教育資料・情報

社会人と学生のための大学・大学院進学情報 RENA-NET NEWS

大学・大学院進学を目指す社会人と学生のためのメールマガジン。社会人入学・編入学・学士入学、夜間大学院、通信制大学・大学院、臨床心理士等各種資格取得情報、大学のイベント情報等を掲載。

全て表示する >

社会人と学生のための大学・大学院進学情報

2019/12/03

※携帯電話を使用されている方は内容が途中で切れることがあります。以下の内
容が見たい方はお手数ですがパソコン使用の上、下のホームページにアクセスし
てください。
※ご意見・ご感想等がございましたら下記までお寄せください。
→ rena-ofc@rena.gr.jp

▼大学入学情報図書館RENA
→ http://www.rena.gr.jp/
▼RENA−NET NEWSのバックナンバー
→ http://www.rena.gr.jp/mlmg/
▼大学発信 プロジェクト・トピックス
→ http://www.daigaku-hassin.com/
▼Web大学・大学院展
→ http://www.daigakuten.com/

------------------------------------------------------------------------
1.女性研究者活動支援事業 特集-第33回
------------------------------------------------------------------------
文部科学省による女性研究者の研究活動の支援は、2006年度〜2010年度について
は、旧科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」、2011年度からは科学
技術人材育成費補助金「女性研究者研究活動支援事業」に統合されています。女
性研究者研究活動支援事業は、2014年度より「一般型」と「連携型」の2つの事
業として実施され、2015年度からは、新たに「ダイバーシティ研究環境実現イニ
シアティブ」を開始し、機関や地域の特色を踏まえた女性研究者の活躍推進に向
けた組織全体としての目標・行動計画を設定、公表する機関を対象とし、女性研
究者のライフイベント及びワーク・ライフ・バランスに配慮した研究環境の整備
や研究力向上のための取組及び上位職への積極登用に向けた取組を支援していま
す。2016年度より「特色型」と「牽引型」の2つの事業として、2018年度は「牽
引型」「先端型」「全国ネットワーク中核機関(群)」の3つの事業として実施
されました。さらに2019年度より3つの事業として「牽引型」は北海道大学、長
岡技術科学大学、奈良女子大学、島根大学、日本医科大学の5機関、「先端型」
は、岡山大学、九州大学、佐賀大学、長崎大学、琉球大学の5機関、「調査分析」
は情報・システム研究機構の1機関が選定されています。
http://www.mext.go.jp/

今回は東北大学、金沢大学の催しのご案内です。

◆東北大学 ※2016年度「特色型」
http://tumug.tohoku.ac.jp/blog/2019/10/15/15763/

▽第16回東北大学男女共同参画シンポジウム「共感の技術」
東北大学では「杜の都女性研究者エンパワーメント推進事業」を行っています。
今回のシンポジウムでは、ロジカルな理解と感覚的な想像からなる「共感力」に
フォーカスをあて、ドライな関係性である職場であっても、共感しやすいシステ
ムを作れる可能性を模索していきます。「共感力」を感覚や感情だけではなく、
論理的思考を伴う「技術」として捉え、共感力の技術を養う機会とすることを目
指します。是非ご参加ください。

日時:2019年12/21(土) 10:00〜13:00
場所:片平キャンパス 片平さくらホール 2階会議室
対象:学内教職員、学生、一般市民の方
※当日参加可、参加費無料

【問い合せ先】
東北大学 総務企画部総務課
〒980-8577
宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
TEL:022-217-4811
E-mail:danjyo[at]grp.tohoku.ac.jp([at]を@に置き換えてください)

◆金沢大学 ※2017年度「牽引型」
http://cdl.w3.kanazawa-u.ac.jp/houkoku/sympo2019.html

▽令和元年度ダイバーシティ研究環境推進シンポジウム〜時代を切り拓く多様な
 研究人材〜
金沢大学、富山県立大学、YKK株式会社は、北陸地域における女性研究者ネット
ワーク基盤とし、三者が連携して支援プログラムに取り組み、北陸地域全体での
女性研究者・技術者への支援を牽引しています。このプログラムでは研究力向上
による女性研究者の上位職への登用促進やさまざまなキャリアモデルの提示を通
じた女子学生の大学院への進学促進など、女性人材育成の好循環を形成する取り
組みを行うことで、意欲的な女性が活躍する新たな社会への変革と醸成を目指し
ています。この度シンポジウムを開催しますので、是非ご参加ください。

日時:2019年12/10(火) 14:00〜17:00 ※開場・受付13:30〜
場所:金沢東急ホテル 5階 ボールルームC(金沢市香林坊2-1-1)
対象:学生、教職員、一般(どなたでも参加可能)
※申込不要、参加費無料

【問い合せ先】
金沢大学 男女共同参画キャリアデザインラボラトリー
〒920-1192
石川県金沢市角間町
TEL:076-234-6907
E-mail:cd_lab[at]adm.kanazawa-u.ac.jp([at]を@に置き換えてください)

------------------------------------------------------------------------
2.大学発信「プロジェクト(教育・研究)、トピックス(強み・特色)」第77回
------------------------------------------------------------------------
大学ではグローバル人材育成、特色・個性ある研究、ユニークな研究等さまざま
な取組、成果を出していますが、まだまだ広く社会に知られておりません。
そこで、大学発信「プロジェクト(教育・研究)」、大学発信「トピックス(強み・
特色)」より、ユニークな研究、面白い研究を行っている大学、大学の強み・特色
等をシリーズでお伝えします。

■大学発信プロジェクトより■
http://www.daigaku-hassin.com/project/

◆京都文教大学
http://www.daigaku-hassin.com/project/kbu/

▽京都創生人材育成事業「ともいき+(プラス)」プロジェクト
 〜大学と地域と企業がつながり、いきいきする「ともいき(共生)」社会の実
 現をめざして 
学生、教職員、地域住民、企業・行政が共に学びあい、共に生かし合い、共にい
きいきする「ともいき(共生)キャンパス」の創造に取り組む本学では、1年次
から学生が地域で活躍していくために必要な知識をさまざまな授業を通して学ん
でいきます。座学の講義だけでなく、地域が抱える問題の解決に「現場」で実践
的に取り組む学外実習も設けています。 
また、ここで学んだ学生が卒業後も地域に根ざし、地域で地道に活動し、地域の
方々とともにいきいきと人生を歩んでいけるよう、自治体や地元企業との連携を
今まで以上に強化していきます。1年次からのインターンシップや企業と学生の
出会いと就業マッチングの機会創出に取り組んでいます。 

▽「家族で楽しもっ!」ともいき(共生)フェスティバル2019
https://www.cyber.kbu.ac.jp/kbu/tomoiki-center/news/2019/11/12142019.html
今年も「ともいき(共生)フェスティバル2019」を開催します。今回のテーマは
「家族で楽しもっ!」。お子さんが楽しめて、様々なことにチャレンジできるブー
スが多数です。是非ご家族でご参加ください。

日時:2019年12/14(土) 10:00〜16:00
場所:宇治キャンパス サロン・ド・パドマ他
※入場無料(飲食の販売、一部材料費がかかるブースもあります)

【問い合せ先】
京都文教大学 フィールドリサーチオフィス
〒611-0041
京都府宇治市槇島町千足80
TEL:0774-25-2630
E-mail:fro[at]po.kbu.ac.jp ([at]を@に置き換えてください)

◆大阪市立大学
http://www.daigaku-hassin.com/project/gsum_osaka_cu/

▽都市の再生と活性化を目指す社会人向け大学院(梅田サテライト)
 革新(イノベーション)と持続可能性(サスティナビリティ)をそなえた都市
 の再生と創造

○都市政策・地域経済コース
 まちづくりや文化政策・観光振興において、マーケティングや市民協働を活用
 し都市の個性を生かし効果をあげる都市再生手法や、「公」の仕事に民間の手
 法をいれるPPP(広義)/PFI/コンセッションなどの視点を導入する公共経営
 や公会計などをテーマに、都市経営の基礎となる都市・地域の政策/地域経済
 分析を研究します。
○都市行政コース
 行政組織設計・行政改革・人材育成の視点や、納税者であり公共サービスの享
 受者でもある市民に公共サービスを理解していただくための市民合意、市民参
 加、行政のコンプライアンスやガバナンス、法政策・制度設計といった重要な
 課題を研究します。
○都市ビジネスコース
 都市活力の再生のための中小企業やベンチャービジネスの活性化に必要な、中
 小企業やベンチャービジネスのイノベーション促進・経営革新・IT化および、
 事業創造やAIやIoT時代を迎えるICTを中心とした新産業振興を研究します。
○医療・福祉イノベーション経営コース
 類例の無い少子高齢社会においてますます需要が増大する医療・社会福祉・公
 益非営利サービスの利用者価値を高める、イノベーティブでサスティナブルな
 経営手法を研究します。 

【問い合せ先】
大阪市立大学 都市経営研究科事務室
〒558-8585
大阪府大阪市住吉区杉本3-3-138 
TEL:06-6605-3508 

■大学発信トピックスより■
http://www.daigaku-hassin.com/topics/

◆高知県立大学
http://www.daigaku-hassin.com/topics/u_kochi/

▽地域教育研究センター
祉会に貢献する大学として、地域コミュニティに根ざし、未来を拓く「知の拠
点」としての役割の強化、本学の教育理念である「地域社会志向教育」を実現し
ます。 

○立志社中〜地域に学び、地域で育つ」学生たちの教育プログラム 
高知県立大学は「県民大学」としての歩みを続けています。その中で、平成25年
度から地域の課題解決に主体的に取り組む学生を大学として支援する「立志社中」
をスタートさせました。 
○県立大の生涯学習
地域教育研究センターでは、県民のニーズに対応した学び直し・学びの継続の機
会の充実を行っています。 
 履修証明プログラム、県民開放授業、出前講座(小・中・高校対象)、公開講座、
 講義連絡(地域学プログラム・県民開放授業) 
○コミュニティサービスラーニングサポートデスク
高知県立大学は、「域学共生」の理念のもとに、地域連携事業を展開しています。
「域学共生」とは地「域」と大「学」が「共」に「生」きていくという意味です。
「課題先進県」と言われる高知県で、地域のみなさまと大学が力を合わせ、地域
の再生と活性化を目指しています。 

【問い合せ先】
高知県立大学 地域教育研究センター
〒780-8515
高知県高知市永国寺町2-22 永国寺キャンパス地域連携棟3階
TEL:088-821-7125

------------------------------------------------------------------------
3.大学・大学院「シンポジウム、講演会、公開講座等」情報のご案内
------------------------------------------------------------------------
大学・大学院等では、セミナー、公開講座等を開催して、研究の成果を地域社会
の方々や一般の方々に発信しています。これらのイベント情報をいくつかピック
アップしてご案内します。興味のある方は、各大学のホームページにアクセスし
てください。

≪シンポジウム≫
◆富山大学
http://www.ils.u-toyama.ac.jp/

▽生命融合科学教育部シンポジウム「ヘルスケアとバイオセンシング〜Society
 5.0時代を迎えて〜」
IoTやAIなど最先端IT技術とバイオテクノロジーの進歩を融合したSociety 5.0時
代の新しいヘルスケアが期待されています。そのような時代を背景にヘルスケア
とバイオセンシングの現状とこれからの方向性を探るために、この分野の第一線
でご活躍中の先生方をお招きしシンポジウムを開催します。

日時:2020年1/10(金) 12:50〜17:00
場所:五福キャンパス 工学部 総合教育研究棟1階 多目的ホール
※申込不要、参加費無料

【問い合せ先】
富山大学 理工系学務課
〒930-8555
富山県富山市五福3190
TEL:076-445-6399

◆広島市立大学
https://www.hiroshima-cu.ac.jp/peace_j/category0004/c00017255/

▽国際シンポジウム2019「核兵器と反人道罪のない世界へ」
広島市立大学広島平和研究所では、中国新聞社ヒロシマ平和メディアセンター、
長崎大学核兵器廃絶研究センターとの共催で、国際シンポジウムを開催します。
本年は、基調講演者として尾崎久仁子 国際刑事裁判所前判事を、特別講演者と
しては平岡敬 元広島市長をお迎えして、広島・長崎の経験を、人権法・人道法
という広い文脈から見つめ直します。

日時:2019年12/15(日) 13:30〜16:30
場所:広島国際会議場 地下2階 ヒマワリ
    (広島市中区中島町1-5 平和記念公園内)
定員:450名(先着順)
※申込不要、参加費無料、同時通訳・手話通訳付き

【問い合せ先】
広島市立大学 広島平和研究所事務室
〒731-3194
広島県広島市安佐南区大塚東3-4-1
TEL:082-830-1811 FAX:082-830-1812
E-mail:office-peace[at]m.hiroshima-cu.ac.jp ([at]を@に置き換えてください)

≪公開講座≫
◆高知県立大学
https://www.u-kochi.ac.jp/soshiki/10/20191122new.html

▽第3回 高校生のための看護学を学ぶ公開講座2019
高知県立大学看護学部では、高校生を対象に看護学を学ぶための公開講座を開催
しています。この公開講座は、高校生のうちから看護学を学び、考える機会を提
供する趣旨のものです。講義形式ではなく、グループワーク形式で行います。今
回は、災害看護学をテーマにしています。

日時:2019年12/15(日) 8:00〜13:30
場所:池キャンパス 看護学部棟1階
定員:高校生20名
※メールか電話で申込み、参加費無料

【問い合せ先】
高知県立大学 看護学部事務
〒781-8515
高知県高知市池2751-1
TEL:088-847-8750
E-mail:nursing-lecturer[at]cc.u-kochi.ac.jp ([at]を@に置き換えてください)

≪イベント≫
◆静岡大学
http://www.shizuoka.ac.jp/event/detail.html?CN=5912

▽第52回「ケアの人間学」合同研究会 〜「人生会議」(ACP)が目指すこと〜
厚生労働省は、2018年3月に、「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロ
セスに関するガイドライン」の改訂を発表しました。その解説編では、「ACP(ア
ドバンス・ケア・プランニング:人生の最終段階の医療・ケアについて、本人が
家族等や医療・ケアチームと事前に繰り返し話し合うプロセス)」が強調され、
それは後に「人生会議」という愛称で呼ばれるようになりました。それは何を
目指しているのか、皆さんとともに考えたいと思います。

日時:2019年12/14(土) 14:00〜16:00
場所:静岡県男女共同参画センター(あざれあ)5F 第3会議室
     (静岡市駿河区馬渕1-17-1)
定員:60名(定員に達し次第締切)
申込締切:2019年12/11(水)
※参加費無料

【問い合せ先】
静岡大学学術院 人文社会科学領域
〒422-8529
静岡県静岡市駿河区大谷836


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
メールマガジン◆RENA−NET NEWS◆「登録」と「解除」
 RENAで直接「登録」された方は
https://www.daigakuten.com/mlmg/form/index.php?mode=bye にて「解除」を
行って下さい

また、このメールマガジンはインターネットの
 まぐまぐ http://www.mag2.com/ Melma http://melma.com/
を利用しています
上記サイトを利用された方はそのサイトで「登録」と「解除」を行って下さい 
------------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-08-26  
最終発行日:  
発行周期:月2回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。