独立・起業

成功する美容サロン〜その運営テクニックはコレ!

顧客を増やすには?コストを減らすには?従業員の意欲を上げるには?美容室の経営者には悩みが一杯。そんな悩みを解決しようとサロン・コンサルタントと業界通のメディア・プロデューサーが儲かるヒントを授けます。

全て表示する >

成功する美容サロン〜広告の効果、上がっていますか?Part2

2009/12/07


┃今 ☆⌒1 はじめに そう言えば最近、スズメを見かけないと思いませんか?
┃日 ★⌒2 今日のワンポイント 広告の効果、上がっていますか?Part2
┃の ☆⌒3オススメ情報  プロモーション・ビデオを作ってみませんか?
┃内 ★⌒4 編集後記   初デートで話題にしてはいけない事とは?
┃容 ☆            発行者:山本幹雄&藤田智
┗ ★:*:☆・‥…∴・∴・∵‥∴‥∴‥∴‥∵・∴・∴…‥・☆:*:★ ━┛

【このメルマガは・・・】
新規顧客を増やすには?コストを減らすには?
従業員の意欲を上げるには?美容室を経営していると悩みは一杯です。
そんな悩みを解決し、儲かるヒントを授けます。


:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○
【はじめに】 そう言えば最近、スズメを見かけないと思いませんか?………藤田
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 こんにちは、藤田です。

 子どもの頃、身近な鳥と言えばスズメでした。
どこにでも、いたものです。ほかに野鳥はいないものかと
思ったものですが、近くに見えるのは、スズメばかりでした。
でも最近、見かけないなあと思っていたら、
立教大理学部の特別研究員、三上修さんが、
国内のスズメの生息数は1800万羽、半世紀前に比べると
90%も減少したと言う調査を発表しました。

 保全の緊急性が高いとは言えないそうですが、
減少の原因は分からないようですし、
9割もいなくなったという事実は、少し怖い気がします。

「成功する美容サロン」 82号のスタートです。


:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○
【今日のワンポイント】 広告の効果、上がっていますか?Part2………山本&藤田
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『前回は、費用対効果のあるものを見出したいという
お話がありました。
ただ、はじめて出店するという場合は、
何から手がけていけばと悩むことと思います。
勿論、決まった予算でしょうし。

ただ、何もしなければ、お客様は呼べないでしょうから
何かはしなければとなるのでしょうが、
必ずした方が良いことというと、どんなことになるのでしょう。』

『そうですね。
顧客に対して・新規に対してと大きく分けてあると思います。
出来ることはいろいろありますが、サロンのコンセプトや
情報を発信することは必ず必要です。』

『それをオススメする訳は何ですか?』

『ホットな情報があります。
旬な話なのですが、今、ある施術の広告で新規集客が
30%以上アップしているものがあります。
それはトリートメントです。
今のトレンドとして水系トリートメントがブームになっています。
美容室の広告で輝いている女性の後ろ髪の写真を見たことはありませんか?

弊社でもSUPER 3D WATERというトリートメントがあります。
http://s3d.jp/
いろいろな場所で講習会を行っていますがどこも盛況で
約100ほどのサロン様が毎回集まっていただいております。

この商品に限らず話題性のあるものはお客様も興味を
持っておられるので集客としてははずせないものではないでしょうか?

どこまで持続させれるかはサロンしだいですがお客様が興味を
持っている商品の導入は集客しやすいツールの一つです。』

『繰り返しやった方が良いのですか?
それとも、次の手は変えた方が良いのですか?』

『認知されるまではしばらく続けるほうがいいですね。
3ヶ月ぐらいのスパンで考えるべきです。
シーズン的なものもありますので考えながら・・・。』

『どうも、手応えがない。集客力が思ったほどでは・・・
となってしまったら、どうしたらよいのでしょう。』

『しかし、まったく反応がないようであれば次の方法を考えなくてはなりません。
いろいろサロン様から相談されますがお客様への告知不足が結構
多いように思います。』

『ありがとうございました。』

 ★ご意見・ご質問などどんな些細なことでもいいのでメール下さい!
  必ずお返事は書きます。
  また、取り上げて欲しい話題・ご質問などもお待ちしています。
  → < info@1ban-salon.com >


:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○:.。 。o○
【オススメ情報】 お店のプロモーション・ビデオを作ってみませんか………藤田
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 店舗やサービスを紹介し、集客力の向上に、
イベントでのプロモーションやスタッフの教育、人材募集などに、
ビデオを活用してみませんか。

 株式会社いちばんでは、不透明なビデオ制作の価格を見直し
ズバリ!!3通りのパッケージ価格を明示した
「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」をスタートさせました。

→詳しくはコチラ http://www.ichi-ban.co.jp/

1.シンプル・コース
とにかく低コストでビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 248,000円(税込260,400円)

2.基本コース
低価格にこだわりながら本格的なビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 298,000円(税込312,900円)

3.フルサポート・コース
台本づくりまで任せて質とコスト、共に満足したい
ビデオ制作パック料金 398,000円(税込417,900円)

 パッケージ価格に加え、オプション価格も明示してありますので、
安心してお申し込み頂けます。
インターネット上での動画配信もパッケージ価格に含まれる
お得なプランです。
是非、「低価格で安心のパッケージ価格」を採用した
「ビデオ制作パック」を、検討してみてください。

→詳しくはコチラ http://www.ichi-ban.co.jp/

→お問い合わせ・お申し込みは info@ichi-ban.co.jp

 ★こんなこともオススメ!などどんな些細なことでもいいのでメール下さい!
  必ずお返事は書きます。
  また、取り上げて欲しい話題などもお待ちしています。
  → < info@1ban-salon.com >


……………………………………………………………………………………………
【編集後記】 初デートで話題にしてはいけない事とは?………藤田
……………………………………………………………………………………………

 映画についてだというのです。
なんとなく、納得できない気もするのですが、いかがでしょう。

 映画については、男女でかなり好みの異なる傾向があるので
「あの映画、面白かったね。」「ホント、、あの場面良かったね。」
などという風に盛り上がらず、
「どこがよかったの。」と尋ねられても
納得できる説明がしにくいと言うのです。

 一方、旅行については、実体験なので話しやすいし
好意を持つきっかけになりやすいと言うのですが、
映画ファンの私としては唸ってしまうところです。

 でも、映画の話題は、相手が映画ファンだと判っていなければ
私もしないのは事実。興味のない監督や俳優、作品について、
いかに良かったかを語られても、困っちゃうでしょうから。
ちょっと悔しいけど、認めますか。映画はタブーだって。

 では、また!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

……………………………………………………………………………PR………
【ミニまぐ「成功する美容サロン(M0052844)」無料配信中です】
携帯電話に美容室の経営のヒントを190文字にまとめて配信中。
登録はPCからの場合
 http://mini.mag2.com/pc/m/M0052844.html

携帯電話からの場合
1)「ミニまぐ」 http://mini.mag2.com/ へアクセス
2)検索に「成功する美容サロン」 と入力!
3)「登録」を選択し送信すると完了です。
是非、併せてご購読ください。

過去の記事はコチラをクリックしていただければ読むことができます。
 http://backno.mini.mag2.com/r/servlet/MBack?id=M0052844

サロン・コンサルタントと業界通のメディア・プロデューサーが
美容室の儲かるヒントを授けます。「成功する美容サロン」ヨロシクお願いします。
………PR……………………………………………………………………………

★ご意見・ご質問お待ちしています。
 どんな些細なことでもいいのでメール下さい!必ずお返事書きます。
 また、取り上げて欲しい話題・ご質問などもお待ちしています。
  → < info@1ban-salon.com >

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-02-20  
最終発行日:  
発行周期:隔週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。