その他教育

成長するクリスチャン

子供の成長を願わない親はいませんね。同じように神様は、その子となったクリスチャンが、聖書の全てのみ言葉を栄養にして、大人に成長するように願っておられます。これは成長なさりたいクリスチャンのための励ましのメ−ルマガジン
です。

全て表示する >

力(6)

2006/12/30

お詫び:原稿を送信するとき、なぜか !)コリント12:12 のような誤りが発生していしまいます。
これは、第二コリント12:12です。今後、対策をしますが、過去にもこのような誤記がありましたことをお詫びします。

「力」についての書き込みは、もう少し続けたいのですが、年末になってしまいましたので、ここで打ち切りとさせていただきます。

第一コリント2:4 「私のことばと私の宣教とは、説得力のある知恵のことばによって行なわれたものではなく、御霊と御力の現われでした。2:5 それは、あなたがたの持つ信仰が、人間の知恵にささえられず、神の力にささえられるためでした。」

私は、説教とはこういうものであってほしいと願っています。
教える側はもちろんですが、聞く側もまたそれを期待し、そのように受け止めていただきたいと思います。

「今日の牧師の説教は素晴らしかったですね。」と言い合う信徒の言葉は、何を意味するのでしょうか?

教会に来て間もない方々と、成長なさっている方々とでは、その受け止め方が違っても当然ですが、成長なさっている皆様の場合には、その受け止め方は厳しいものである必要があります。

素晴らしかったのは牧師の言葉でなくて、神のみ言葉であったはずです。素晴らしかったとは、「目からうろこ」ではなく、与えられた神の力の凄さです。

素晴らしかった説教は、牧師の素晴らしさではなく、牧師に働いた聖霊の力の素晴らしさの故にだったはずです。

話術が巧みで、冗談も交えて、聖書のみ言葉の深みに大会衆を引き入れる牧師とは違って、それは、言葉もたどたどしく、数少ない信徒の前での地味な説教で、「説得力のある知恵のことばではない」としても、「霊と力の現われである」そういう説教はあるのです。

また、同じ説教であっても、「説得力のある知恵のことば」に説得された人と、「霊と力の現われ」を豊かに与えられた人との違いがあるのです。

第一コリント 4:20 神の国はことばにはなく、力にあるのです。

ヘブル4:12 神のことばは生きていて、力があります。

第二コリント 12:9 しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。

12:10 ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-24  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。