その他教育

成長するクリスチャン

子供の成長を願わない親はいませんね。同じように神様は、その子となったクリスチャンが、聖書の全てのみ言葉を栄養にして、大人に成長するように願っておられます。これは成長なさりたいクリスチャンのための励ましのメ−ルマガジン
です。

全て表示する >

成長するクリスチャン

2018/03/16

昨日からしばらく、「復活」の<教義>について、書き込みをさせていただいています。

注)<教義>と<教理>の区別について
教義:宗教が真理と認めている内容や体系。
教理:教義をより噛み砕き、教義の示すものを説明したり実践するための知識。
と区別されることもあるようですが、互換性をもって使われていることも多いので、私としてはあまりこだわりません。
英語では、書名などに、"The Doctrines of the Bible" のように用いるのが普通ですが、dogmatics (教義学、教理学) という言葉もあります。

さて今日の「復活の教義」の説明も難しく思われるかもしれませんが、大切なことなので、新聖書辞典から引用し、聖書引用箇所は新改訳聖書からコピーして示しておきます。

3.キリストの復活の神学的意義.

(1)<キリスト論>的に言うと,

復活はイエスを力を持った神の御子として示した。

ローマ
 1:4 聖い御霊によれば、死者の中からの復活により、大能によって公に神の御子として示された方、私たちの主イエス・キリストです。

復活はイエスを<主>とし、

使徒の働き
2:36 
「ですから、イスラエルのすべての人々は、このことをはっきりと知らなければなりません。すなわち、神が、今や主ともキリストともされたこのイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。」

イエスを<死を滅ぼす方>とした.

2テモテ
1:10 それが今、私たちの救い主キリスト・イエスの現れによって明らかにされたのです。キリストは死を滅ぼし、福音によって、いのちと不滅を明らかに示されました。

そのよみがえりにより,主は、<生かす御霊>となられた.

1コリント
15:45 聖書に「最初の人アダムは生きた者となった」と書いてありますが、最後のアダムは、生かす御霊となりました。

また,大祭司(ローマ8:34),生きている者と死んだ者とのさばき主(使徒10:42)となられたのである.

ローマ
8:34 罪に定めようとするのはだれですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです。

使徒の働き
10:42 イエスは私たちに命じて、このイエスこそ生きている者と死んだ者とのさばき主として、神によって定められた方であることを人々に宣べ伝え、そのあかしをするように、言われたのです。

  (2)<救済論的>に見ると,

復活は贖罪のみわざの核心的な部分である.
キリストは私たちの罪を贖い,きよめるために十字架で死なれたのみならず,罪と死とサタンに打ち勝ってよみがえられた.
そして復活の主のみが「生かす御霊」となり,「救い主」となられたがゆえに,信じる者を「永遠のいのち」へと導かれる.

  (3)<終末論的>に考えると,

復活は信じる者を個人的な意味において変革するだけでなく,被造物全体を神の意図された計画の成就の中へと導いていく。

ローマ
 8:19 被造物も、切実な思いで神の子どもたちの現れを待ち望んでいるのです。
 8:20 それは、被造物が虚無に服したのが自分の意志ではなく、服従させた方によるのであって、望みがあるからです。
 8:21 被造物自体も、滅びの束縛から解放され、神の子どもたちの栄光の自由の中に入れられます。
 8:22 私たちは、被造物全体が今に至るまで、ともにうめきともに産みの苦しみをしていることを知っています。

今日はここまでで、明日は、
 
 4.信者の復活.
新約はイエスの復活と共に,信じる者の復活をもあかししている.「
「わたしは,よみがえりです.いのちです.わたしを信じる者は,死んでも生きるのです」(ヨハネの福音書11:25)
に進みます。

でもこのあたりで、再び、
「教義はよくわかるのですが、聖書に書かれている内容をすべて信じますかと問い詰められれば、やはり、懐疑的にならざるをえません。」という読者の方の声が聞こえてきそうです。

その理由として、私は、聖書の学びは本来「帰納的」であるべきなのに、急ぎすぎて「演繹的」に陥ってしまっているのではという反省を持っています。

それを克服するために、提案されている「聖書は物語である!」に関心をもっています。
(続く)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-24  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。