恋愛・人生

レイキで始める癒しと気付きの毎日

体と心を癒すことで運気もUP!レイキを身に付けることで生活のクオリティを向上させよう。レイキのある生活を通して感じたこと、思ったことを書いています。
毎月2回格安の遠隔ヒーリングも希望の方にしています

全て表示する >

レイキヒーリングで始める開運・癒し生活入門

2009/06/12

こんにちわ、レイキで開運の中村です 豚インフルエンザも下火になりつつありますが、皆様の地域ではどんな感じでしょうか? 大阪では一週間、中高全面休校となり、一週間町が静まり返っていました。 その中で私が運営している塾は普段どおりに営業。 一応、心配な人は後日振り替えすると言うことで休んでもらい、家にいると気が狂いそう だと言う人には気分転換に勉強にきてもらうことにしました。 結局休んだ人は全体の一割。 今回の大阪府の措置についてはいろいろな意見があるでしょうけど、やはり過剰反応 だったなと思ってしまいます。 感染力は高くても、弱毒性と言われているのに何故あそこまで? まあ、それぞれのレベルでの責任問題があるのでしょうがないのでしょうけど、今回の ような感じで、非常事態宣言をしながらも大した流行もなかったと言うことが何度か続け ば、必ず今回も大丈夫だろう、と考え出す人が増えてきます。 そうなれば行政が狼少年状態になります。 その方が怖いと思いませんか? 今回のように感染してからの対処法があると分かっているものなら、行政的な措置は感染 者に対してのみで良かったんじゃないでしょうかね? ちなみに我が家ではちょうど中高の休校措置の週に長男三男が熱を出し、私も咳が止まらなく なりました。 それでも、インフルエンザの症状ではないと言うことで、ひたすら静観。 子供たちはその週のうちに回復しましたが、私の咳は2週間たっても治まらず、今も少し 残っています。 何故そんななのにレイキをしないのだ?と言われそうですが、風邪は自業自得、つまり自分 が作った業を解消している作業です。 つまり極端に言えば解脱への道を歩んでいるとも言えます。 それをレイキで解消すれば、私は自分の解脱への道を自分で遠ざけることになるんですね。 そう言うものなの? とびっくりの人もいらっしゃるでしょう。 そりゃそうです。 私もそう言う考えに至ったのは、そんなに古い話ではありませんから。 でもね、やっぱりそうなんですよ。 じゃあ、何故自分にレイキをして病気を治したりするんだ? と聞く人もいらっしゃるでしょう。 これはサイトのどこかに書いたことがあると思うんですが、一応書いておきます。 それは、自業自得でも納得して受けられる形、耐えられる形でやってきたものであれば 心を穏やかにそれを受け入れて過去の業を解消できます。 しかし、自分のキャパシティーを超えたものがやってくるとどうなるでしょう? 心が持たないのです。 そして、愚痴愚痴愚痴・・・・ これは新たな業を生み出すことになります。 そうなる位なら、ちょっと今やってきている業は横にどけておいて、違う形でやってくる ようにしてもらうなり、分割払いにしてもらいましょう。 と言うことなんですね。 それが、カルマ解除のヒーリングの正体。 だから、やたらめったら自分にヒーリングをする必要はありません。 他人に迷惑をかけない程度に調整できていればいいんですよ。 笑顔や感謝の気持ちがところどころでわいてくる程度に心に余裕があるならば、多少の 病気や苦しみなどはそのまま受け入れていたらいいんです。 人間は楽しむために生まれてきたんですよ、などと胡散臭い精神世界を食い物にしている人が 言ったりしますが、そんな貧乏臭い発想が世の中を余計にダレダレのおかしいものにしています。 確かに楽しんで生きることは大切ですが、この言葉を自分に都合よく受け取って、しんどいことから逃げて、楽を楽しいと勘違いする人がどれだけ多いことか・・・ そう言う人が安易に癒しを求めてきます。 しんどいことすら楽しいものと受け止めて生きるのが、楽しんで生きるということです。 そう言うことに気付くのもレイキの実践の積み重ねのおかげでもあるんですけどね。 だから、レイキを突き詰めていけば必ずレイキは卒業することになるんです。 そして、次の代の学びを必要とする人たちに、レイキと言う教材を受け渡していきさえすれば、 良いのです。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-02-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。