恋愛・人生

レイキで始める癒しと気付きの毎日

体と心を癒すことで運気もUP!レイキを身に付けることで生活のクオリティを向上させよう。レイキのある生活を通して感じたこと、思ったことを書いています。
毎月2回格安の遠隔ヒーリングも希望の方にしています

全て表示する >

レイキで始める癒しと気付きの毎日・自分を罰しない

2015/04/17

ブログ、メルマガを毎日書いていくと、増長して高慢になっていく自分がいると書きました。 それが本業(学習塾)の経営にも影響しているということも。 誤解があってはいけないので言っておきますが、 生徒や保護者への態度が横柄になったりして経営が苦しくなっているのとは違います。 あくまでも、スピリチュアル的な相関関係として、心の状態が現実の生活に影を落として いると言うことです。 科学的に直接的な証明はできませんからあくまでも相関関係です。 これは精神世界の考え方である現実世界は心の世界を映したものと言う考え方に因ります。 私にとっては、経験的にその法則性は確かめられているつもりなので、それは自分の状況 分析や態度を決める上ではとても重要なことです。 ただ、心のコントロールはとても難しいものです。 油断すると、連想ゲームを始めて自分のコントロールから離れてしまうのが心の特性です。 それは日常生活を円滑に行うために脳によって自動化されている部分があるためにしょうが ないのですが、日々、心の反応の仕方を調整、修正してトラブルを起こしにくくなるように自 動化された部分をメンテナンスする事が大切です。 そして、自動化された反応によって、生じることがある不協和音に敏感になることで、いつでも 心のコントロールを取り戻すことが出きるようになります。 人格者と呼ばれる人はそう言うことがきちんとできていると言うことです。 そう言う点では、私はまだまだ人格者とはほど遠いのです。 前置きが長くなりましたが、そう言う高慢さが不協和音を起こしていたこと以上に重大なことに 気づいてしまいました。 これは日本人には多いかも知れないので、お伝えしなければならないと思って書いています。 何に気づいたのかというと、 偉そうに毎日あれこれ書きながら、書いている自分を罰している自分がいることに気づきました。 書けば書くほど自分を罰していたのです。 その罰は現実の問題として自分が困ったと感じる事態を生み出します。 それが、本業の不振を更に深刻にしているようです。 私のありのままの過去を振り返ると、 私は恥ずかしいことだらけの人生です。 人に迷惑をかけたり、人を泣かせたり、自分勝手に振る舞ったり。 そんな人間が偉そうに人に講釈をたれるのです。 書きながら、自分に言い聞かせているのだと思っているのですが、 その隣で、人にそんな偉そうなこと言えるほどお前は立派な人間か? と問いかけている自分がいます。 そら、これが本当のお前だ。現実を見て見ろ そう言いながら、上手く行きかけていたものがガタガタと崩していくのです。 これは自分で自分を罰した結果とも言えます。 偉そうなことを言わずにじっとしていれば、地味ながらもそれなりにやっていけたのかも知れない。 でも、それは自分の可能性にふたをすることです。 本当の自分のすべてを見ようとしないことです。 だから、じっと身を潜めていてはもったいないのです。 じっとしているのではなく、 自分をきちんと許し、認めること。 それが、できるようになることを自ら示すことで、他の人の光にもなれるのだと思っています。 これからも、自分の心と向き合い続け、自分自身をもっと愛せるようになっていきたいと思います。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-02-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。