トップ > アート&カルチャー > 文学 > 上井とまと日記

二〇〇一年六月二十日。日記を綴り始める。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【上井とまと日記】 2016年6月29日号

発行日:6/29

.




















2016.6.29配信 / 読者1322人










上井覚兼日記から四百年
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         上  井  と  ま  と  日  記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.tomatonikki.net 
https://twitter.com/uwai_tomato 
https://www.facebook.com/uwai.tomato 
http://www.youtube.com/user/UwaiTomato 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□













━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  近 況
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



上井とまとです。

前回の配信より例によって二箇月以上が経ちました。

近況ですが

相変わらず本を読んでいます。

昨年の春からですから一年二箇月ほど読んでいます。

本を読まないと進めないと思っているのですから

仕方がないですね。



前回はセネカを読んでいた頃でした。

西暦で云えば五〇年から六〇年辺りになるのでしょうか。

今は海を越えたものを年代順に読んでいて

一六〇〇年辺りまで遣って来ました。

前回以降読んだ本は二十八冊。

そのうち日記は

何処までを日記と呼ぶかは難しい処がありますけれども

五冊です。



セネカの後は

マルクス・アウレリウスの『自省録』を読みました。

ローマ皇帝である著者が激務の傍ら密かに附けていた手記です。

主に世の儚さと、自らを治めることについて書かれています。

これは出会えて良かった本でした。

近頃思うのは

この世は儚いと云うことを知っているのが大前提だと思うのです。

その上で

私はこんな人生を歩もうと思っています

私はこれこれを遣ろうと思っています

私はどう生きるべきかを迷っています

と云う流れでないと

こちらも時間を割こうと云う気にはなりません。

マルクス・アウレリウスは面白い人ですね。



続いて

アウグスティヌスの『告白』を読みました。

西暦四〇〇年頃。

日記ではなくキリスト教に回心するまでの回顧録ですが

自分と向き合う姿勢が日記と似ている様な気がして

読んでみようと思いました。

アウグスティヌスは宗教家としての顔と

思想家哲学者としての顔を持っています。

いや、知りませんが自分はそう感じました。

『告白』の後半は哲学に傾いていて

そこには面白いことが二つ書かれてあります。

一つは宇宙の始まりについて。

一つは時間について。

細かくは書きませんが

宇宙の始まりについては

自分は大きく二つに分かれると思っています。

一つは、宇宙は永遠にある。

もう一つは、宇宙は或るとき無から生まれた。

そして

上の二つではない三つ目もあるのではないかと

ぼんやり考えたりもする訳ですが

アウグスティヌスはその三つ目を出しています。

それは

創造主は永遠でありながら

被造物は無から生じる

と云うのです。

こうした話は人間には答えが判りません。

しかし正解を出すことではなく

自分で考えて答えを出すと云うことが

面白いと思うのですね。

そうしたことが哲学の領域であり

考えるのではなく違った道から進んでいくのが

宗教の領域なのだと思います。



続いて

トマス・アクィナス『形而上学序説』

ペトラルカ『わが秘密』『無知について』を読みました。

『無知について』は

ペトラルカが友人四名から

お前は無知だと揶揄されたことに対する反駁の書です。

友人の名は友情の掟によりここには挙げない、と書かれていますが

恐らくは

なんであいつらの名前後世に遺さなあかんねん

と云う気持ちから避けたのだろうと思います。

にも関わらず注釈に四名の名が出ていると云うのが

哀しくて吹いて仕舞いました。



続いて

クリストバル・コロンブス『航海誌』を読みました。

これは厳密には

コロンブスの航海誌を六十年ほど後に

ラス・カサスが転写したものです。

航海誌は現存せず

ラス・カサスの写本のみが遺っています。

要録なので

転記されている部分はコロンブスの日記そのままですが

要録部分はコロンブスはこう云っていると三人称となっています。

そのものが遺っていないのは残念ではありますけれども

形を変えながらも五百年の時を経て

今こうして手元にあると云うのが

何とも愛しい気がします。

人間の意図とは別の

時間による悪戯とでも云うのでしょうか。

人間の無力さが心地好い気がするのです。



続いて

デジデリウス・エラスムス『痴愚神礼讃』

トマス・モア『ユートピア』

マルティン・ルター『キリスト者の自由』

アルブレヒト・デューラー『ネーデルラント旅日記』を読みました。

エラスムスは人間らしさを謳う部分もあるのですが

若干落語の世界にも似ている様な気がします。

デューラーの旅日記は日記と云うよりも出納帳ですが

お金に細かくて何を読まされているのか判らないですけれども

面白いです。

指輪を貰ったけれどもこれは五グルデンの価値があるとか

絵を描いて遣ったけれどもこれは二十五グルデンの価値があるとか

値踏み換算しています。



続いて

ミシェル・ド・モンテーニュ『エセー』

それから『モンテーニュ旅日記』を読みました。

『エセー』は三十九歳のモンテーニュが

そこから二十年の歳月を掛け加筆と修正を続けたものです。

簡単に云えば

人生の殆どを費やしている訳です。

書物とは何だろうかと考えて仕舞います。



続いて

マゼランの世界一周航海に同行した船員の日記

ジョルダーノ・ブルーノ『無限、宇宙および諸世界について』

ルネ・デカルト『精神指導の規則』『方法序説』『省察』『哲学原理』

ベネディクトゥス・デ・スピノザ『知性改善論』『エチカ』

ラ・ロシュフコーの『箴言集』を読みました。

自分には日記に限らず

この本は読んでおいてよかったなと云うものが

先程の『自省録』も含めて何冊かあります。

デカルトの『方法序説』も確実にその一つです。

デカルトと云う人は教科書で名前を知るくらいでしたが

内容も人柄も

そして洞窟で何かの滴を一滴一滴集めた様なその文章は

これからも何度か読まねばなりません。

そして今は

ブレーズ・パスカル『パンセ』を読んでいます。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  日 記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 日 記 は 現 在

 配 信 を 休 止 し て い ま す 。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ぺ こ り
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



昔の日記を紐解いていないので細かいことは判りませんが

確か二〇〇四年のことだったと思います。

今が二〇一六年ですから十二年前になります。

自分は現在三十九歳なので

当時は二十七歳だったことになります。

恐らく合っているでしょう。

学生の頃からいつか遣りたいと思いながらも

実現していなかったことがあったのです。

それは住み込みのバイトをすることでした。

そして当時このメルマガで


 「ペンションか何かをされている方はいないですか」


と呼びかけてみたのです。

当時は読者が六千人ほどいました。

すると或る方から


 「うちの両親はペンションをしています」


と返信があったのです。

その方は同年代の男性で

確か中国に渡ってお仕事をされている方でした。

ご両親は長野県白馬村で小さなホテルとペンションをされていて

そこから連絡を取り

その年の秋から翌年の春にかけて

五箇月か六箇月くらいでしょうか

住み込みで働かせて頂きました。



そんなことを先日思い出しまして。

さて今自分には長い間遣りたい遣りたいと思いながらも

実現していないことがあるのです。

それは

一箇月で良いから異国の町に暮らしたい

というものです。

旅のようにあちこち動き廻るのでなく

一つの町に暮らすように留まりたい。

十年以上何度も何度も思いながらも

実現出来ていないのです。

そこで

十二年前と同じ様に


 「うちの町にいらっしゃいよ」


という方がもしかしたら現れないかと思いまして

中中失礼というか何というかなお願いですが

お返事を募ってみることにした次第です。



こうした流れになったのも

先日イタリアに住む日本人の方に出会いまして

一箇月くらいなら家においでよ、となったのですが

それからもたもたしている内に

その方は日本に帰って来られまして

それならば自力で行くしかないと思い

準備を進めているのです。

近場で安いところと思い

極東ロシアも浮かんだのですが

ビザを取得するには

一箇月のホテルを定めないといけないということで

今回は諦めました。

そして今はネパール辺りを考えているところです。

そんな状況なのですが

海の向こうに暮らす方で


 「うちの町には安いホテルがありますよ」


という方が

もし居られましたらば

お返事を頂けると嬉しいです。

ちなみに今は

学習塾でお金を稼ぎながら本を読む日日なので

どの町で暮らすにしても

本を読んで散歩をして暮らすだろうと思います。

よろしくお願いします。ぺこり。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  更 新
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ならどっとエフエムで年に二回放送している

『やねうら』の第十一回。

元NHKアナウンサー・渡辺誠弥(わたなべのぶや)さんの回が完結しました。

それから先日第十三回を無事に収録しました。

ゲストはかつてビル・ゲイツがそのスピーカーを絶賛したという

音響機器開発者にしてタイムドメイン社社長の由井啓之さんにお願いしました。



 ■『やねうら 第11回(5)』<物差し>
 https://www.youtube.com/watch?v=Mfcah-2aVPk


 ■『やねうら 第11回(6)』<見える半分、見えない半分>
 https://www.youtube.com/watch?v=GV6XYJT14l4


 ■やねうら(これまでの配信)
 http://www.tomatonikki.net/yaneura 


 ■上井とまとのツイッター
 https://twitter.com/uwai_tomato 


 ■上井とまとのフェイスブック
  (ページの上部に「いいね」ボタンがあります)
 https://www.facebook.com/uwai.tomato 

















━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【上井とまと】(うわい・とまと)
一九七七年大阪生まれ。奈良在住。二〇〇一年より日記を綴る。二〇〇九年、
『上井とまと日記』でメルマガオブザイヤー審査員特別賞。文豪らしい名を考
える日日。

 info@tomatonikki.net 
 https://twitter.com/uwai_tomato 
 https://www.facebook.com/uwai.tomato 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ラジオ/出演情報
『やねうら 第14回』 ならどっとFM [78.4MHz]  12月7日(水)23:00-23:30
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ラジオ/ネット配信版
『やねうら』     http://www.tomatonikki.net/yaneura 
『われおかき同好会』 http://www.tomatonikki.net/wareokaki 
『784WAVE』     http://www.tomatonikki.net/784wave 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジン
 まぐまぐ  http://www.mag2.com/m/0000091734.html 
 メルマ    http://www.melma.com/backnumber_151305 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 上井とまと日記(メルマガ版)

 編集・発行者   上井とまと(うわい・とまと)
 発行者サイト   http://www.tomatonikki.net 
 とまとに手紙   info@tomatonikki.net 
 ツイッターー   https://twitter.com/uwai_tomato 
 フェイスブック  https://www.facebook.com/uwai.tomato 
 ユーチューブ   http://www.youtube.com/user/UwaiTomato 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   (C) 2001-2016 このメルマガは 上井とまと が書いています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

















2016.6.29配信 / 読者1322人













.

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. フリーソフト★ゲーム

    最終発行日:
    2017/04/23
    読者数:
    4722人

    大量に溢れるフリーソフトのゲームの中から毎回1本、激選して紹介します。ダウンロード前にゲーム画面も見ることができます。フリーソフトは無料なので気軽に楽しめるのがいいですね☆

  2. 里山を歩こう

    最終発行日:
    2017/04/24
    読者数:
    1097人

    自然の中で出会った昆虫や野草,花,野鳥,その他の生き物をリアルタイムに紹介。デジカメ写真を使って,ビジュアルに生き物たちの『今!』がわかります。里山で生き物たちとの出会いを楽しみましょう。

  3. ハロー!株式

    最終発行日:
    2017/04/24
    読者数:
    4613人

    メルマ!ガ オブ ザ イヤーにて総合大賞を8年連続で受賞中。マネー部門賞でも第1位を2度受賞、10年連続で受賞を頂いています。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」にも紹介され、株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信

  4. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2017/04/12
    読者数:
    3295人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  5. シングルパパ熱意上げ郎の子育て泣き笑い奮闘記

    最終発行日:
    2017/04/24
    読者数:
    3439人

    シングルパパのイクメン熱意上げ郎がお贈りする、笑いあり涙ありのドタバタ子育て奮闘記!福岡県飯塚市で娘3人と暮らす上げパパが子供たちとの日々の面白出来事を綴るメールマガジンです。是非、覗き見登録しちゃってくださいね♪

発行者プロフィール

上井とまと(うわい・とまと)

上井とまと(うわい・とまと)

http://www.tomatonikki.net

一九七七年大阪生まれ。奈良在住。二〇〇一年より日記を綴る。二〇〇九年『上井とまと日記』でメルマガオブザイヤー審査員特別賞。文豪らしい名を考える日日。

過去の発行記事