生活の知恵

『価値辞典』〜本音の検索〜深層心理de自分探し診断

物事の価値・心理・本質・裏側・悩み事を紹介し、解決法や発想の転換を探る。また、いろんな人に相談ができる他、投稿による幅広い意見や考えを知る。自分の本音探しに役立つ。教育・資格・恋愛・出会い・人生哲学・成功・生きがい・悩み事相談・人生相談など情報満載。

全て表示する >

『価値辞典』第128号〜無矛盾律〜

2010/11/26

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ☆★☆ ★☆★ 『 価値辞典 』 〜 本音の検索 〜
+==================================================================+
 ★☆★ ☆★☆ 2010年11月26日(金)第128号 総発行数 989 部
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┌┏━┓─────────────────────────────┐
│┃テ┃ーマは本音を探ること。これが本音よ!ごめんなさい。
└┗━┛─────────────────────────────┘
┌┏━┓─────────────────────────────┐
│┃怒┃涛のように押し寄せる真実に目を覚まし次々と続く逆転の発想に
│┗━┛一体何枚目からウロコを落とせるか?読む程に物事の本質や真理
│が明らかになる渾身の力作と悩み事や迷いを払拭するノウハウを大公開
└────────────────────────────────┘
+==================================================================+
┌───┐      ☆購読解除はメルマガの巻末をご覧ください☆
│もくじ│=========================================================+
└───┘
  ┃1 … 価値辞典の本!
  ┗━
  ┃2 … 無矛盾律
  ┗━
  ┃3 … ご意見ご無用!
  ┗━
+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
□■┌─────────┐
■□│1 : 価値辞典の本!
□■└─────────┘
+━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━+
┏━┓
┃本┃:価値辞典が書いた本はこちらから。
┗━┛
   ↓
http://www.kachijiten.com/

+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
□■┌──────┐
■□│2 : 無矛盾律
□■└──────┘
+━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━+
┏━┓
┃矛┃盾(むじゅん)とは、肯定しながら否定するという論理の破綻状態
┗━┛をいい韓非が著した「韓非子(かんぴし)」からの故事成語である。

どんな盾も突き抜くという矛(ほこ)とどんな矛も防ぐという盾(たて)
を同時に売っている商人に大して客が、「じゃーその矛でその盾を突いて
みろ」と言われて絶句したという話である。

もし矛が盾を突き抜けば、どんな矛も防ぐ盾というのはウソとなる。
またもし矛が盾を突き抜けなければ、どんな盾も突き抜ける矛というのは
ウソとなる。
どちらを肯定してもどちらも否定されて論理に破綻が生じるのだ。


      ◆     ◇     ◇     ◇     ◇


世の中には、無矛盾律(むむじゅんりつ)という論理学の法則がある。
噛み砕いて言えば矛盾の無い法則ということだ。

かのアリストテレスはこう語ってる。
ある事物を肯定しつつ否定することはできないと。

つまりどういうことかと言えば、一神教を説く者がいる、同時に多神教を
説く者がいる、でも世の絶対的真理はどちらかであるから、どちらも共に
成立することはないということなのだ。


      ◇     ◆     ◇     ◇     ◇


また、論理的な人間がいる、同時にその人は感情的な人間でもある、でも
人間はどちらかであって両方を合わせ持つということは成立しない。

論理的でたまに感情的なんて人間ははあり得ないのだ。
論理的とは終始論理的なことを論理的というのであって、たまに感情的な
のは、感情的な人間というのだ。
したがって人間は論理的か感情的かのどちらかになるのである。


      ◇     ◇     ◆     ◇     ◇


また、人生とは無駄そのものである、それに対して人生とは無「無駄」で
あるという価値観はともに成立することはない。

つまり、人間は無駄な時間が大切なのか、無駄の無い時間が大切なのか、
どちらかになるということだ。

無「無駄」が大切であると符合した人は、じゃー何が無駄無駄だったのか
を解明しなければならない。

そうじゃないと、価値観に齟齬を生じてしまうからだ。
仕事の時間が無駄なんだと符合すれば、仕事の時間を撲滅すればいい。

勉強をする時間が無駄なんだと符合すれば、勉強をする時間を撲滅すれば
いい。

友達と食事をする時間が無駄なんだと符合した場合はその時間を撲滅すれ
ばいいのである。
同じ人間の中に無駄と無「無駄」は同時に同居はできないのである。


      ◇     ◇     ◇     ◆     ◇


このように無矛盾律は、絶対的真理の追及に使われる。
この真理探究を怠れば自家撞着に陥ることになるだろう。

自家撞着(じかどうちゃく)とは、同じ人間の言動が矛盾するという自己
矛盾である。


+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
□■┌─────────┐
■□│3 : ご意見ご無用! 
□■└─────────┘
+━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━+
┏━┓
┃こ┃のスペースでは、皆様のご意見をお待ちしております。
┗━┛
 「ご意見ご無用」と名付けておきながら、意見を募集するとは何事か、
とさっそくお叱りのご意見を頂きそうですが、自分の意見は他人には惑わ
されない、この世に唯ひとつのピカピカと光輝くものである、ということ
を表したつもりです。

 と、書いてしまいましたが、独自性のある意見でないと・・・なんてい
う風に取られてしまっては、来るものも来なくなりそうなので、面倒な意
味付けは気になさらずに、 

「どのようなことでも結構ですので、気軽にメールしてください。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ===============================================================
 ■【発行】:『価値辞典』本音の検索:http://www.kachijiten.com/
 +-------------------------------------------------------------+
 ■【購読・解除】:http://www.kachijiten.com/magazine/
 +-------------------------------------------------------------+
 ■【お問い合わせは】:『価値辞典』:editor@kachijiten.com
 ===============================================================
 【配信システム】
   ★まぐまぐ(ID:74483) http://www.mag2.com/ 
   ☆melma!(ID:54286) http://melma.com/
   ★めろんぱん(ID:3098) http://www.melonpan.net/
 +-------------------------------------------------------------+
 【購読解除】
   ★まぐまぐ(ID:74483) http://www.mag2.com/m/0000074483.html
   ☆melma!(ID:54286) http://www.melma.com/backnumber_54286/
  ★めろんぱん(ID:3098)
  http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=003098
 +-------------------------------------------------------------+
 Copyright(C)2001- kachijiten.All rights reserved.転載転送禁止
 +-------------------------------------------------------------+
 ===============================================================
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-28  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。