恋愛・人生

レイキで始める癒しと気付きの毎日

体と心を癒すことで運気もUP!レイキを身に付けることで生活のクオリティを向上させよう。レイキのある生活を通して感じたこと、思ったことを書いています。
毎月2回格安の遠隔ヒーリングも希望の方にしています

全て表示する >

レイキヒーリングで始める開運・癒し生活入門

2008/06/06

こんにちは、レイキで開運の中村です。 雨の影響でしょうか、涼しい日が多いですね。 4月ごろには馬鹿みたいに暑くて、今年の夏はどうなることやらと、心の準備をしていたのですが・・・。 とにかく、子供の頃より汗かきな私にとっては、夏は大変です。 特に整体の時は汗を拭き拭きお客様にかからないようにと人の倍気を遣ったりします。 自分の整体院でするときは自分にある程度温度を合わせられますが、出張の時はそうもいきません。 まあ、そうは言っても元々夏は大好き。 仕事を離れて汗かきたい放題の時は、遠慮なく汗をかいて夏を感じて一人喜んでいます。 「一水四見」 今読んでいる、仏教の一般書の中に出てきた言葉です。 決して気学占いではありません。 一つのことを見るにしても、立場によっていろいろな見え方をするものだ、と言うことらしいです。 いつも、似たようなことを言っているつもりですが、なぜかこのシンプルな言葉に感心してしまい、すぐさま筆を執りコピー用紙に書いて壁に貼っておきました。 理想を言えば、何気なくものを見るときにも、そう言う意識で自分の思考のパターンや、価値観という思考の「重力」に囚われないように気をつけて、さまざまな側面を意識するに越したことありません。 我々は誰かに相談を受けると、その困った事柄の意義について、相談者の囚われたものの見方以外の見方を提示して、苦しみを和らげたりすることがあります。 でもそれは、他人による思考のコントロールです。 しかし実際には、普段からそうすることが癖になっていれば、本当に困ったことがあって心に余裕がなくなりそうなときでも一人でそれができるんですね。 そう感じたので、塾の教室に貼っちゃいました。 しかし、待てよ、この言葉、それぞれの見方があるってことは、それぞれの立場があり、それぞれの思考パターンや、価値観がその見方に反映されると言うことじゃない。 つまり、それはその見え方のどれもが真実を映している訳ではないと言うことだ。 なら、真実を心に映したとき、人はどう感じるのだろう? 答えは何も感じないのです。 スピリチュアルな世界に遊ぶ人たちは、存在のすべてに神の愛や、それらを感じる自分が存在することに歓喜が湧き上がるのだとか言いそうですが、それはそれで一つの価値観に囚われているのです。 それは、神の存在は善、神の意図するものは善という前提です。 我々が神=宇宙法則の働きの結果に生まれたものである以上、その価値観から抜け出すことはできないと言えばできないのかもしれませんから、それはやむをえないのかと思います。 ネガティブな感情よりも感謝の感情の方がましですからね。 でも、仮にでもこの次元をつかさどる神=宇宙法則の制約から外れたところから、この宇宙や神=宇宙法則を俯瞰することができたら、この宇宙の存在も神の存在も働きも、単にそこにあるだけと感じるのでしょうね〜。 そんな風に感じるのでは味気ないじゃないかという、人間らしい感性の人のクレームが飛んできそうですが・・・ とりあえず今は、人として存在し、さまざまなことを経験し、感じていることをありがたいこととして受け入れていたいですね。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-02-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/06/07

    む、むずかしい・・・もう少し、優しい言葉で書いていただける部分もあれば、楽しく読み続けられるかも知れません。よろしくお願いします。。。