メンタルヘルス

滝本洋子の『大きなわたしと小さな私』

自分で自分を癒していたらいつの間にセルフコーチングをやっていた私?ついにその全貌が語られます!気持ちをルンルンさせながら気軽に、深い本質的な気づきを提供します!

全て表示する >

滝本洋子の『大きなわたしと小さな私』

2005/11/29

******************************************** 2005年11月28日 ***********

  滝本洋子の『大きなわたしと小さな私』
    〜気持ちをルンルンさせながら気軽に、
               深い本質的な気づきを提供します!

  発行者:ピュアヨーコアート   http://pureyoko.com
*********************************************************** 710部 ****


 …………………………………………………………………………………
    ▼▽こころとからだに新発見!精神世界総合サイト▽▼
 【e-spiritual】 http://www.e-spiritual.jp/magrank.php?i=40
 …………………………………………………………………………………


.....◆滝本洋子の出版のご案内◆...........................................

 「人は何のために生きているのだろう。
  なぜこんなに苦しいのだろう。」
 この童話を読んだ後に、その答えをあなたは思い出すかもしれません。

 この世で”生きる意味”を探しているあなたへ・・・

 滝本洋子著書『ジュンと帽子とぬいぐるみ』1260円。
 出版社:ゴマブックス

 ただ今、全国の書店で発売中です。もちろん「アマゾン」でも買えます。
  http://tinyurl.com/chvbh

...........................................................................



.....◆ピュアヨーコアート・ワークショップのご案内◆........................

 まだ、他の誰かの言葉が欲しいですか?
 我書アートのワークショップでは、自分の心に耳を傾けて自分の声を聞きます。
 最終的には誰も自分のために自分を支えてくれません。

 あなたは何のために生きていますか?
 探してもすぐには見つからないものです。
 でも真摯に求めているのあなたにお会いしたいです。
 我書アートがその切欠になる可能性もあります。

 我書アートは言葉では表現できない人間の思いや情熱を作品に表現することが
 できます。その言葉はあなたを導いてくれるでしょう。

 前回のワークショップの作品及び感想はこちらか
    http://washoart.com/rireki/workshop3_2005_11_5.html

 ■□■あなたの魂が生き生きする『我書アート』ワークショップ ■□■
 □■〜魂からの叫び以外にあなたを本気で動かすものはないのです〜■□

 お手本は自分自身です。

 では、一日ゆっくりと自分と向き合う時間を皆様にお届けしております!
 12月4日(日)東京代々木にて開催予定です!

  詳しい内容とお申し込みフォームは今すぐこちらをクリックしてくださいね。
   →→   http://workshop.washoart.com/  ←←


 今回が現在の内容でやる最後のワークショップになりそうです。
 当分、休止する予定なので、ふるってご参加ください!

...........................................................................


◆このメルマガについて◆

   http://blog.pureyoko.com/?cid=4242
 (↑初めての方はお読みください。)


 ◆タイトル『我との再会』◆..............................

 こんにちわ。
 
 では対話ノート行きます。
 あらまぁ、洋子さん今日はストレートね。
 
 取り出したノートはと、
 2003年の、3月20日のもものでした。
 
 タイトル「我との再会」
 
 この「我」っていうのが、いわゆる大きなわたしであり、
 真神であり、本当の私であり、根源であり、キリスト意識であり、
 、大いなるすべてであり、いろんな呼びかたするのね。
 それから宗教を超越した、神なんて呼んだりするけど。
 
 そうそう[我書アート]の我でもあるけどね。
 
 今まではこの手の対話は避けてメルマガに載せていたけど、
 もう、こんな文章もあっていいかな。
 
 まあ、とにかくおとぎ話と思って読んで。
 ちいと文章固いけどね。
 
 この文を頭で判断しないで、何かを感じてくれたら、
 うーん嬉しいな。

===================================================================
 
 
 小さな私と大きなわたし

   「私の中に住む大いなるすべてが、私の肉体を通し、
    人間を見ている。
 
    私の肉体は大いなるすべての住むツール。
    私の目は大いなるすべての目そのもの。
 
    個などといものは存在せず、すべてが全体の一つ。
    ただ、「今、ここ」に存在している我。
 
    この者の手を使い、この文字を書き、
    この者の目を使い周りを知覚している我(私)の姿。
 
    我は、我を知るために、
    この肉体を着る。
 
    我の姿は見えず、におわず、触れることできず…、
 
    ゆえに我は我である。
 
    我のこの思いとエネルギーにより、
    形あるもの、この世に生み出し(創り出し)、
    我は我の一面を知る。
 
    見えぬゆえに我は肉体を着る。
 
    その中より、我は、我を見つける旅に出た。
    遠い、遠い、遠い、遠い、遠い、その昔に。
 
    しかるに、我はいつしか我を見失い、
    我を忘れる。
 
    目に見えぬゆえに、我は我を失い、暗闇の中でうずくまる。
 
    長い、長い、長い、長い、長い、長い、
    本当に気の遠くなるほどの地球時間
    …我は、我を忘れていることを、忘れる。
 
    今、再び、我この肉体の中より、我を知る。
 
    この肉体のエゴ(表層意識)と共に、
    我に出会う。
 
    我との再会、待ち望んでいた我の姿。
    目に見えぬ、我の姿見つけたり。
 
    我はすべての中に存在し、すべての中に宿る。
    我ここに在り、あそこに在り、すべてに在り。
 
    この思考のすべて我の姿。
 
    永遠の時を刻み、我存在す。
    常に存在す。
 
    我、分けることできず。
    我全体であり、そして部分でもあり。
 
    細胞の中に、原子核の中に、水晶の結晶の中に、
    空気の中に、水の中に、草木や花の中に、
    あなたの中に、そして私の中に、我存在す。
 
    常に存在す。
    永遠に存在す。
 
    我の顔、だれにも見えず、触れることできず、
    しかし、我存在す。
 
    我の存在、唯一の真実なり。
 
    あなたの、そして私の思考の中に我有りて、
    その目を通し、我この現実に生きる。
    永遠に生きる。
 
    我ここにあり、
    この瞬間のこの思考の中に我存在す。」
 
 
   2003年3月20日洋子の対話ノートより
   「我との再会」

================================================================
 
 我が我を忘れてしまうなんて?
 神が神であることを忘れてしまうなんて?ある?
 
 あるよね、だって我って私なんだよ。
 表層意識から、超意識まですべて我なんだよ。
 
 表面のエゴ意識か゛全体を占めちゃえば、もっと深い我の意識
 は下に沈んじゃうよ。
 
 うーん、ヘドロみたいに沈殿しちゃって、忘れられちゃって。
 エゴさんに肉体乗っ取られちゃって。かわいそぅー。
 
 でも、意識の核である我さんは、フリしてるだけだよ。
 忘れたって言ってるけどさ。
 だって我さんは神だしさ。
 
 そう、
 私という個はね、我のための道具だったんだよね。
 今はそれがよく分かるよ。
 
 忙しい時は忘れているけど、また自分の内面を見ると
 いつもデンとした我を感じる。
 
 だから自分の中心からはぐれないように
 内面を見るのが大切だよね。
 
 そのための一番のツールが
 ジャーン、そうですみなさんご存知、
 [我書アート]のワークです。


◆あとがき◆..............................................................
 

 ご意見やご感想がございましたら遠慮なくメールにてご連絡ください。
 
 メールアドレスは、mail@pureyoko.com  です。
 
 皆様のお便りをお待ちしております。


================================================================ 
 【メルマガタイトル】
   滝本洋子の『大きなわたしと小さな私』
 【発行者】
   ピュアヨーコアート
   Copyright(c)2000-2005 Yoko Takimoto. All right reserved.
 【ホームページ】
      http://pureyoko.com
 【滝本洋子プロフィール】
      http://pureyoko.com/profile.html
 【滝本洋子バイオグラフィー】
      http://pureyoko.com/theYOKO/index.html
 【バックナンバーは、下記のブログからご覧ください】
      http://blog.pureyoko.com/
 【ご連絡先】
   mail@pureyoko.com
 【登録解除】
      まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0000104931.html
   メルマガ天国:http://melten.com/m/13380.html
   melma:http://www.melma.com/mag/91/m00083691/
   Melcap:http://www.melcup.com/cgi-bin/magazine/magazine.cgi?mag_id=M000000304
   RanSta:http://www.ransta.jp/backnumber_192/
   カプライト:http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/7223.html
   めろんぱん:http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=004031
   E-magazine:http://www.emaga.com/info/pureyoko.html

================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-02-17  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。