政治・経済

自然と社会が元気になる

湯河原に面白い政治家がいる。元宣教師の彼は、汚れた政治の世界に我慢ならない。腐敗した政治と社会を浄化したい。破壊された自然環境を回復するために役に立ちたい。エゴ社会をエコ社会に変えたい。そのような使命を持つツルネンが貴方に毎週新鮮なメッセージを送る。

メルマガ情報

創刊日:2001-11-28  
最終発行日:2013-06-25  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • うお座2012-06-21 00:26:31

    初めまして。原発について2点疑問を持っています。

    1点目は、原発を稼働させる電力会社が積み立てる供託金が少なすぎるという点です。「原子力損害の賠償に関する法律」第7条は、原発事故が起きた時の補償に充てるために、1200億円の供託金を積むことを電力会社に義務付けています。しかし、福島の事故で1200億円では少な過ぎることが証明されました。供託金が少なすぎたので多額の国費が使われたのです。福島の事故を踏まえ、賠償金に見合った金額(数兆円でしょうか)に法律を改正すべきです。

    2点目は核燃料のジルコニウム被覆についてです。福島の事故で、ジルコニウムは水素爆発を引き起こす危険な被覆であることが証明されました。3回も水素爆発を起こして、まだジルコニウム被覆を使い続けるのでしょうか。核燃料のジルコニウム被覆は禁止し、安全な代替被覆が開発されるまで原発は禁止すべきです。

  • SMISAC2012-05-20 23:45:32

    「パレスチナ自治政府の大統領は強硬派ハマスではなく穏健派ファタハのアッバース議長であるし、冒頭紹介したように、ユダヤ人と平和に共存したいと考えるパレスチナ人はたくさんいるのである。」 はたして本当にそうでしょうか。アッバース議長は、パレスチナ建国をはたしたら、そこにはユダヤ人は一人も立ち入ることを許さない、とかアラブ諸国のサポートがあれば、いつでも開戦する用意があるなどの発言をしていますが。ハマスもファタハも本質的には同じだと思います。

  • 日野2011-11-15 14:35:01

    前略にて失礼します。

    日頃より有機農業への活動には敬意を抱いております。

    ところで、総理が進めるTPPに関する異論には全く賛成ですが、その割にはJA全中の反対議員の署名簿には載ってませんでしたね。

    党首選においても反小沢派で、菅〜野田を支持したように伺ってますが、矛盾していないでしょうか。

  • razorboy2009-03-02 19:38:01

    実に賛同できる記事でした。



    問題は、日本古来のそういった伝統が既に文化として失われて久しい中、どうやってそれを伝え、再び根強い文化としいて復活させるか、という点ですね。



    教育、という話もありますが、これはまさに、政治家が先導を切ることでおおきく良い方向に変わっていく可能性がある問題だと考えます。



    こういったメッセージを、発信し続けていただきたいと思います。

  • PikkuMyy=ちびのミー2007-10-18 16:48:32

    よーくわかりました。