生活の知恵

『価値辞典』〜本音の検索〜深層心理de自分探し診断

物事の価値・心理・本質・裏側・悩み事を紹介し、解決法や発想の転換を探る。また、いろんな人に相談ができる他、投稿による幅広い意見や考えを知る。自分の本音探しに役立つ。教育・資格・恋愛・出会い・人生哲学・成功・生きがい・悩み事相談・人生相談など情報満載。

全て表示する >

『価値辞典』第95号〜あなたは人間性善説派?〜

2007/11/20

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ☆★☆ ★☆★ 『 価値辞典 』 〜 本音の検索 〜
+====================================================================+
 ★☆★ ☆★☆ 2007年09月20日(火)第95号 総発行数 1,713 部
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┌┏━┓──────────────────────────────┐
│┃テ┃ーマは本音を探ること。これが本音よ!ごめんなさい。
└┗━┛──────────────────────────────┘
┌┏━┓──────────────────────────────┐
│┃怒┃涛のように押し寄せる真実に目を覚まし、次々と続く逆転の発想に、
│┗━┛一体何枚、目からウロコを落とせるか?読む程に物事の本質や真理
│が明らかになる渾身の力作と、悩み事や迷いを払拭するノウハウを大公開!
└─────────────────────────────────┘
+====================================================================+
┌───┐      ☆購読解除はメルマガの巻末をご覧下さい☆
│もくじ│===========================================================+
└───┘
  ┃1 … 率先垂範の伝播!
  ┗━
  ┃2 … あなたは人間性善説派?それとも人間性悪説派?
  ┗━
  ┃3 … ご意見ご無用!
  ┗━
+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
□■┌──────────┐
■□│1 : 率先垂範の伝播!
□■└──────────┘
+━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━+
┏━┓
┃み┃なさん、いじめは良くないと、そう思っていますよね。
┗━┛

そう。


みんなは、いじめは良くないと思っている。

 ↓

だから、みんなはいじめを止めるんだ。

 ↓

そうなれば、おのずといじめは無くなる。


となります。


     ◆     ◇     ◇     ◇     ◇


そして、この法則は、すべての事象に当てはまる普遍的なルールに他ならな
い。

また、この法則の強みは、その普遍的な率先垂範の伝播にあるのです。

ちなみに、「いじめ」のところに「差別」を入れてみる。「殺人」や「強盗」
も入れてみる。

「けんか」や「ウソをつく」も入れてみる。
何を入れてもしっくりと来る、という風に完璧じゃないですか。


     ◇     ◆     ◇     ◇     ◇


この完璧な法則は、以上のようなマイナスイメージのものばかりにあてはま
るだけじゃなく、プラスイメージのものにも利用可能です。

例えば、朝、登校して、隣の人に笑顔で「おはよう」と言う。
そうすれば、その笑顔は隣人にも伝播して、笑顔で「おはよう」合戦となる
のです。

我々は、いつも隣の人に笑顔でいて欲しいと、おねだりをしてしまいがちで
すが、笑顔は相手に求めるものじゃなくて、まず自分からするものだったの
です。

笑顔はプラスへと作用し、何事をもうまく運ぶようになるでしょう。
いじめのマイナス作用とは大違いですね。


     ◇     ◇     ◆     ◇     ◇


いじめを止めればいじめは無くなる。
でも無くなったところで、ようやくスタートラインに戻ったに過ぎません。
止めたところで、ようやくゼロなのです。

我らの人生の醍醐味は、そのゼロから何を始めるかにあります。

「何を始めるか」のところで、笑顔を振りまいて、または、プラス思考を振
りまいて、発展的に展開していくのが人生なのです。

「いじめを止めればいじめは無くなる」は、人生の歩みを一歩も進めない収
縮の思考に過ぎません。

いじめが無くなった時点において、我らは発展の思考によって人生を開花さ
せられるのです。


     ◇     ◇     ◇     ◆     ◇


まずは、率先垂範。

自分がいじめをすれば、隣人もいじめを始めるし、自分が止めれば隣人もい
じめを止める。

自分が怒っていれば、隣人も怒り始めるし、自分が笑顔になれば隣人も笑顔
になるのです。

率先垂範は、マイナス方向にも、プラス方向にも、また、如何様な方向にも
伝播します。

いじめしかり、けんかしかり、大きなところでは国家犯罪や国家間の紛争や
戦争、すべてが、この単純で明快すぎる理論に当てはまります。

複雑で一見、有効そうに見える、けれど、実効性が少しもないような対策を
講じている、いわゆる専門家達からすれば認めたくないかもしれませんが、
結局は、解決方法なんてこんなもの、単純でストレートなものだったのです。


     ◇     ◇     ◇     ◇     ◆


いじめを無くせない原因は、みんなの「きっと無くならないだろうという、
漠然とした予測」だったりするのです。

我らが、その予測を持っている限りは、すぐにでもできる、「自分がいじめ
を止める」という単純明快なことすらできずに傍観者であり続けるのです。


世の中のいじめは無くならない。

 ↓

だから、自分ひとりが止めても、いじめは無くならない。

 ↓

結局は、いじめを傍観していじめを助長する。


という率先垂範は隣人へと伝播し、いじめ傍観者へと変えて行く。


     ◆     ◇     ◇     ◇     ◇


そうじゃなくて、


世の中のいじめは無くせる。

 ↓

そして、自分ひとりが止めたら、いじめは確実にひとつ無くなる。

 ↓

結局は、いじめ撲滅は伝播して、いじめは無くなる方向へと進展する。


という率先垂範で行こうじゃありませんか。


     ◇     ◆     ◇     ◇     ◇


いじめられていた人にとっては「いじめられない」という原状回復は、人間
らしい人生を送るためのスタート地点への回帰に過ぎない。

そこから初めて、プラスの率先垂範によって人生を切り開いて行くのです。

そしてこのことは、いじめていた者や、それを傍観していた者にも当てはま
ります。

我が身を嫉妬と憤怒と怠惰に奪われ、嫉妬と憤怒と怠惰のなすがままに我が
身を任せてきた人達にも。

+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
□■┌─────────────────────┐
■□│2 : あなたは人間性善説派?それとも人間性悪説派?
□■└─────────────────────┘
+━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━+

┏━┓
┃銃┃による自衛が認められているアメリカでは、年間1万人が銃によって
┗━┛死亡しているんだって。

1万人と言えば、日本における交通事故死も1万人。

我らは、車に乗ったとき、「対向車が何の前触れも無く急にこちらに突っ込
んでくるかもしれない」とか、「細い路地から子供が不意に飛び出して来る
かもしれない」とか、「青信号であっても何が横切ってくるかもしれない」
とか、「前を歩いてる子供がまったく後ろを振り返らずに急に前を横切るか
もしれない」などという風に、「かもしれない運転」を心掛けます。


     ◆     ◇     ◇     ◇     ◇


じゃー、アメリカではさしずめ、「普通に歩いていたらすれ違いざまに押さ
え込まれて銃で脅され撃ち殺されるかもしれない」とか、「学校で勉強して
いたら不意に暴漢が乱入してきて銃で乱射されるかもしれない」とか、「コ
ンビニで買い物をしていたら強盗が押し込んできて射殺されるかもしれない」
とか、「家でくつろいでテレビを見ていてもさえ盗人に殺されるかもしれな
い」という風に、ありとあらゆる危険を察知したり予測する、「かもしれな
い生活」か。

でも何の因果か、訳も分からずに殺されてしまうんだから、注意のしようも
無いといえば無いか。

じゃー、どうせ殺されるんなら、ということで、だから、銃で自衛するんだ
ね、アメリカは。

そうか、それしか選択肢がないんだね。


     ◇     ◆     ◇     ◇     ◇


「人を見れば盗人と思え」か。
じゃー、アメリカでは「人を見れば殺人鬼だと思え」だよね。

広い世の中だけど、殺人鬼を信用する人は居ないか。

それじゃー、ということで、「お互いに信用ならないんだったら、お互いに
疑い合いましょう」っていう風に、「人間は本来悪である」という人間性悪
説社会を築きあげてきたんだね、アメリカは。


     ◇     ◇     ◆     ◇     ◇


だから、「そんな悪人と付き合うためにはサ、お互いに条件を突きつけ合っ
てサ、お互いを縛り合おうよ」、そして、「約束破棄の場合はサ、ケンカで
けりをつけようじゃないの」というような、そんな訴訟社会を築きあげてき
たんだね。

悪人はいつまで経っても悪人だろうから、「10年付き合ったんだから信用
してあげましょう、そして、これからは条件なしで付き合ってあげましょう」
なんてことにはならないよね。


     ◇     ◇     ◇     ◆     ◇


以上は、会社同士の付き合いでも同じ。
長年取引してるんだから、お互いに信用し合ってるかと思えばさにあらず、
なんだよね。

何年付き合ったって、油断がならない存在なんだ、お互いに。

普通の人間関係ならまだしも、結婚相手の場合も信用がおけないのかな。

今この瞬間は信用し合ってるから結婚するんだろうけど、人間は本来悪なん
だから、未来に向かっての信用などはある筈がないってことか。

だから、離婚に至る条件や賠償金額なんかも、婚前にあらかじめ決めておく
必要があるのか。


     ◇     ◇     ◇     ◇     ◆


「愛してる」っていう気持ちも例外じゃないんだね。

未来永劫、愛してるかどうかなんて、何の保証も得られないものだから、毎
日、口に出して愛してるかどうかを確認する必要があるんだね。

そうか、人間は本来、裏切る存在だから、そうなってるんだね。

今この瞬間においても裏切られるかもしれないのに、遠い未来において、裏
切られないなんて訳がない、ってことなんだね。


     ◆     ◇     ◇     ◇     ◇


その点、日本は人間性善説の国。
人間は本来善であるっていう国です。

アメリカでは、会社に10年勤めたって、20年勤めたって、今この瞬間に
何ができるかで評価しようとするけれど、日本では、10年勤めたんなら、
10年間の信頼が積み上げられ、そして、その実績で今後も雇ってやろうじ
ゃないの、ってことになるんだね。

日本では、今、何ができるかじゃなくて、今まで何年勤めて来たかっていう
ことが、ものを言うんだね。


     ◇     ◆     ◇     ◇     ◇


恋愛も同じか。
日本では、今、愛してるかどうかは言わなくても、10年間付き合ってきた
という実績から気持ちを推測して汲み取ってちょうだいよ、っていう感じな
んだね。

日本においては、人間は本来裏切らない存在なんだから、今日この瞬間にお
いて、愛してるかどうかを問う必要も無いんだ。

ちなみにサ、日本は労働生産性がアメリカよりも低いって言われるけど、こ
の違いが影響して来たんじゃないかな、ってそう思う。

アメリカのように、「こいつはちゃんと今日も働いてるのか」って疑われて
る方が、真剣に働くような気もするし。

日本みたいに、今までの実績の評価から、「取り敢えず雇ってあげましょう」
的なことになるんなら、誰もが安心しきってダレまくり、決して全力なんか
を出しっこない、ってことだよね。


     ◇     ◇     ◆     ◇     ◇


結果、アメリカにおいては、今この瞬間に全精力を出し切ることを求め、日
本においては、今この瞬間と申しますか、遠い未来までのと申しますか、結
局は、どの瞬間においてもベストを尽くすことを求めないのです。

恋愛においても、アメリカは、この一瞬を愛し尽くすことを求め、それに対
して、日本は、どの瞬間にも愛が存在しない、ことを求めていることになる。

さすがは、合理主義のアメリカ。
恋愛においても、最大で最高の出力を、その瞬間瞬間において求めるんだ。
決して、手抜きは許さないんだね。


     ◇     ◇     ◇     ◆     ◇


合理的効率を求めない日本における、惰性で巡航中の恋愛。
こんなものは、手抜き工事の何者でもなく、不義不忠、裏切りに偽りに無礼、
エエイ、一体何て表現したらよいのやら、まったくもって人をバカにしてる
としか思えない。

理不尽や不条理が跋扈(ばっこ=思うままに勢力を振るう)する日本におい
ては、「まあまあ、そんなにいきり立ちなさんなって、角が立つからそこら
辺で丸く治めませんか」的な恋愛が跳梁(ちょうりょう=我がもの顔に走り
回る)するのです。

やがて、みんなは引き下がり、不満や不安を押し殺す。

日本では、詰め碁のように、「愛してるかどうか」は詰問せず、詰め将棋の
ように、「愛してるかどうか」をいちいちと問いただしたりはしない。


     ◇     ◇     ◇     ◇     ◆


さて、あなたは人間性善説派、それとも人間性悪説派?一体どっち派ですか? 

+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
□■┌─────────┐
■□│3 : ご意見ご無用! 
□■└─────────┘
+━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━+
┏━┓
┃こ┃のスペースでは、皆様のご意見をお待ちしております。
┗━┛
 「ご意見ご無用」と名付けておきながら、意見を募集するとは何事か、と
さっそくお叱りのご意見を頂きそうですが、自分の意見は他人には惑わされ
ない、この世に唯ひとつのピカピカと光輝くものである、ということを表し
たつもりです。

 と、書いてしまいましたが、独自性のある意見でないと・・・なんていう
風に取られてしまっては、来るものも来なくなりそうなので、面倒な意味付
けは気になさらずに、 

「どのようなことでも結構ですので、気軽にメールして下さい。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 =================================================================
 ■【発行】:『価値辞典』〜本音の検索〜:http://www.kachijiten.com/
 +---------------------------------------------------------------+
 ■【購読・解除】:http://www.kachijiten.com/magazine/
 +---------------------------------------------------------------+
 ■【お問い合わせは】:『価値辞典』編集室:editor@kachijiten.com
 =================================================================
 【配信システム】
   ★まぐまぐ(ID:74483) http://www.mag2.com/ 
   ☆メルマガ天国(ID:9666) http://melten.com/
   ★カプライト(ID:2785) http://kapu.biglobe.ne.jp/
   ☆RanSta(ID:251) http://ransta.jp/
   ★melma!(ID:54286) http://melma.com/
   ☆めろんぱん(ID:3098) http://www.melonpan.net/
 +---------------------------------------------------------------+
 【購読解除】
   ★まぐまぐ(ID:74483) http://www.mag2.com/m/0000074483.html
   ☆メルマガ天国(ID:9666) http://melten.com/m/9666.html
   ★カプライト(ID:2785) http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/2785.html
   ☆RanSta(ID:251) http://www.ransta.jp/backnumber_251/
   ★melma!(ID:54286) http://www.melma.com/backnumber_54286/
  ☆めろんぱん(ID:3098)
   http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=003098
 +---------------------------------------------------------------+
 Copyright(C)2001- kachijiten.All rights reserved.転載,転送自由
 +---------------------------------------------------------------+
 =================================================================
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-28  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。