恋愛・人生

レイキで始める癒しと気付きの毎日

体と心を癒すことで運気もUP!レイキを身に付けることで生活のクオリティを向上させよう。レイキのある生活を通して感じたこと、思ったことを書いています。
毎月2回格安の遠隔ヒーリングも希望の方にしています

全て表示する >

レイキヒーリングで始める開運・癒し生活入門

2007/01/04

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ レイキヒーリングで始める開運・癒し生活入門(目標月刊)               By レイキで開運!癒し王国(なかむらかずひろ) レイキについてお知りになりたい方、御質問・御相談は http://reiki621.hp.infoseek.co.jp ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 御注意 このメールマガジンは、決して開運をお約束するものでも病気の治癒をお約束するも のでもありません。あくまで、なかむらの個人的な体験やヒーリングの報告、私見を 一切の飾りを排除して素直にお伝えするためのものです。また、話の流れは体系的な ものではありませんので、このメルマガを通して、レイキを専門的に学ぶことは期待 しないでください。 ちなみに、こちらで紹介したことを実践し、失敗された方やますますひどくなったり した場合の責任は一切負えません。 また、その逆に成功された方に対し、一切の報酬も要求しませんので、お気軽にヒー リング、開運生活を楽しんでください。 ------------------------------------------------------------------------- お願い もし、お知り合いに、レイキやヒーリングに興味のある方や体や心の不調にお困りの 方 があれば、このメールマガジンや私のHPのレイキの日のことを御紹介ください。少し で も多くの方のお役に立てられて、レイキの輪が広がれば幸いです。 ----------------------------------------------------------------------- 明けましておめでとうございます。 レイキで開運の中村です。 普段は1日に発行しているメルマガですが、今月は少しおさぼりです。 皆さんの2006年はどのような一年だったでしょうか? 私の2006年は経済面で言えば、大変な一年でした。 しかし、それはある程度計算ずくのことでしたので、それ程焦ることもなく去年のテーマとしていることを一つずくこなしていくことができました。 学習塾の方を縮小したので、メインの収入源だけでは生活ができない状態となり、レイキセミナーの料金も生活費として当てての生活でしたが、そのレイキセミナーの方も検索エンジンの大幅な仕様の変更のために一昨年前の三分の一となり貯金を切り崩しての生活でした。 正直言って今年も更に状況は厳しくなります。 これじゃあ、何処がレイキで開運なんだか・・・と言われそうですが、結構私は楽天的であったりします。 それは、この一年の中でテーマとしていたことはある程度こなせていたからです。 長男の小学校入学に伴って起こるであろう問題のサポート。 三男の育児。 そして、整体の技術習得。 これが、去年の主なテーマでした。 長男の方は、ちょくちょくトラブルになりかけていましたが、その都度子供への指導とフォローをして、学校との連携も取りました。 三男の方は、チョコチョコ歩き出す時期で、妻の方も家事や子供三人の世話でかなり精神的に余裕を無くしていましたので、危険がいっぱい。とりあえず手伝えることは手伝って何とか無事に一年を過ごせました。 そして、整体。8月に研修は終了し、HPや張り紙などでチョコっと宣伝をしていますが、4ヶ月の間にぽつぽつですが実際にお金を頂いて施術をさせてもいただけました。 まだまだ、これで生活とまでは行きませんが、生活をしていく上での収入のバリエーションが増えました。 しかし、そう言う去年にも反省がないわけではありません。 それは、神社仏閣への参拝をあんまりしなかったこと。 神社仏閣に良くとやはり運気がスムーズになります。 これは、自分のもつ波動を整える作用があるからだと思いますが、霊気の実践だけでは上手く行かないことがあったりするときは、最後の一押しをしてくれるような感じです。思惑通りに行かなくても、その結果を受け入れるだけのことですが、やはり思惑通りに行くのはありがたいものです。特定のお願いをしに行くことはありませんが、波動の調整のためにも神社仏閣めぐりはストレスを開放する役割を果たしてくれていたようです。 そして今年一年をどのように過ごしていくかも大体決まってきました。 整体の練習も落ち着いたので、今年はもう少し学習塾の方も力を入れてみます。 やっぱり、柱がしっかりしていないと、生活も安定しませんから。 また、整体の方ももう少し認知していただけるように活動していこうと思っています。 レイキセミナーの方は計算には入れません。これを職業にするとライフワークとしてのポリシーを貫くことができなくなりそうですから。しかし、整体を通して同じような思いを霊気に持っている人とも出会えました。もしかすると、今年はその方と一緒に霊気関係のイベントなんかもさせていただけるかも知れません。 後は神社仏閣めぐりをもう少し積極的にしていこうと思います。 神社仏閣を巡っている時に気付いたことがあります。 それは、神社仏閣に参拝する人の多くがお願い事をして、満たされない気持ちやエゴにまみれた気持ちを残していくこと。 それらは、やはり一時的にでもその場の波動を乱すことがあります。 それは、その後にやって来た人に悪影響を与えたりもします。 そうならないためには絶えず波動を調整していることも大切です。 そこで、思ったのはご神仏への感謝の気持ちを置いていくだけではなく、そこに残された参拝者の気持ちの波動を調和させてトレースし、その方への波動の調整もしていければ、もっとたくさんの方に幸せになってもらえるのではないかということです。 これはたくさんの方にもしてもらいたいことでもありますが・・・。 話は変わりまして、ブログにも書いたことですが、今年の初詣でのことです。 その神社では人形(ひとがた)を書いてお焚き上げをしてくれていました。 人形に名前を書いて自分の息を吹きかけて自分の分身を作ります。 そして、それを火に入れることで身体の中にある穢れを焼き消してしまうのですが、そこの神社では護摩木のようにお願い事も書くようになっていました。 そこに長男が書いた言葉です。 「みんながしあわせにくらせますように」 長男は原因不明で起きている時はよだれが垂れて止まりません。 それが原因でいじめられたりすることもあります。 てっきりその事を書くかと思っていたのが、そう言う自分のことではなく、周りの人が幸せになることを願っているのです。 よく聞くと、みんなと言うのは自分も入っているから、そしたら自分のよだれも止まるかもしれない、と言う理屈なのですが・・・。 しかし、その時つくづく思いました。 子供は親の教師だと。 子育ては決して親の知っていることを子供に伝えていくことや、子供にあれこれできるようにさせることではない。 子供と一緒に暮らし、子供の声に耳を傾けることで、育てているはずの親の方が子供から育てられているのだと。 ですから、お金を出して保育所に預けたり、塾やお習い事に通わせたりしているのは決して育児とは言えないのだと思います。 そうせざるを得ない状況もあるかも知れませんが、少なくとも子供が希望しないお習い事や塾に通わせるのはお金と親の学びのチャンスの浪費以外の何物でもありません。 本当の意味で親が子供の心の声を聞いていないから、親は成長することができずにいて、子供達はその警鐘を鳴らすために、さまざまな社会問題を作っていくのではないかと感じる時があります。 もっともっと子供との時間を持ち、しっかりと子供から学ばないといけません。 最後に年末のレイキの日ですがご参加された方にはどのように届いていたのでしょうか? 既にいくつかのご感想は頂いていますが、穏やかな感じで届いている様子がうかがわれます。 私の方はと言いますと、今回は珍しくヒーリングの波動の入った音楽を聞きながら目を閉じて過ごしました。 すると、頭に波動が広がる感覚が5分くらい現れました。 実は今まで、そう言う経験はどう言うものを聞いても無かったんですね。 ほぅ、こう言う感じがするのか。 と、感心しながらその波動を楽しみながら、前回と同じような感じで皆さんと繋がるようなイメージを持っていました。 そして、一年間の感謝の気持ちと新しい一年が素晴らしいものとなるように祈りながら。 普段はあんまりそう言う希望を織り込んだりはしないのですが・・・ それが結果にどう言う影響を持つのかは分かりません。 ただ、特定の願望への集中ではないので、おかしな不協和音を巻き起こすことは無いのだとは思います。 ただ、ご縁を頂いた皆様が少しでも幸せな気持ちでこの一年を過ごされますように祈らせていただければ幸いです。 感謝感謝感謝 なかむらかずひろ 苦情、相談、質問などは daikoku621@yahoo.co.jp まで とりあえず、レイキのことを知りたい方は レイキで開運・癒し王国 http://reiki621.hp.infoseek.co.jp/ まで

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-02-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。