恋愛・人生

レイキで始める癒しと気付きの毎日

体と心を癒すことで運気もUP!レイキを身に付けることで生活のクオリティを向上させよう。レイキのある生活を通して感じたこと、思ったことを書いています。
毎月2回格安の遠隔ヒーリングも希望の方にしています

全て表示する >

レイキで始める癒しと気付きの毎日

2014/10/25

寒くなってきましたね。 私の周りでも、体調を崩す人がぽつぽつ。 そんなときはレイキヒーリング! ではありません。 その前に、風邪ひき前後の生活を見直しましょう。 やりたい放題やって、レイキヒーリングに尻拭いをしてもらうのでは、いつまで経ってもお子さまレベルの意識です。 そんなことは臼井先生も誰も望むことではありません。 そうやって考えると、レイキとのつき合い方も自ずと分かろうものですね。 自分のエゴを無条件に満たすためにレイキをして、自分の都合に合わせて願望実現と言うのは筋違いです。 この方法なら、周囲との調和を保ってwin-winの関係でみんなが幸せになれるんです、と言いながらエゴ全開の願望成就を願ったとして、それが叶えばどんな世界がやってくるのでしょう・・・ 願望実現のメソッドはたくさんありますが、それらを活用する前によくよくご自身と向き合ってみましょう。 話がそれました。 今回も新しくamazon kindleの電子書籍の宣伝です。 今回のタイトルは、 「遺書・レイキティーチャーが無信仰の子ども達に残す先祖供養・葬送マニュアル」 なかむらかずひろ 著 です。 遺書なんて、おどろおどろしいタイトルですが、冗談ではありません。 私が死んだとき子ども達に何が残せるだろう?と考えてみると、私には財産らしきものがありません。 と言うか、物的な財産など残したところで、子ども達には重荷にはなっても宝ではありません。 だから、私の死を通して、子ども達に人とはどういう存在か、私たちの存在する宇宙とはどういうものかを考える機会を持ってもらおうと思ったのです。 本当の財産は、親から受け継がれる経験や生き方だと思います。 日常の生活態度や知恵は在る程度伝えてきたつもりですが、私が今までに育んできた死生観や見えない世界への理解について語る機会は残念ですが在りませんでした。 しかし、私の人生の思考の半分はあちらの世界のことでした。 私がこの世界を通して見ようとしてきたものは、あちらの世界のことでした。 そして、それらを見つめることで、ほんの少しですが、私は「安心」と言うものが分かったような気がします。 その「安心」の一部でも子ども達に伝えることができれば、それこそ私が残せる最大の財産ではないかと思ったのです。 人は物質的な存在ではありますが、人の幸せは物質的な充足のみでは得られないことはほとんどの人が既に感じています。 あと何が在れば良いのだろう? それらがどういうことかはこの本の中に書いています。 そう言う意味で、この本はスピリチュアルの教科書だとも言えます。 私が見ているこの宇宙の在り方、人間観、様々な現象の仕組みについて思いを巡らせています。 できれば、子ども達だけではなく、多くの人にも伝われば世界がもっと明るくなると思っています。 いつも宣伝ばかりで済みません。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-02-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。