている。でも自分一人がそう思ったって、とあきら
めている。いまこの国には,そんな気分が広がっているように思います。一人一人は
小さくても、集まればきっと社会のブレークスルーにもつながる。●教育が不安。
将来がみえない。こんな時代に子育ては(つらい。たのしい)。学校が荒れている。
この国の将来はあるのか。そんなニュースばかり聞いていると、子供を育てること
に悲観的になりそうです。でも、あえていま、子供をもとうとする人が確実にいま
す。育児の苦労や教育への不安はあっても、子供というのは、希望をたくすことの
できるリアルな存在です。●日本なら40本は打てる。アメリカでは1本も打てない
かもしれない。(だから挑戦しない。でも挑戦する)。出て行けば失敗するかもしれな
い。とどまれば将来は保証されている。それでも海外へ挑戦する若いスポーツ選手
がどんどん出ています。残るのもひとつの選択。でも、リスクはあってもより大き
な夢に向かいたい。若い人たちのそんな意識の変化が、いまたしかに起きている。
若い人たちの意識の変化は、いつか社会の変革につながる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━ READ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ◎ 田辺聖子「なにわの夕なぎ」(1260円) ◎
朝日新聞夕刊に掲載された「ゆくも帰るも浪花の夕凪」を単行本にした。ご主人
(おっちゃん)の介護と死も、人生は「荘重」になったらあかん をモットーに,
大阪弁で笑い飛ばす。ユーモアあふれる愉しいエッセー集である。単調な病院生
活を豊かにしてくれた。シニアにはぴったりの読み物である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【配信ペース】週一回【 読者数 】797人【 創刊 】平成13年7月23日
【変更・配信停止】
 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=hiro1204
【お問合せ】 shozo.tamura@nifty.com
【発行人兼編集人】 田村昶三 (shozo.tamura@nifty.com )
【 URL 】     http://homepage1.nifty.com/s-tamura/    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-23  
最終発行日:  
発行周期:週一回以上  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。