その他教育

成長するクリスチャン

子供の成長を願わない親はいませんね。同じように神様は、その子となったクリスチャンが、聖書の全てのみ言葉を栄養にして、大人に成長するように願っておられます。これは成長なさりたいクリスチャンのための励ましのメ−ルマガジン
です。

全て表示する >

成長するクリスチャン

2018/09/27

クリスチャンにとって介護施設での生活とは、(言葉はよくないですが、)教会生活とは縁もゆかりもない人たちとの共同生活で、そこには思考力も気力もコミュニケーション力もすでに衰えて、1日中テレビを見て過ごしながら、介護を受けていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

しかし施設入居のその日に、主イエスがお与えになったもっともっとも大切な2つの戒めは、「あなたの主なる神を愛し、あなたの隣り人を愛しなさい(マタイ22:34−42、マルコ12:28−34)でした。

また隣り人への愛は、その人のために祈る、あるいはとりなしの祈りをすることに始まるとも教えられました。


主の目にはすべての人は高価で尊く、主はその人たちを愛しておられる(イザヤ43:4)のですから、私たちの隣り人への愛に、差別も偏見もあってはなりません。


私のように技術コンサルタントの事務所を持ち、自分の書斎では専門のあるいはキリスト教の本に埋もれての毎日、さらにいつも若い人たちが集まってきているそんな生活をしていて、施設で急に高齢者女性のつぶやき集団に加わろうとしても、イライラさせられ、ストレスがたまるばかりの私でした。

「あなたも施設での生活を余儀なくさせられたのだから、信仰もほどほどに、みんなと仲良く」という(信徒ではない)家族の思いやりに感謝しつつも、耐えなければならなかった私でした。

さらに詩編の歌人が謳ったようなよい思い出も、あえて超えなければなりませんでした。

詩篇133:1
見よ、きょうだいたちが一つになって住むことは、なんというしあわせ、なんという楽しさだろう。


そして今、いわば異邦人とも言える人々の中にあって、私にとってそれに代わるみ言葉は、

マタイ
 5:13 あなたがたは、地の塩です。もし塩が塩けをなくしたら、何によって塩けをつけるのでしょう。もう何の役にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです。

 5:14 あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。
 5:15 また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。

 5:16 このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。


主は私に祈りの部屋という素晴らしい<恵み>を与えてくださった一方で、隣り人を愛するという<試み>もまたお与えになりました。


そしてその苦しい日々にあって、私を成長させてくださった主のみことばは、

新改訳2017
ピリピ
2:14 すべてのことを、不平を言わずに、疑わずに行いなさい。
2:15 それは、あなたがたが、非難されるところのない純真な者となり、また、曲がった邪悪な世代のただ中にあって傷のない神の子どもとなり、
2:16 いのちのことばをしっかり握り、彼らの間で世の光として輝くためです。そうすれば、自分の努力したことが無駄ではなく、労苦したことも無駄でなかったことを、キリストの日に誇ることができます。

でした。

村川補遺)この間に主が与えてくださったクリスチャンブック「境界線(Boundaries)」では、神と人間、隣り人どうし、被介護者と介護者、牧師と信徒、信徒と信徒、教会と教会との間での設定とその尊重がいかに重用かを学ぶことができました。

それは親子・夫婦・友人間ではもちろん、職場での上司と部下、同僚間にも日常的に適用され、主の平和に直接結び付く大切な思想です。

機会を得て、私の施設での経験に基づきながら、その本の紹介をさせていただきたいと思っています。

終わり

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-24  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。