小説

ショートショート・メールマガジン

あなたのもとへ1分で気楽に読めるショートショート小説をお届けします。すぐ読めるので気分転換に最適。お気軽に登録を!(melma!大賞1998ノミネートマガジン)

全て表示する >

[Short2Mag #100]転人生

2006/03/18

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□ 【ショートショート】メールマガジン <100号記念melma復刊号>
■………………………………………………………………………………………
□ [Short2 Mail Magazine](2006/3/18)
■─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

※本マガジンはもともとmelmaでも発行されておりましたが、登録が消えて
 しまったため、数号前から他の発行システムでのみ発行されていました。

※このたび、melmaでの刊行を再開するにあたり、まず1月に発行した100号
 記念号をお届けします。


■□■□■□■□■□■□■━━─━─━─━─━─━─━─━─[SSMM]┓
□   ☆週刊?☆   □   ●Weekly? Short2 Mail Magazine #100│
■ 【ショートショート】 ■       [100号記念号](2006/1/17)┃
□    マガジン    □                    │
■□■□■□■□■□■□■━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛

◎気軽に読めるショートショート小説をお届けします。気分転換にどうぞ!
  
※このメールマガジンは ACO が EGG STUDIO[http://43.tbook.net/]の協力
 で発行しています。解除や過去のショートショートの閲覧もこちらから!

※通常発行号としては実に2年弱ぶりの発行となりました。
※記念すべき100号目ですが、力を抜いてお気軽にお楽しみください。

┏━━●もくじ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼『転人生』…………………………玉生洋一(文庫本2ページ分)[1] ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ▼「ショートショート・メールマガジン」100号のごあいさつ   [3] 
 ▼新マガジン「ショートショート・メールマガジンR」創刊!  [4] 
 ▼「あなたが読みたい新作ショートショート」タイトル募集!  [5] 
 ▼「自作オリジナルショートショート」原稿募集!       [6] 


━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 玉生洋一著『IllustratorCS2 パーフェクトマスター』(秀和システム刊)
■ オールカラー672ページの超ボリューム! CD-ROMまで付いて税込3015円!!
■ 本誌ショートショート作家の玉生氏が執筆してます。興味のある方はぜひ!!
■ 詳細・ご購入はこちらから!→[http://ai.tbook.net/]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━


■━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─■
■   『転人生』   玉生洋一                 ■[1]
■━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━(文庫本1ページ半)─■

「もう、死んじまおうかな……」

 深夜営業の風呂屋。カズオは仮眠室でぐったりと横になりながらぽつりと
つぶやいた。
 確かにカズオは恵まれない人生を送ってきた。女にももてず、金もない。
将来の夢もなければ、毎日生きていて特に楽しいこともない。
 特に切羽詰まった不幸があるわけではなかったが、それもまた問題だった。
 自分の行く末にはつまらない未来しか見えない。つまり、人生に張り合い
がないのだ。
 希望のない人生を生きることにつくづく嫌気がさしてしまった……。

「では、死ぬ前に別の人生を生きてみたらどうじゃ?」
 いつしかうたた寝を始めたカズオの夢の中に、眩い光と共に神様が現れて
言った。
「お前が目覚めて最初に触れた人間と、心だけを交換してやろう。どんな人
間にも1度だけ転人生できる権利があるのじゃ。別の人間になれれば、今の
人生にはない新しい世界が開けるじゃろう……」

 はっと目を覚ましたカズオは、ぼんやりと今見た夢のことを考えていた。
確かに、他の誰になっても今の状況よりはマシだ。新たな困難もあるかもし
れないが、それすらも新鮮に感じることができる。少なくとも当分は死のう
などとは考えないだろう。
 そう考えると、カズオはなんだか胸がわくわくしてくるのを感じた。こん
な気持ちになったのは久しぶりだ。夢の中の神様の言葉が本当かどうかは分
からない。だが、信じてみるのも面白いじゃないか。さて、誰と人生を交換
しようか。
 そうつぶやくと、カズオは勢いよく立ち上がった。

「わッ!!」

 次の瞬間、カズオは床の上をごろごろと勢いよく転がった。薄暗い仮眠室
で、誰かと衝突してしまったのだ。
「え……? タクヤ……!?」
 カズオが状況を飲み込んだ時にはすでに遅かった。カズオの手はしっかり
とタクヤの肌に触れていたのだ。

   *   *

「はぁ〜。もう、死んじまおうかな……」

 カズオは鏡を見ながら肩を落とした。
 あの夢が本当だったのかどうかは、もはやどうでもいいことだ。タクヤも
カズオと同じ風呂上がりだったため、共に裸にタオル一枚だけという姿。し
かも、2人で天地が分からないほど床を転がったときている。神様の言葉の
真偽は分からなくなってしまったのだ。
 はっきりしているのは、カズオに与えられた権利がパーになったというこ
とだ。
「よりによって、お前も来てるとは……」

 双子の弟の肩を叩きながら、カズオはため息を繰り返すのだった。






▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
 読み終わったあなた! [short@y7.net]まで感想メールを下さい。
「裏話」「別オチ」等の書かれたメールをご返送します。内容は「まる」や
「ばつ」だけでもOK。題名は「転人生」もしくは「tenjinsei」で!
[mailto:short@y7.net?subject=tenjinsei&body=○or×]←クリック!
…………………………………………………………………………………………
※以前とは宛先が変更になりました。ご注意ください。


──【作者からひとこと】──────────────────────[2]
▼もともとは殺人計画がらみの話だったのですが、選考担当者に「長過ぎる」
 と文句を言われたため、思い切って短縮・単純化しました。
▼元ネタはいわずと知れた↓この作品です……。
http://tbook.net/wiki/index.php?%C5%BE%B9%BB%C0%B8

▼しかし、このマガジンもとうとう100号とは!
 一時期は週に1本以上必ずショートショートを書いていた時期もあり、
 その苦労を思うと感慨もひとしおです。
 今後もできる限り続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い
 します。


※私事ですが、仕事を手伝っていただける方を随時募集しております。
 「Photoshop」「Illustrator」「ウェブデザイン」「DTP」「文章」
 「イラスト」のいずれか1つに自信がある方(または自信はなくても多少
 でもできる方)、[tam@y7.net]までご一報ください(感想メールのスミで
 も構いません)。
 常時接続環境があればどちらにお住まいでも構いません(ない場合は東京
 近郊にお住まいの方)。お待ちしています!

………………………………………………………………………(玉生洋一)…

玉生氏の今までのショートショートは↓↓↓ここへ!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
○● 「1分ヨミモノ」 [http://43.tbook.net/]
●○ ◆ショート2『脱皮するトイレ』を新規掲載中!
…………………………………………………………………………………………



■━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─■
■ 「ショートショート・メールマガジン」100号のごあいさつ     ■[3]
■━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─■

 本マガジンもとうとう100号を発行することができました。
 これも読者のみなさんの応援と、ショートショート作家のみなさんの投稿
があってのことです。
 どうもありがとうございました。

 以下に、100号までの主な出来事をピックアップしてみました。


<「ショートショート・メールマガジン」100号までの主なニュース>

●1998年12月:創刊号発行

●掲載作品がテレビアニメ化
http://tbook.net/wiki/index.php?%CE%F8%A4%CE%A5%B8%A5%E7%A1%BC%A5%B8%A4%AA%A4%B8%A4%B5%A4%F3

●掲載作品が漫画化
http://tbook.net/wiki/index.php?%CE%F8%A4%CE%A5%BF%A5%A4%A5%E0%A5%DE%A5%B7%A5%F3%A5%AC%A5%F3

●melma!社のメールマガジン大賞の最終選考にノミネート
→それにもかかわらず、手続きの遅れからmelma!の読者が全員抹消されてし
 まう。最大時には3500人近くいた読者数も450人ほどに(melma!様、今から
 でもなんとかならないものでしょうか……)。

●2006年1月:100号を達成


 発行部数は減少してしまいましたが、これから挽回していきたいと思いま
すのでどうぞよろしくお願いいたします。
 本誌はみなさんの投稿に支えられておりますので、今後も投稿をお待ちし
ております(漫画化、アニメ化、書籍化のお話もお待ちしています!)。
………………………………………………………………………(ACO)………



■━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─■
■ 新マガジン「ショートショート・メールマガジンR」創刊!    ■[4]
■━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─■

 本マガジンの創刊100号を記念して、
新メールマガジン「ショートショート・メールマガジンR(リターンズ)」
の創刊が決定しました!

「ショートショート・メールマガジン」に今までに掲載された傑作ショート
ショートを、再びあなたのもとにお届けするマガジンです。
 今までの作品を読みたい方は、下記ページの「姉妹マガジン」コーナーよ
りぜひご登録ください。

http://tbook.net/short/ssmm/



■━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─■
■ 「あなたが読みたい新作ショートショート」タイトル募集!    ■[5]
■━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─■

 「ショートショートは書けないけれど読んでみたい話がある」
 「いつかはこんな題名の映画を撮ってみたいが資金がない……」

 そんなあなたに朗報です!

 あなたが読んでみたい作品の「タイトルだけ」を送ってください。
 本誌作家陣がそのタイトルを元にショートショートを執筆し、本誌にて発
表します。

 下記宛にどしどしご応募ください!!

◇宛先:[short@y7.net]  ◇題名:「SS-タイトル応募」


──【原稿募集】──────────────────────────[6]
 本マガジンではショートショート小説を募集しています。あなたの小説を
発表してみませんか?
◇内容:なんでも可。小説形式でなくても良い。ただしオリジナルに限る。
(ホームページには未発表の作品が望ましい)
◇枚数及び体裁:1行34字(禁則文字除く)。80行以内(空行除く)。短け
 れば短い程良い。もちろん内容第一。*必ずこの体裁↑のメールで!*
◇宛先:[short@y7.net]  ◇題名:「SS-(作品タイトル)」
◇本文の前に「タイトル」「ペンネーム」、本文の後に「年齢」「性別」「
 読者への一言」を忘れずに書き添えて下さい。
◇編集部で選考の上、本マガジンに掲載させていただきます。
◇同時に応募できる本数は*1本*です。一番の自信作をお送り下さい。


──【広告募集】──────────────────────────[7]
 本マガジンに広告を載せてみませんか? 詳細は[short@y7.net]までお問
い合わせ下さい。



☆ご意見ご感想は[short@y7.net]宛にご遠慮なくどうぞ。
☆このマガジンの無断転載を禁じます。転載希望の方はご連絡下さい。
☆バックナンバーは[http://short.tbook.net/ssmm/]でどうぞ。

□━─━─━─━─━─━─━─━─━ [Weekly Short2 Mail Magazine]┓
■ 週刊 ショートショート・メールマガジン 通巻100号 2006/1/17発行
□ 発行:ACO Service [short@y7.net] 
■ 編集:小俣洋一(EGG STUDIO[http://tbook.net])  協力:鎌倉秀太郎
□ 選考:しんばし・ACASACA・sawayakakun・青山
■━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┘


<< melma!×グローバル・ファイナンシャル・サポート(株)タイアップ >>
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■メールマガジン発行者連動企画⇒『発行者が語る投資の魅力とは?』■
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 http://melma.com/contents/campaign/project_toushi/20060313_vol1.html 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-02-12  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。