税金

【秘伝の節税でおカネが貯まる!!】即効 ! 節税ジャーナル

敏腕財務コンサルタントが個人事業者、法人経営者、会社員、アルバイト等すべての納税者を対象に、【節税】をテーマに情報を提供します。知らない人が損することがないように、また読んだだけでも得した気になるメルマガです!読まなければ絶対にソン、損!

メルマガ情報

創刊日:2006-02-19  
最終発行日:2006-04-13  
発行周期:毎週月・木  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

                                            創 刊 号
 
【秘伝の節税でおカネが貯まる!!】 即効!節税ジャーナル 
      
    〜 個人事業者、法人経営者、会社員・パート・アルバイト・・・
            すべての納税者におくる節税のヒント
 
                                               
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 
 
 
 ●Greeting●
 
  みなさん、はじめまして。経営・財務コンサルタントの寺沢と申します。今年も確
 定申告がやってまいりました。この冬はとても寒いので、申告会場へ出向かれる
 方は大変ですね。
 
  さて、このマガジンは、個人事業者、法人経営者、会社員、アルバイト・・・すべ
 ての納税者を対象に、いかに節税が可能かをテーマに情報を提供することを通
 じて、税に対する関心を深めていただくことを目的にしています。
 
  改善の兆しはみえるものの、いまだ不景気の波は去ってはいません。こんなな
 か、わたしたち国民の間には「勝ち組」、「負け組」の両極端な「格差」がうまれつ
 つあります。
 
  国政をみてみると、相変わらずの税金の垂れ流し行政をゆるしています。その
 くせ、赤字国債の償却のために、あらゆる手段で増税をはかっている始末です。
 増税=社会福祉の向上では、決してありません。国民の目には今までの国政・
 行政の赤字をうめるためのものでしかないように映ります。
 
  「わたしたちの暮らしもままならない現状で、国の言うがままに税を納めるだけ
 でいいのだろうか。納税は国民の義務だから、当然納めないわけにはいかない
 けれど、わたしたちが納める税ははたして妥当な金額なのか。もっと安くあがる
 方法があるのではないか。」・・・・こんなことを感じたことはありませんか?
 
  このマガジンでは、この疑問に答えるため、【節税】をテーマに連載していきた 
   いと思います。「正直者が損をする」ことがないよう、読者のみなさんにとって節
 税のために有益なヒントを提示したいと思います。
 
  
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
 【所得税】 個人投資家必見!!ソナえあればウレイなし
       
      最近、個人投資家が増えているといいます。パソコンでお手軽に株の売り買い
  ができること、株取引にかかる手数料の引き下げ等、様々の要因があると思い
  ますが、株式投資で利益がでている人は思いのほか少ないようです。
  株式市場に大混乱をもたらしたライブドア事件では、冷や汗をかかされた方も
  多いのではないでしょうか。
 
   所得税では、基本的に複数の所得を有する場合は、それぞれの所得(マイナ
  スの場合も含む)をトータルした所得を課税所得とする考え方があります。これ
  を「損益通算」といいます。
 
   つまり、マイナスの所得を有する場合には、他のプラスの所得とあわせて、均
  (なら)すことで、課税所得が小さくなります。もし、源泉徴収された所得税がある
  場合には、確定申告をした結果、還付金が得られる場合があります。
 
   したがって、株取引で損失または利益がでた場合は、まず確定申告による損
  益通算を考えるべきです。
 
   株取引における損失があまりに多く、確定申告で損益通算してもまだ損失が
  残る場合には、確定申告で上場株式の譲渡損失の繰越控除の手続きをして
  おくべきです。    
 
    この上場株式の譲渡損失の繰越控除は、個人の投資家が上場株式の売買
  によってでた損失を、3年間にわたって繰り越すことができ、もし翌年以降に利
  益がでた時にその損失と相殺することができる制度です(この制度の対象とな
  る上場株式の範囲等についての詳細説明はここでは省きます)。
 
   つまり、利益がでた時に過去3年間に発生した繰越損失額を充当することが
  できるので、その分、課税所得が少なくなり、所得税の確定税額も少なくされる
  わけです。
 
    この制度の適用をうける際の注意点は、翌年以降連続して確定申告書を提
  出することが要件とされていることです。
 
    確定申告して損失を繰越していなければ、翌年利益がでた時に、「昨年は損
  失があったから」といってその損失と相殺はできないので、損失がでた方は、
  申告して損失を繰り越しておいた方が将来的に得であることになります。
 
      
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
    ========
     編 集 後 記
    ========
          
       2006年ももう二ヶ月がすぎているのですね。ことしはインフルエンザ
     が、流行っているそうですが、筆者はなんとか無縁でここまできました。
 
       スギ花粉もことしは格段に少ないようですが、最近の強風で、すでに飛
     びはじめているようです。花粉症の筆者の”花粉センサー(団子っ鼻/笑
      )”がはやくも反応しはじめてちょっとブルーな今日このごろです。
 
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
* * * * * * ★ * * * * * * * ☆ * * * * * * * ★ * * * ☆ * * * * * * *★ * * * * * * * ☆ * * * ★

●  タイトル: 【秘伝の節税でおカネが貯まる!!】 即効!節税ジャーナル

●  発行人: 寺沢 浩一 (『Best One Planning』 代表・チーフコンサルタント)

●  配信システム (登録・解除はご自身で行って下さい) 

 ★ 『 まぐまぐ 』 http://www.mag2.com/        ( ID:******* )  
    
 ★ 『melma!』 http://www.melma.com/   ( ID:*******)
      
●  E-MAIL: k-terasawa@best1-planning.com

●  本メールマガジンの無断転載はできません。 All rights reserved.  
 
●  メルマガ相互広告受け付けております。                                                  
                                                                             
●  有料広告枠もあります。お気軽にメールをどうぞ。                                                                   
                                              
* * * * * * ★ * * * * * * * ☆ * * * * * * * ★ * * * ☆ * * * * * * *★ * * * * * * * ☆* * * ★
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
    

最新のコメント

  • コメントはありません。